ここから本文です。

三谷さんのつくばライフ

このページの情報をツイッターでツイートできます
このページの情報をラインでシェアできます

ページ番号1004858  更新日 2018年7月4日

印刷 大きな文字で印刷

つくば市から都内のWeb制作会社へ通勤している三谷さん。三谷さんは、筑波大学への入学を機につくば市内で下宿生活をはじめて以来、大学の後輩だった奥様とのご結婚、マイホーム購入など、大きなライフイベントをつくばで経験されました。今回は「通勤」をテーマに、つくばエクスプレスの通勤やオフの過ごし方について伺いました。

フットワークが軽くなるまち

三谷さん写真1

三谷 耕平さん(35歳)
福井県あわら市出身
職業:WEB制作ディレクター(都内勤務)
家族構成:2人(本人・妻)
2000年4月からつくば市に移住

移住したきっかけを教えてください。

三谷さん写真2

筑波大学への入学を機に、福井県から大学近くの下宿先に引っ越してきたことが、私のつくば生活の始まりです。学生時代は筑波大学のジャズ愛好会に入り、昼も夜も、仲間たちと過ごしているような生活を送っていました。
大学を1年留年して卒業しましたが、偶然にもこのことが、その後の生活の拠点がつくばになっていくきっかけとなりました。もし卒業が1年早ければ、住み慣れたつくば市から、2005年に開業したつくばエクスプレスに乗って都内に通勤する選択肢はありませんでしたし、大学卒業後に交際を始めた、ジャズ愛好会の後輩だった妻と家庭を持つことにもならなかったかも知れません(笑)。
結婚後、私の職場に近い都心に引っ越すことも考えましたが、遊びや飲みに行くのは楽しくても、建物が密集する都心に住むことにあまり魅力を感じませんでした。私自身は父の仕事の関係で都内に小学生から中学生くらいまで住んでいた経験がありますが、学生時代をつくばで過ごしてから、緑が多く、のびのび過ごせるところばが夫婦ともに気に入っていたので、住まいはつくばがいいなと考えるようになりました。

つくばに住まいを購入した理由についてもう少し教えてください。

三谷さん写真3

つくばには学生時代から住んでおり、行きつけのお店や知り合いも多く、愛着があります。特に大学のジャズ愛好会は卒業後も、毎年の学園祭などでOBやOGの集まりが良く、当時の仲間や先輩や後輩との交流が今も続いています。つくば駅やつくばエクスプレス沿線の駅で、飲み会や楽器を持ち寄ってセッションをすることもあります。

また、数年前に福井に住んでいる私の両親が相次いで大病を患ったことも大きなきっかけになりました。当時、通院の付き添いのために頻繁に帰省していましたが、すぐに駆け付けられる距離ではないので、かなりもどかしい思いをした経験があります。家族で悩んだ結果、医療体制が充実しており、通院や入院時にも付き添いがしやすいことを考えて、つくば市内の病院に両親が転院することになりました。両親は無事退院することができ、その後、病院のすぐ近くにマンションを購入して、つくばに移住してきました。
両親の住むマンションは、我々のマンションのベランダから見える距離にあります。筑波大学近辺の並木道などを散歩している姿をたまに見かけると、住まいの近くに医療機関があり、充実していることの安心感を改めて実感します。

つくばエクスプレスでの通勤事情はいかがでしょうか?

三谷さん写真4

開業まもない頃から、つくばエクスプレスでつくば駅から都内まで、十数年間通勤しています。人口が増加し続けている路線ですので、最近は通勤・通学の時間帯は混雑していますが、つくば駅は始発駅なので基本的に座って通えます。
朝8時過ぎに出発する電車に乗り、秋葉原駅には最速45分で到着しますが、健康維持も兼ねて30分ほど歩いてから出社することが多いです。また、仕事帰りにつくばエクスプレス沿線で友人と飲んで帰ることもあり、つくば駅は終点なので何かと安心です(笑)。
つくばと東京は、地図で見ると距離がありますが、つくばエクスプレスを使えば、さほど時間がかからずに移動できてしまいます。ダイヤの乱れや天災の影響が少ない路線だと言われますが、実際、開業当初から利用している私の経験的にもそう思います。都内へ通勤においては、通勤の利便性や快適性はかなり重要な要素だと思います。その点、つくばを良く知る筑波大学の友人は、つくばエクスプレス沿線に住んでいる人が多いと思います。

休みの日はどのように過ごされていますか?

三谷さん写真4

ドライブやサイクリング、買い物に出かけたり、大学のジャズ愛好会の仲間と集まったりといろいろです。私はウッドベースなど弦楽器、妻はキーボードなど鍵盤の楽器を演奏していますが、つくばでは音を出せる場所が結構ありますので、いろいろな機会でセッションを楽しんでいます。例えば、市内でイチゴ農園を経営している『つくばねファーム』さんは、経営者がジャズ愛好会の仲間で、たまに農園で行われる演奏会に参加するなど、楽しんでいます。最近では、この取材でも使ったバーベキュー料理専門店の『BAR-KIN』さんで、私たち夫婦とジャズ愛好会仲間のユニットでライブもやりました。

最近始めた、新しいことなどはありますか?

三谷さん写真7

最近では妻がキックボクシングに興味を持ったことがきっかけで、2人でつくば市内にあるボクシングジムに通うようになりました。トレーナーの方もつくば市に最近移住されてきた方なんですよ。私も格闘技は大好きですが、観ることはあっても、リングに上がったことはありませんでしたので新鮮です。ジムも明るい雰囲気で通いやすく、サンドバックに向かっていると体力も付きますし、ストレス発散にもなって爽快ですね。

移住を考えている方へメッセージをお願いします。

三谷さん写真6

学生時代からつくばに住み始めて、20年近くになりますが、当時は野原だったようなところに大きなショッピングセンターが立ち並ぶようになり、何でも揃っていて、生活するにも本当に便利な街になりました。一方で、筑波研究学園都市ができた頃から残っている並木道や建物やインフラ、市街地などからは、時代を感じるところもあり、個人的にはそういう「いなたい」ところが好きだったりもします。夫婦で外食をするときは、どちらかというと隠れた名店のようなところに行くことが多いですし、そういう楽しみ方もできるのが、つくばの奥深さというか面白いところだと思います。

このページに関するお問い合わせ

市長公室 広報戦略課
〒305-8555 つくば市研究学園一丁目1番地1
電話:029-883-1111(代表) ファクス:029-868-7628
お問い合わせは専用フォームをご利用ください。