ここから本文です。

12月4日から10日までは人権週間です

このページの情報をツイッターでツイートできます
このページの情報をラインでシェアできます

ページ番号1005755  更新日 2019年11月6日

印刷 大きな文字で印刷

 1948年(昭和23年)12月10日、国連総会で世界人権宣言が採択されたのを記念し、毎年12月10日が「人権デー(Human Rights Day)」と定められました。
 法務省と全国人権擁護委員連合会では、人権デーを最終日とする12月4日から10日までを「人権週間」として各種の人権啓発活動を行います。
 人権週間に当たり、人権は、自分と同じように他の人にもあることの理解を深め、お互いに相手の立場を尊重し、豊かな人間関係をつくりましょう。

令和元年度 啓発活動重点目標 

みんなで築こう 人権の世紀 ~考えよう 相手の気持ち 未来へつなげよう 違いを認め合う心~

 令和元年度 啓発活動強調事項

  • 女性の人権を守ろう
  • 子どもの人権を守ろう
  •  高齢者の人権を守ろう
  •  障害を理由とする偏見や差別をなくそう
  •  同和問題(部落差別)を解消しよう
  •  アイヌの人々に対する偏見や差別をなくそう
  •  外国人の人権を尊重しよう
  •  HIV感染者やハンセン病患者等に対する偏見や差別をなくそう
  •  刑を終えて出所した人に対する偏見や差別をなくそう
  •  犯罪被害者とその家族の人権に配慮しよう
  •  インターネットを悪用した人権侵害をなくそう
  •  北朝鮮当局による人権侵害問題に対する認識を深めよう
  •  ホームレスに対する偏見や差別をなくそう
  •  性的指向を理由とする偏見や差別をなくそう
  •  性自認を理由とする偏見や差別をなくそう
  •  人身取引をなくそう
  •  東日本大震災に起因する偏見や差別をなくそう

このページに関するお問い合わせ

市民部 市民活動課
〒305-8555 つくば市研究学園一丁目1番地1
電話:029-883-1111(代表) ファクス:029-868-7542
お問い合わせは専用フォームをご利用ください。