ここから本文です。

「ナラ枯れ」被害木の情報提供にご協力をお願いします

このページの情報をツイッターでツイートできます
このページの情報をラインでシェアできます

ページ番号1013343  更新日 2020年10月5日

印刷 大きな文字で印刷

「ナラ枯れ」被害木の情報提供にご協力をお願いします

 つくば市松代地内の街路樹において、ナラ類(コナラ・クヌギ)の樹木が枯死する、通称「ナラ枯れ」の発生が確認されました。

 ※「ナラ枯れ」とは、森林病害虫であるカシノナガキクイムシが病原菌である「ナラ菌」を伝播することで起こる樹木の伝染病で、ミズナラ、コナラで被害が多いため「ナラ枯れ」と呼ばれますが、同じブナ科のシイ・カシ類も被害を受けます。

 ナラやカシ類の根元に粉状の木くずが多量に吹き出ているのを発見した場合は、鳥獣対策・森林保全室までご連絡ください。

このページに関するお問い合わせ

経済部 鳥獣対策・森林保全室
〒305-8555 つくば市研究学園一丁目1番地1
電話:029-883-1111(代表)
お問い合わせは専用フォームをご利用ください。