ここから本文です。

カルタヘナ法に基づく行政処分等について

このページの情報をツイッターでツイートできます
このページの情報をラインでシェアできます

ページ番号1007194  更新日 2019年5月13日

印刷 大きな文字で印刷

農林水産省が、令和元年5月7日、群馬県蚕糸技術センターに対して遺伝子組換え生物等の使用等の規制による生物多様性の確保に関する法律(平成15年法律第97号。カルタヘナ法という。)に基づく行政処分を行ったことについて、国立研究開発法人農業・食品産業技術総合研究機構(以下「農研機構」という。)から情報提供がありました。

詳細については、次のリンク先をご覧ください。

なお、今回の行政処分対象となった遺伝子組換えカイコと同系統のカイコについては、つくば市内では飼育していないことを農研機構の担当者に確認しております。

このページに関するお問い合わせ

経済部 農業政策課
〒305-8555 つくば市研究学園一丁目1番地1
電話:029-883-1111(代表) ファクス:029-868-7622
お問い合わせは専用フォームをご利用ください。