ここから本文です。

旧姓(旧氏)併記の手続き

このページの情報をツイッターでツイートできます
このページの情報をラインでシェアできます

ページ番号1008264  更新日 2019年11月1日

印刷 大きな文字で印刷

令和元年11月5日から、手続きをすることで、住民票・印鑑証明・マイナンバーカードに旧姓(旧氏)の併記ができるようになります。

※注意 旧姓(旧氏)併記手続きをすると、住民票・印鑑証明に必ず記載され、省略することはできません。

・旧姓(旧氏)併記手続きをすると、旧姓(旧氏)の印鑑で印鑑登録できるようになります。

旧姓(旧氏)併記の届出することで、住民票・印鑑証明・マイナンバーカードに旧姓(旧氏)が併記できるようになります。すでにマイナンバーカードをお持ちの方は、追記欄に旧姓(旧氏)が追記されます。旧姓(旧氏)の届出をすると住民票・印鑑証明に必ず記載され、省略することはできません。

併記することができる旧姓(旧氏)について

【はじめて旧姓(旧氏)併記する場合】

はじめて旧姓(旧氏)併記する場合は、併記する旧姓(旧氏)を選択することができます。

 

3回結婚して、2回離婚した場合、出生時の旧姓(旧氏)、初回結婚時の旧姓(旧氏)、2回目結婚時の旧姓(旧氏)のいずれも旧姓(旧氏)として選択できます。

【旧姓(旧氏)を変更する場合】

再婚等により、姓(氏)が変わった場合、併記する旧姓(旧氏)を使い続けるか、変更するか選択できます。

 

旧姓(旧氏)併記の手続きについて

手続きできる方
  • 本人、同一世帯の世帯員
  • 代理人

必要書類

(届出人により必要書類が異なります)

  • 本人確認できる書類
  • 戸籍謄本等 ※併記する旧姓(旧氏)によって必要書類が異なります。詳しくはお問い合わせ下さい。
一つ前の氏を併記する場合 記載する旧姓(旧氏)の記載がある戸籍謄本等
二つ以上前の氏を併記する場合 記載を希望する旧姓(旧氏)の記載がある戸籍(除籍)から現在の戸籍につながるまでの戸籍謄本等
【お持ちの方】 通知カード、マイナンバーカード
【代理人の方】 委任代理人の場合は委任状
法定代理人(親権者・後見人等)の場合は、法定代理人であることを証明できる書類
手続きできる窓口

つくば市役所市民窓口課・各窓口センター

(筑波・大穂・豊里・桜・谷田部・茎崎)

受付時間

月曜日から金曜日(祝・12月29日から1月3日を除く)

午前8時30分から午後5時15分まで

 

本人確認書類

委任状について

旧姓(旧氏)に関する請求書

関連リンク

PDFファイルをご覧いただくには、「Adobe(R) Reader(R)」が必要です。お持ちでない方はアドビシステムズ社のサイト(新しいウィンドウ)からダウンロード(無料)してください。

このページに関するお問い合わせ

市民部 市民窓口課
〒305-8555 つくば市研究学園一丁目1番地1
電話:029-883-1111(代表) ファクス:029-868-7536
お問い合わせは専用フォームをご利用ください。