ここから本文です。

古沢さんのつくばライフ

このページの情報をツイッターでツイートできます
このページの情報をラインでシェアできます

ページ番号1004257  更新日 2018年2月23日

印刷 大きな文字で印刷

つくば市内から都内に通勤を始めて8年になる古沢 亜紀さん。都内から移住し、結婚、住宅購入、出産というライフイベントを経て、2児の母として家庭と仕事を両立されています。今回は「通勤」をテーマに、実感していることなどを伺ってみました。

通勤時間も楽しむ気持ちで

古沢さんとご家族

古沢 亜紀さん(30歳)
出身地:茨城県筑西市(Jターン)
職業:都内の交通システム関連企業にて営業事務
家族構成:4人(本人・夫・子供2人)
2009年からつくば市に移住

つくばに移住してきた経緯を教えてください。

古沢さんの写真1

私は、2009年頃、結婚を機に都内からつくば市内に移住してきました。つくば市に移住する前は、20歳の頃に上京し、一緒に家業を手伝っていた兄弟と東京の下町で暮らしていました。現在、都内の交通システム関連企業に勤めて10年になり、そこから現在の勤務先に通っていた時期もありましたが、朝夕の満員電車に乗ることがどうも苦手で、片道30分ほどを歩いて通勤することも多かったですね。

どうしてつくばを選んだのでしょうか?

古沢さんの写真

つくばは、買物や食事をするところも多く、夫と初めてデートしたのが「イーアスつくば」という、つくばエクスプレス(TX)の研究学園駅前の大きなショッピングセンターだったこともあり、特に愛着があります。また、社会に出て、都内と地元を行き来する中で、TXをよく利用していたことも大きいですね。TX開業前のつくばもよく知っていますが、都内へのアクセスが良く、同世代の子供を持つ家庭も多くて活気があるし、これからますますいい場所になっていきそうだと感じていました。
さらに、子供達の進学、自分達の老後も見据えて、車だけでなく、自転車や公共交通による移動も便利な場所に住居を構えた方が良いのではないかという、自分なりの考えもありました。夫の勤務先がつくば市内であること、夫の実家も私の実家も車で近いこと、私も今の仕事を続けていきたい希望があり、家族の事情を考えても理想的な場所だと思って「つくば」を選びました。

子育てしながらの都内通勤は大変ではありませんか?

古沢さん写真

現在5歳とまもなく2歳になる2人の子供がいますが、夫婦で協力し、家族の支えもあって両立できていると思います。家の近所にある保育所に、基本的に朝は夫が通勤時に子供たちを送り届け、私が会社帰りに迎えに行っています。
早朝に起き、夕食の仕込みや家事をしてから出勤していますが、私の場合は最寄りの駅から8時前に出発する電車に乗れば、出社時刻に間に合うので、家を出る時刻はそこまで早いわけではありません。家から駅までは、歩くには少し距離があるのですが、晴れの日は徒歩、雨の日はコミュニティバスの「つくバス」を使っています。バス停が家の近くにあり、便利で助かっています。

つくばエクスプレスでの通勤事情はいかがでしょうか。

古沢さん写真

私は、8年ほどつくばエクスプレスを通勤で利用していますが、都内まで思っている以上に早く着きますし、ダイヤが正確で大きな遅延や天災の影響が本当に少ないと思います。私は2人の子供の妊娠中もTXで通勤していましたが、よく席を譲っていただき、乗客の方も親切な方が多いと感じています。
電車に乗っている時間は、育児と仕事の合間の自分だけの貴重な時間として、本を読んだり、スマホで音楽を聴いたり、撮り貯めたドラマを観たりしています。これは踏切がなく、電車の揺れも少ない、つくばエクスプレスだからできる部分も大きいと思います。
通勤を始めた当初と比べて、乗客がだいぶ増えましたが、私が以前経験した都心の過密な通勤電車内のような状況ではありませんし、車内で立って通勤する場合でも、私の場合は自分の時間として有効活用したいという思いも強く、快適に通勤できています。

ご近所の方との付き合いはいかがでしょうか?

古沢さん写真

私たちが住んでいる地区は、つくば市内でも比較的新しく分譲が始まった場所で、町内会などの地域コミュニティーはまだ無く、地域のお祭りといったものも特にありません。ですが、子供達を通じたご近所づきあいなど、コミュニケーションの輪は広がってきていると思います。近所にお住まいの皆さんは、ほとんどがつくば市外から移住されてきた方です。同じ年齢層の子どもを持つご近所さんも多く、子供達同士でよく遊んでいますし、私たちもご近所さんとお話する機会が自然と増えました。

移住を考えている方へメッセージをお願いします。

古沢さん写真

つくばに住んでから、以前よりもにぎやかな家庭になった気がします。
特に2年前にマイホームを建ててからは、家族やお客さんの車も複数台おけるように駐車スペースを広めに設けたこともポイントかも知れませんが、ママ友や地元の友人達が遊びに来てくれることが多くなりました。また、夫の家族も私の家族も、賃貸住宅に住んでいたときと比べて、よく訪れるようになったと思います。
さらに近場で手頃なゴルフ場も多く、ゴルフを始めたり、ヨガ教室に通ったりと趣味が広がりました。つくばに住んでいると趣味が広がりやすいと思います。子育てがもう少し落ち着いたら、改めて力を入れていきたいなと思っています。
私の勤務先は、子育てをしながら働き続けているお母さんが多く、今後も通勤と子育てを両立したいと思う中、参考になったり励みになることも沢山あります。子育てと通勤の両立は、仕事の内容や様々な条件が折り合わないと中々難しいかもしれませんが、私の場合は、それを実現するために色々と考えた結果、その場所は「つくば」がいいと思いました。実は、研究学園駅にマイホームを建てることに決まったことも、私が夫や家族に辛抱強くアピールし続けたから、という面も大きかったのです(笑)。

初めてつくばに訪れ、生活インフラや都市化が進んでいることに驚く方も多いので、結婚や子育てといった節目の前に、一度見に来られてみてはいかがでしょうか!

このページに関するお問い合わせ

市長公室 広報戦略課
〒305-8555 つくば市研究学園一丁目1番地1
電話:029-883-1111(代表) ファクス:029-868-7628
お問い合わせは専用フォームをご利用ください。