ここから本文です。

低入札価格調査制度

このページの情報をツイッターでツイートできます
このページの情報をラインでシェアできます

ページ番号1003033  更新日 2019年9月20日

印刷 大きな文字で印刷

低入札価格調査制度は、調査基準価格に満たない額で入札が行われた場合は、その価格によっては契約の内容に適合した履行がなされないおそれがあるかどうか、又は最低価格入札者と契約を締結することが公正な取引の秩序を乱すおそれがあって著しく不適当であるかどうかについて判断するための調査・審査及び判定の手続きを行なうために設けられた制度です。
この制度は、原則として、予定価格(税込)が1億円以上の建設工事に係る競争入札及び総合評価方式による競争入札において適用するものとします。

数値的判断基準及び契約の取扱い

低入札価格調査等実施要領

低入札価格調査資料

PDFファイルをご覧いただくには、「Adobe(R) Reader(R)」が必要です。お持ちでない方はアドビシステムズ社のサイト(新しいウィンドウ)からダウンロード(無料)してください。

このページに関するお問い合わせ

総務部 契約検査課
〒305-8555 つくば市研究学園一丁目1番地1
電話:029-883-1111(代表) ファクス:029-868-7630
お問い合わせは専用フォームをご利用ください。