ここから本文です。

新型コロナウイルス感染症患者受け入れのためのつくば市公共施設の提供

このページの情報をツイッターでツイートできます
このページの情報をラインでシェアできます

ページ番号1011734  更新日 2020年4月6日

印刷 大きな文字で印刷

つくば市では、新型コロナウイルス感染拡大による医療崩壊を防ぐため、市の公共宿泊施設「ゆかりの森」等の公共施設をつくば市内の陽性患者の受け入れ施設として提供をする準備を整えています。医療崩壊を防ぐには、無症状・軽症患者の病院以外の施設での早急な受け入れが不可欠となります。全国の地域で即座に実施できる取り組みとして、自治体が保有する宿泊施設等の公共施設活用を「公共施設提供モデル」として推進していきます。

4月「公共施設提供モデル」を説明する五十嵐市長

医療崩壊を防ぐ「公共施設提供モデル」(つくば市)

豊里ゆかりの森概要写真

PDFファイルをご覧いただくには、「Adobe(R) Reader(R)」が必要です。お持ちでない方はアドビシステムズ社のサイト(新しいウィンドウ)からダウンロード(無料)してください。

このページに関するお問い合わせ

つくば市役所
〒305-8555 つくば市研究学園一丁目1番地1
電話:029-883-1111(代表)