ここから本文です。

区会(自治会)の総会等の開催について

このページの情報をツイッターでツイートできます
このページの情報をラインでシェアできます

ページ番号1009834  更新日 2020年11月20日

印刷 大きな文字で印刷

全国的な新型コロナウイルスの感染拡大に伴い、つくば市内の区会(自治会・町内会等)の皆様から、総会等の実施について、多くのお問い合わせをいただいております。

つきましては、以下の内容を参考に、総会等の集会の実施について御判断ください。

総会開催の必要性について

  • 一般の区会・自治会等(任意団体)の場合
    総会を開催すべきか否かについて、法令上の規定はありません。
    そのため、各区会の規約や取り決めに基づき、開催の要否や方法について判断してください。
  • 認可地縁団体(法人)の場合
    認可地縁団体とは、任意団体である区会・自治会等(地縁による団体)が、一定の要件を満たした場合に市町村長から認可され、法人格を得た団体です。
    地方自治法第260条の13において、「認可地縁団体の代表者は、少なくとも毎年一回、構成員の通常総会を開かなければならない。」と定められています。

書面議決について

書面表決書の利用

厚生労働省「3つの密を避けましょう!」

新型コロナウイルス集団感染が起こりやすい環境は、
 (1)「換気の悪い閉空間」
 (2)「多数の人が集まる集場所」
 (3)「間近で会話をする接場面」
といった3つの「密」が重なる環境とされています。

そのような環境を作り出さず、新型コロナウイルスの感染拡大を防止するため、書面議決を活用し、総会等を行うことが有効です。

書面議決の方法の1つとして、書面表決書の利用が考えられます。

書面議決の実施例

  1. 「書面表決書」、「総会資料(議案)」を会員に事前配布する。
    *「書面表決書」には、円滑にとりまとめを行うために提出期限を設ける。
     その際、各会員が総会資料を読み、その内容を把握できるだけの期間を確保する。
  2. 会員から「書面表決書」を回収し、役員等で集計する。
  3. 総会(書面議決)を実施する。
    集計結果によって、各議案の承認・不承認を判断する。
  4. 総会の議決結果を、回覧等によって区会内にお知らせする。

PDFファイルをご覧いただくには、「Adobe(R) Reader(R)」が必要です。お持ちでない方はアドビシステムズ社のサイト(新しいウィンドウ)からダウンロード(無料)してください。

このページに関するお問い合わせ

市民部 市民活動課
〒305-8555 つくば市研究学園一丁目1番地1
電話:029-883-1111(代表) ファクス:029-868-7542
お問い合わせは専用フォームをご利用ください。