ここから本文です。

つくば市の歳時記 2月

このページの情報をツイッターでツイートできます
このページの情報をラインでシェアできます

ページ番号1002236  更新日 2018年1月5日

印刷 大きな文字で印刷

飯名神社例祭

2月上旬(旧正月第一巳の日)

筑波山のふもとにある飯名神社は、地元の人たちから臼井の弁天様と呼ばれ、商売繁盛の神様として親しまれています。 祭神は倉稲魂命(うがのみたまのみこと)で、五穀を主とした食物の神様です。
旧1月第1巳の日に例祭が行われます。
沿道では縁起もののだるまやつくばみかんなどの植木が売られ、たくさんの人たちが訪れます

写真:飯名神社例祭

泉子育観音年越大祭(慶龍寺)

2月11日

元和元年(1615年)慶竜上人が子供の悪病退散を祈願して、開基したといわれ、子供の守り、仏・虫切り霊場として広い信仰を集めています。毎年2月11日には、子供の成長,安全祈願を願う人々で賑わいます。また、この大祭には、42才の厄年にあたる数十人の年男が豆まきをして、家内安全と健康を祈ります。

写真:慶龍寺

北斗寺星祭

2月中旬(旧1月7日)

本存の妙見菩薩は、北斗七星を神格化したもの。商売繁盛に御利益があるといわれています。
北斗寺は、「妙見様」の愛称で知られる寺で、「釈迦十六善神面像」などの文化財が数多くあることでも有名です。
勝負事にご利益があるといわれ、商売繁盛、合格祈願を願う人々で賑わいます。

写真:北斗寺星祭

筑波山梅まつり

2月中旬から3月中旬まで

期間中は、がまの油売り口上、梅茶のサービスが行われ、日曜日には、茶会(野だて)などのイベントが催されます。
梅まつりは、毎年約20万人の人出でにぎわいます。 

写真:筑波山梅まつり

このページに関するお問い合わせ

経済部 観光推進課
〒305-8555 つくば市研究学園一丁目1番地1
電話:029-883-1111(代表) ファクス:029-868-7615
お問い合わせは専用フォームをご利用ください。