ここから本文です。

脳波で操作するゲーム競技「bスポーツ」の実証実験モニターを募集します。

このページの情報をツイッターでツイートできます
このページの情報をラインでシェアできます

ページ番号1009221  更新日 2020年1月17日

印刷 大きな文字で印刷

脳波で操作するゲーム競技「bスポーツ」

bスポーツ(brain sports)は健康脳の維持を目指して開発が進められている、脳波で操作して競うゲーム機です。言語や動作による操作が不要なので、年齢や身体障害の有無を問わず楽しむことができます。

令和元年度society5.0社会実装トライアル支援事業で市が実証実験の支援をしています。

実証実験の内容

椅子に座ったままワイヤレスの脳波計を装着しタブレット画面を見ながらゲーム感覚で測定を行います。

1.実施日 

 2月中旬から2月下旬の間 ご希望の1日1時間(午後の時間帯を予定)

 お申し込みの皆さまのご都合を伺い、スケジュールを調整いたします。
 二人一組でのご応募、同時間帯での実施も可能です。

2.対象者

 18歳以上80歳未満の健康な方

 パソコン操作は不要です。

 ※アレルギー症状がない方をお待ちしております。(咳・くしゃみが脳波測定に影響するため)
 ※パソコンモニターを長時間見ていただきますので、ドライアイなど目の酷使に抵抗がある方はご遠慮いただいております。

申込方法

下記専用ページからお申し込みください。

※定員(最大20名)になり次第、締め切りとさせていただきます

令和元年度society5.0社会実装トライアル支援事業

つくば市では、「世界のあしたが見えるまち」というヴィジョンの下、革新的な技術やアイディアで社会課題を解決する、Society 5.0(※)の社会実装に向けたトライアル(実証実験)を全国から公募し、優れた提案を全面的にサポートしております。

※「Society 5.0」とは
IoT(Internet of Things)、ロボット、人工知能(AI)、ビッグデータなどの新たな技術を、あらゆる産業や社会生活に取り入れてイノベーションを創出し、一人ひとりのニーズに合わせる形で社会的課題を解決する新たな社会のこと。

このページに関するお問い合わせ

政策イノベーション部 科学技術振興課
〒305-8555 つくば市研究学園一丁目1番地1
電話:029-883-1111(代表) ファクス:029-868-7640
お問い合わせは専用フォームをご利用ください。