ここから本文です。

新型コロナウイルス感染症に係る要介護・要支援認定の臨時的な取扱いについて(令和3年10月から)

このページの情報をツイッターでツイートできます
このページの情報をラインでシェアできます

ページ番号1015880 

印刷 大きな文字で印刷

新型コロナウイルス感染症に係る認定有効期間延長措置を原則終了いたします。

新型コロナウイルス感染症の拡大防止策として、更新申請に限り申し出により要介護・要支援認定の有効期間を12カ月延長する措置を講じてきましたが、この措置の取り扱いを令和3年(2021年)10月31日に認定有効期間の満了を迎える被保険者までで原則終了することといたします。

なお、今後の感染状況によっては、再度この措置を適用する可能性があります。その際は改めて周知いたします。新型コロナウイルス感染症予防の観点からサービス利用を休止している方や、受診控えにより主治医意見書の依頼が困難な方は介護保険課までご相談下さい。

(例)
※令和3年(2021年)10月31日認定期間終了の方は12カ月延長の対象となります。
※令和3年(2021年)11月30日認定期間終了の方は12カ月延長の対象となりません。

問合せ先

つくば市 保健部介護保険課
認定・審査係

このページに関するお問い合わせ

保健部 介護保険課
〒305-8555 つくば市研究学園一丁目1番地1
電話:029-883-1111(代表) ファクス:029-868-7646
お問い合わせは専用フォームをご利用ください。