ここから本文です。

自治体等への寄附金の税額控除

このページの情報をツイッターでツイートできます
このページの情報をラインでシェアできます

ページ番号1001029  更新日 2021年6月21日

印刷 大きな文字で印刷

自治体等への寄附金税額控除

都道府県、市区町村や特定の団体などに寄附をした場合、次により算出した金額を所得割額から控除します。

税額控除の計算方法

寄附先 控除額

都道府県

市区町村

次のAとBの合計額(ワンストップ特例該当者はA+B+C)

A:基本控除額

(寄附金額 - 2,000円)× 10%(市民税6%、県民税4%)

B:特例控除額

(寄附金額 - 2,000円)× (下の表の割合1)×(市民税5分の3、県民税5分の2)

C:申告特例控除額

(Bで算出した額)×(※下の表の割合2)×(市民税5分の3、県民税5分の2)

茨城県共同募金会

日本赤十字社茨城県支部

市民税:(寄附金額 - 2,000円)× 6%

県民税:(寄附金額 - 2,000円)× 4%

つくば市が条例で定める法人 市民税のみ:(寄附金額 - 2,000円)× 6%
茨城県が条例で定める法人 県民税のみ:(寄附金額 - 2,000円)× 4%

(注1)寄附金額とは、実際に寄附した支払金額と総所得金額等の30%のいずれか少ない方の金額です。
(注2)【B:特例控除額】は、市民税・県民税所得割額(調整控除後の所得割)の20%(平成27年度以前は、10%)が限度となります。
  ただし、分離課税分の所得がある方は、Bの割合が異なる場合があります。

割合表
課税総所得金額 - 人的控除差調整額 割合1 割合2
1,950,000円まで 84.895% 84.895分の5.105
1,950,001円から3,300,000円 79.79% 79.79分の10.21
3,300,001円から6,950,000円 69.58% 69.58分の20.42
6,950,001円から9,000,000円 66.517% 66.517分の23.483
9,000,001円から18,000,000円 56.307% 56.307分の33.693
18,000,001円から40,000,000円 49.16% 56.307分の33.693
40,000,001円から 44.055%

56.307分の33.693

(注1)課税総所得金額とは、総所得金額から所得控除を差し引いた後の金額です。
(注2)人的控除差額調整額は、人的控除額の差とは、所得税の人的控除額と市民税・県民税の人的控除額の差のことであり、詳細につきましては、お問合せください。

茨城県・つくば市が指定する団体

(1)茨城県が指定する団体

茨城県のホームページをご覧ください。 

(2)つくば市が指定する団体

茨城県が指定する団体のうち、市内に主たる事務所を有する法人又は団体

ふるさと納税ワンストップ特例

確定申告を行うことなく、住民税から寄附金税額控除を受けられる特例制度です。寄附先(地方自治体)へワンストップ特例の申請が必要です。

対象者

確定申告や住民税の申告を行う必要のない給与所得者等で、寄附先の都道府県・区市町村が5か所以内の場合

ワンストップ特例が適用されない場合

・確定申告の提出が必要となった場合
・確定申告または住民税の申告を行った場合
・6箇所以上の都道府県・区市町村に寄附を行った場合
・ワンストップ特例の申請を行った日から次の年の1月1日までの間に住所等の変更があった場合で、寄附をした次の年の1月10日までに寄附先の都道府県・区市町村へ変更届出を提出していない場合。

ワンストップ特例が適用されなくなった場合、寄附金税額控除を受けるためには、改めて確定申告書若しくは市県民税申告書の提出が必要となります。

指定行事の中止等により生じた入場料金等払戻請求権を放棄した場合の寄附金税額控除の特例について(新型コロナウイルス感染症関係)

概要

新型コロナウイルス感染症に関する政府の自粛要請を受けて、中止等された文化芸術・スポーツイベントについて、チケット払戻しを受けない(放棄する)ことを選択された方は、その金額分を「寄附」と見なし寄附金控除を受けられる新たな制度が創設されました。
個人市民税・県民税についても、文部科学大臣が指定したイベントのうち、都道府県及び市町村がそれぞれ条例で指定したものが寄附金控除の対象となります。

つくば市では、所得税で寄附金控除の対象となるもの全てが市民税控除の対象となります。

控除対象上限額

辞退した金額のうち20万円まで
(なお、他の税額控除対象寄附金がある方は、 全ての寄附金の合計額のうち総所得金額等の合計額の30%までが控除対象となります。)

控除額

(1)下記により計算した額を税額控除します。
(A)市民税の控除額=(寄附金額-2,000円)×6% [つくば市が指定するイベント]
(B)県民税の控除額=(寄附金額-2,000円)×4% [茨城県が指定するイベント]

※控除を受けるには、主催者から発行される「指定行事証明書」と「払戻請求権放棄証明書」を添付のうえ、確定申告や住民税の申告をしていただく必要があります。なお、確定申告や住民税の申告を行う方は、ふるさと納税ワンストップ特例の適用を受けることができません。ふるさと納税に係る寄附がある方は、併せて申告してください。

詳しくは、文化庁、スポーツ庁のホームページをご覧ください。

寄附金控除を受けるための申告手続き

寄附金税額控除を受けるためには、寄附を行ったことがわかる領収書等を添付して確定申告を行なう必要があります。所得税の確定申告をされた方は住民税の申告は不要です。また、住民税の寄附金控除だけを受けようとする場合は所得税の申告の代わりに住民税の申告を行なうことができます。この場合、所得税の控除は受けられませんのでご注意ください。

※ふるさと納税を行っている方で、確定申告や住民税の申告を行う方は、ふるさと納税ワンストップ特例の適用を受けることができません。ふるさと納税に係る寄附についても併せて申告してください。

茨城県ホームページ「大好きいばらき応援サイト」については下記をご覧ください。

ふるさと納税関連ホームページ

PDFファイルをご覧いただくには、「Adobe(R) Reader(R)」が必要です。お持ちでない方はアドビシステムズ社のサイト(新しいウィンドウ)からダウンロード(無料)してください。

このページに関するお問い合わせ

財務部 市民税課
〒305-8555 つくば市研究学園一丁目1番地1
電話:029-883-1111(代表) ファクス:029-868-7556
お問い合わせは専用フォームをご利用ください。