ここから本文です。

市内の街路樹における「ナラ枯れ」の確認について

このページの情報をツイッターでツイートできます
このページの情報をラインでシェアできます

ページ番号1013317  更新日 2020年10月1日

印刷 大きな文字で印刷

市内の街路樹における「ナラ枯れ」の確認について

 つくば市松代地区の街路樹において、ナラ類(コナラ・クヌギなど)の樹木が枯死する、通称「ナラ枯れ」の発生が確認されました。
 「ナラ枯れ」とは、森林病害虫であるカシノナガキクイムシ(以降カシナガと呼ぶ)が病原菌である「ナラ菌」を伝播することで起こる樹木の伝染病です。

こならの被害ぼくの状況
コナラの被害木(8月撮影)
紅葉前に葉の色が変色
カシナガのせんにゅうこう
カシナガの穿入孔
(直径約1.5ミリメートルから2.0ミリメートル)

このページに関するお問い合わせ

建設部 道路管理課
〒305-8555 つくば市研究学園一丁目1番地1
電話:029-883-1111(代表) ファクス:029-868-7589
お問い合わせは専用フォームをご利用ください。