ここから本文です。

ナッジ理論を活用したワクチン接種勧奨メッセージに関する調査研究について

このページの情報をツイッターでツイートできます
このページの情報をラインでシェアできます

ページ番号1015240  更新日 2021年7月8日

印刷 大きな文字で印刷

つくば市では、東北学院大学及び大阪大学と共同で、新型コロナウイルスワクチンの接種率の向上を目的とし、ナッジ理論を活用したワクチン接種勧奨メッセージに関する調査研究を次のとおり実施します。

調査研究概要

地区別でランダムに抽出した一部の方に対し、新型コロナウイルスワクチンの接種券が入った封筒に、3パターンの異なる勧奨メッセージを入れることで、メッセージによる接種率の変化を測定します。

なお、勧奨メッセージは、「ワクチン接種は自らの意思で決定されるべきであること」「接種の有無で差別等があってはならないこと」に十分に配慮して決定しています。

メッセージが入った封筒を受け取った方で、調査研究の対象からの除外を希望する方は、お手数ですが下記問い合わせ先まで御連絡ください。

結果は個人が特定されないように集計し、ホームページ上で公表します。

このページに関するお問い合わせ

政策イノベーション部 統計・データ利活用推進室
〒305-8555 つくば市研究学園一丁目1番地1
電話:029-883-1111(代表) ファクス:029-868-7633
お問い合わせは専用フォームをご利用ください。