ここから本文です。

児童発達支援センターの整備

このページの情報をツイッターでツイートできます
このページの情報をラインでシェアできます

ページ番号1008329  更新日 2019年9月9日

印刷 大きな文字で印刷

つくば市では児童発達支援センターの整備を進めています!

<経緯> 

 つくば市では、市障害児福祉計画(第1期)において、児童発達支援センターの設置を含む、障害児支援の提供体制の整備を掲げています。そのため、平成30年度より、外部有識者や障害者団体関係者に参加いただき、「つくば市における児童発達支援センターの在り方に関する検討会」を全5回開催しました。

<児童発達支援センターとは?>

 児童発達支援センターは、児童福祉法(昭和22 年法律第164 号)第43 条に規定される施設で、発達に遅れのある又は障害のある子どもを通所させ、日常生活における基本的動作の指導、知識技能の付与、集団生活への適応訓練などを行うとともに、家族が安心して子育てができるよう、家族への支援も行う療育施設の中心的役割を担うことが期待されています。

<児童発達支援センターの整備に関する提言>

 令和元年7月に「つくば市における児童発達支援センターの在り方に関する検討会」の意見として、子どもの成長過程に応じた切れ目のない適切な支援を提供するために、基本理念、具体的機能や設置場所等に関する提言がまとめられました。今後は、検討会の提言に沿って、児童発達支援センターの整備を進めていきます。

 

PDFファイルをご覧いただくには、「Adobe(R) Reader(R)」が必要です。お持ちでない方はアドビシステムズ社のサイト(新しいウィンドウ)からダウンロード(無料)してください。

このページに関するお問い合わせ

保健福祉部 障害福祉課
〒305-8555 つくば市研究学園一丁目1番地1
電話:029-883-1111(代表) ファクス:029-868-7544
お問い合わせは専用フォームをご利用ください。