ここから本文です。

身元保証などの高齢者サポートサービスをめぐる契約トラブルにご注意

このページの情報をツイッターでツイートできます
このページの情報をラインでシェアできます

ページ番号1009054  更新日 2020年3月31日

印刷 大きな文字で印刷

高齢者サポートサービス 契約前に十分な検討を!

 近年、高齢者の単独世帯が増加傾向にあるなか、高齢者を対象とする身元保証や日常生活の支援、死後事務等を行うサービス(以下、身元保証等高齢者サポートサービス(注1))が広まってきています。

 一方で、全国の消費生活センター等には「契約内容をよく理解できていないにもかかわらず、高額な契約をしてしまった」等の契約時のトラブルのほか、「解約時の返金額に納得できない」等、解約時のトラブルについて相談が寄せられています。

(注1)本資料における「身元保証等高齢者サポートサービス」は、一人暮らしの高齢者等を対象とする、身元保証や日常生活支援、死後事務等に関するサービスのことをいう。具体的には、医療機関への入院や老人福祉施設等への入所、賃貸住宅等の契約の際の身元保証・身元引受等のサービスや、買い物等の日常の生活支援や見守り支援、死後の葬儀支援等のサービスが行われている。なお、「身元保証等高齢者サポートサービス」は高齢者以外も契約当事者になる場合がある。

相談事例

  1. 預託金を支払うように言われているが、詳細な説明がない
  2. 契約内容がよく分からず高額なので解約したい
  3. 事業者に勧められるままにサービスを追加して思ったより高額な契約になった
  4. 契約するつもりのなかったサービスも含まれていた
  5. 約束されたサービスが提供されないので事業者に解約を申し出たところ、説明のないまま精算された

相談事例からみられる問題点

  • サービス内容や料金等を理解できていないまま契約している
  • 約束されたサービスが提供されないことがある
  • 解約時の返金をめぐってトラブルになることがある

サービスを利用する際のアドバイス

  • 自分の希望をしっかりと伝え、サービス内容や料金等をよく確認しましょう
  • 預託金等の用途や解約時の返金に関する条件について予め確認しておきましょう
  • 契約内容を周囲の人にも理解してもらうよう心がけましょう
  • 契約や解約に際しトラブルになった場合にはすぐに消費生活センター等に相談しましょう

※内容の詳細については、国民生活センターのホームページや添付のリーフレットをご確認ください。

PDFファイルをご覧いただくには、「Adobe(R) Reader(R)」が必要です。お持ちでない方はアドビシステムズ社のサイト(新しいウィンドウ)からダウンロード(無料)してください。

このページに関するお問い合わせ

市民部 消費生活センター
〒305-0031 つくば市吾妻1丁目2番地5
電話:029-861-1333 ファクス:029-861-1300
お問い合わせは専用フォームをご利用ください。
※メールによる消費生活相談は受け付けておりません