ここから本文です。

茨城県知事によるステージ3移行への発表を受けての市長コメント(2020年7月31日)

このページの情報をツイッターでツイートできます
このページの情報をラインでシェアできます

ページ番号1010088  更新日 2020年7月31日

印刷 大きな文字で印刷

本日(7月31日)、大井川知事より新型コロナウイルス感染症に関する県の対策指針をステージ2からステージ3に引き上げることが発表されました。それに伴い、知事からは次のお願いがありましたのでご協力を宜しくお願いします。

  • 事業者には、業種別ガイドラインを活用した感染防止対策の実施と「いばらきアマビエちゃん」の登録
  • 「いばらきアマビエちゃん」のある施設を利用し、訪問の際には、その都度必ず登録
  • クラスター発生業種等及び大規模イベントにおいて「いばらきアマビエちゃん」のない施設の利用を自粛
  • 概ね70代超の高齢の方、基礎疾患をお持ちの方など、重傷化リスクが高い方及び妊婦の方は、外出について慎重に対応 等

また、本日市内で1家族4名(父・母・幼児2名)の陽性が確認されました。これらの陽性者の市内濃厚接触者への連絡は完了しています。なお、家族は東京で陽性者との接触があったことが県から公表されています。

東京都内においては、連日300人から400人を超える感染者の発生が続いている状況です。市民の皆様には、引き続き感染が拡大している東京都への移動・滞在を自粛、手洗いや咳エチケット、3密を避けるなどあらゆる場面での感染予防策を徹底していただくとともに、県が呼びかけている「いばらきアマビエちゃん」の利用など感染拡大防止へのご協力をお願いいたします。

つくば市長 五十嵐 立青

Comment from the Mayor following the announcement of Ibaraki Prefecture (July 31, 2020)

[Provisional Translation]

Today (July 31st), Governor Oigawa announced that Ibaraki prefecture lifted cautioning level of the prefectural measure guideline of COVID-19 from stage 2 to stage 3. The Governor requested as follows;

- Taking infection prevention measures based on the industry-classified guideline and registering "Ibaraki Amabie-chan", a system for preventing spread of infection for businesses owners.

- Using facilities with "Ibaraki Amabie-chan" and registering it whenever you visit there.

- Avoiding the use of facilities without "Ibaraki Amabie-chan" which is the same type of business occurring the infection clusters or in massive events.

- For those who are at high risk of complications due to COVID-19, please be particularly careful about going out. etc.

Also, today a case of a family of four (father, mother and two infants) has tested positive in Tsukuba. Close contact of this family has already been contacted. This family was a close contact with one of the positive case in Tokyo.

Recently, in the Tokyo Metropolitan Area, 300 to 400 people are testing positive almost everyday. We request the residents to continue the followings to keep the infection prevention measures; refrain from unnecessary travel to or stay in Tokyo, wash your haves regularly, practice cough etiquette and avoid the three C’s (enclosed space, crowded places, close contact). Also use "Ibaraki Amabie-chan" (only available in Japanese).

Tatsuo Igarashi
Mayor of Tsukuba

茨城県知事による東京都への移動・滞在についての自粛発表を受けての市長コメント(2020年7月20日)

本日(7月20日)、大井川知事から東京都における新型コロナウイルス感染状況等を考慮し、東京都への不要不急の移動・滞在について自粛を要請する発表がありました。市民の皆様のご協力を宜しくお願いいたします。

具体的には、次のとおり発表がありました。

  • 都内在住の家族等へ不要不急の帰省の呼びかけを自粛するなど慎重に対応
  • 通勤・通学などで移動・滞在する際は最大限の感染防止対策を実施
  • 都内への通勤・通学者などで、高熱や倦怠感などの症状が出た場合は、迷わずに「帰国者・接触者相談センター」に連絡・相談
  • 都内在住の方の茨城県内への不要不急の移動・滞在は控える

なお、知事発表を受け、市で実施している筑波山観光地応援チケット事業にご支援いただいた東京都在住の皆様には、茨城県の対応方針レベルが引き下げられるまでの当面の間、茨城県へのご訪問を控えて頂きますようご協力のお願いをご連絡させて頂きます。ご不便をおかけして申し訳ありませんが、チケットは来年2月28日までの利用期間となっておりますので対応方針のレベルが引き下げられましたら、筑波山へお越し頂けますことを心よりお待ちしております。

つくば市長 五十嵐 立青

Comment from the Mayor following the announcement of Ibaraki Prefecture (July 20, 2020)

[Provisional Translation]

Due to the current state of coronavirus infections in Tokyo, the Governor of Ibaraki announced today that we should now refrain from travelling to, or staying in, the Tokyo area.  We are asking all residents of Tsukuba to cooperate with these measures.

Specifically:

  • Please do not ask your family members who live in Tokyo to return home to Ibaraki.
  • Follow strict protocols for preventing infection when commuting to the Tokyo area, or staying in the Tokyo area, for work or school.
  • If you feel any symptoms of COVID, such as high fever or tiredness as a result of commuting to the Tokyo area for work or school, contact your local Returnee and Contact Consultation Center for New Coronavirus Infections.  (English support: yobo@pref.ibaraki.lg.jp)
  • Residents of the Tokyo area should not travel to, or stay in, Ibaraki Prefecture unnecessarily.

Furthermore, in line with the Governor’s announcement, we would like to ask Tokyo residents who have purchased Mt. Tsukuba Sightseeing Support Tickets to refrain from using them until after the alert level has been lowered.  We apologize for the inconvenience, but the tickets will remain valid until February 28, 2021, so please come and visit Mt. Tsukuba once the alert level has been lowered.

Tatsuo Igarashi
Mayor of Tsukuba

茨城県によるステージ2移行への発表を受けての市長コメント(2020年7月3日)

本日(7月3日)、県内で6名(うち1名はつくば市内)の新型コロナウイルス感染者が確認されたことに伴い大井川知事より次の発表がありました。

  • 県の対策指針の改定とともに、対応をステージ1からステージ2に引き上げ
  • 東京都への不要不急の移動・滞在について慎重な対応をすること
  • 高齢者など重症化リスクが高い方や妊婦の方は外出の際に注意をすること(これまで重症化リスクが高い方はステージ2では外出自粛でしたが県の方針が変更となりステージ3から外出自粛要請となりました)
  • 事業者及び県民向けの茨城県感染拡大防止システム「いばらきアマビエちゃん」の登録呼びかけ

県内では県南地区を中心に新型コロナウイルス感染の陽性確認が続いています。さらに、東京都内においては、100人を超える感染者が続いている状況です。
市民の皆様におかれましては、手洗い、咳エチケット、3密を避けるなど引き続き感染予防策を徹底してくださるようお願いします。 

つくば市長 五十嵐 立青

Comment from the Mayor following the announcement of Ibaraki Prefecture (July 3, 2020)

[Provisional Translation]

Today (July 3rd), Governor Oigawa reported that there were six cases reported as positive case of COVID-19 in Ibaraki prefecture. (One of them reside in Tsukuba)

- Change of the prefectural measure guideline of COVID-19, and lift cautioning level from stage 1 to stage 2.

- Please consider well and be very careful when traveling to or staying in the Tokyo Metropolitan Area.

- For those who are at high risk of complications due to COVID-19, please be particularly careful about going out.

(Based on the change of policy, restriction of going out for those who are at high risk of complications due to COVID-19 will start from stage 3.)

- Promoting registration of "Ibaraki Amabie-chan", a system for preventing spread of infection for both businesses owners and citizens in Ibaraki.


In Ibaraki, mainly in the south, there have been positive cases reported. Furthermore, in Tokyo, there have been more than 100 positive cases reported.

I will ask all citizens to continue practicing infection prevention measures such as washing hands, covering cough and avoiding 3Cs.

Thank you for your continued cooperation.

Tatsuo Igarashi
Mayor of Tsukuba

茨城県による対応ステージ緩和発表を受けての市長コメント(2020年6月5日)

本日(6月5日)、大井川知事から来週6月8日から茨城県の新型コロナウイルスへの対応ステージをステージ1へ緩和するとの発表がありました。茨城県ではステージ2において感染リスクの高い業種への休業要請や高齢者等の皆様に外出自粛をお願いしてきましたが、ステージ1への移行に伴いこれらについても解除されることになります。社会経済活動の再開に向けた大きな一歩となりますが、引き続き感染防止の取り組みは気を抜かず、身体的距離の確保、必要な場面でのマスク着用、手洗いの徹底にご協力を宜しくお願いします。

市の施設については、各施設の再開に向けたガイドラインを設け、感染対策を取りながら順次再開しています。また、市の事業やイベントについても、一定の条件の下で順次再開しています。詳細は以下のリンク先をご覧ください。

市立学校は、5月から分散登校を行なってきましたが、6月8日から学校と給食を開始します。安全を確保するために学校再開のガイドラインを感染症の専門医にアドバイスをいただき作成しており、ガイドラインの運用を徹底していきます。幼稚園については6月8日に入園式を行い、翌日から保育を開始します。保育所と児童クラブについては6月から利用自粛のお願いを解除しております。これまでの関係者の皆さまのご協力に感謝申し上げます。

これから新型コロナウイルスの感染リスクがゼロとなる訳ではありませんが、感染拡大を防ぎながら社会経済活動を再開していくことになります。市でも5月に発表した経済対策第一弾(テイクアウト支援、事業者応援チケット等)、第二弾(テナント等賃料補助、雇用促進事業)や市民生活応援事業(70歳以上・18歳以下・障害のある市民への5000円商品券、ひとり親世帯等への3万円給付金)等で市民や事業者の皆様の生活を支えていきます。また、国の一人10万円の特別定額給付金については、5月末までに申請頂いた方についてはデータ等に不備のない限り6月中に入金を完了できるよう準備を進めています。つくば市が新型コロナウイルスの影響を乗り越えていけるよう引き続き全力を尽くしていきますので引き続きよろしくお願いします。

つくば市長 五十嵐 立青

Comment from the Mayor of Tsukuba City following the announcement of easing COVID-19 restriction stages in Ibaraki Prefecture (as of June 5)

[Provisional Translation]

On June 5th, Ibaraki Governor Oigawa announced that the COVID-19 restriction stage would be eased from Stage 2 to 1 from June 8th. During Stage 2, Ibaraki Prefecture has requested businesses with high-infection-risk to suspend business and elderly people to refrain from going out, however, these restrictions will also be lifted as we shift from Stage 2 to 1. This will be a big step towards the restart of socio-economic activities, but I would like to ask for your continued cooperation to prevent infection by keeping safe distance from each other, wearing a mask where necessary, and washing your hands thoroughly.

We will establish the guideline for reopening Tsukuba City’s facilities and will subsequently reopen them while taking infection prevention measures. We will also restart our projects and events under certain conditions. Please refer to the links below for details.

 

Municipal schools have been holding dispersed (staggered) classes since May, but will resume full classes and school lunch from June 8. To ensure safety, guidelines for reopening school have been drawn up with the advice of an infectious diseases expert, and the school will rigorously implement these guidelines. Kindergartens will hold an entrance ceremony on June 8th, and will open as normal from the following day. While there was a request to refrain where possible from using daycare centers and after-school children’s centers in June, this has now been lifted. Thank you to everybody involved for their cooperation.

Although the infection risk of COVID-19 will still remain, we will be starting the socio-economic activities while taking measures to prevent the spread of infection. Tsukuba City will continue to support livelihood of citizens and business operators with our first economic support project (including take-out support program for restaurants, support program for business owners using advance ticket system, etc.), our second economic support project (including subsidy for tenant rent and employment promotion project), and livelihood support project for citizens (including JPY5,000 gift vouchers for citizens who are over 70-year-old, under 18-year-old, and citizens with disabilities, and JPY30,000 payment for single parent households).

Regarding Special Cash Payment by Japanese Government, we are aiming to complete the payment by the end of June for those who applied by the end of May, as long as there are no errors in the application form. We will continue to do our best to help Tsukuba City and the people will be able to overcome difficulties caused by COVID-19. We kindly ask for your continued support.

 

With sincere gratitude,
Tatsuo Igarashi
Mayor of Tsukuba

本日の緊急事態宣言解除発表を受けての市長コメント(2020年5月25日)

本日(5月25日)、安倍総理から東京など1都3県と北海道の緊急事態宣言を解除する発表がされました。新型コロナウイルス感染拡大防止に対する皆様のご協力に改めて感謝申し上げます。

緊急事態宣言は解除されましたが、本日の政府の基本的対処方針では、都道府県をまたぐ移動について5月末までは不要不急の帰省や旅行などは避けることや、6月18日までの3週間程度は東京都市圏や北海道との間の移動は慎重に対応するよう示されています。大井川知事からも、緊急事態宣言解除後は県をまたぐ移動について緩和する5月22日の方針を改め、5月末まで県をまたぐ移動、特に東京圏への移動は控えるとともに、6月から東京圏や北海道との間の移動については段階的に緩和する発表が先ほどありました。これを受け、つくば市民の皆様におかれても県の方針を踏まえた移動の自粛を引き続きお願いしたいと思います。

また、5月22日にお知らせしました通り、本日から茨城県はステージ2へ対応が移行しました。夜間も含め外出自粛は緩和となりますが、外出するにあたっては感染防止のため、身体的距離の確保、必要な場面でのマスク着用、手洗いの徹底は引き続きお願いするとともに、高齢者などの重症化リスクの高い方については、引き続き外出を最小限として頂きますようお願いします。

大規模イベントについては、茨城県はステージ2では100人以下の屋内イベント及び200人以下の屋外イベントは自粛要請としない方針を示しています。東京都市圏との往来が多いつくば市では大規模イベントについては慎重に緩和する方針とさせて頂き、100人以下の屋内イベント及び200人以下の屋外イベントについても県外から参加者が見込まれる場合や参加者が不特定多数の場合については開催を自粛頂きますようお願いします。

つくば市の各種施設の再開については市HPに掲載しておりますのでこちらをご覧ください。(https://www.city.tsukuba.lg.jp/1012084/1012091/1012092/1012297.html

今後も引き続きご協力宜しくお願いします。

つくば市長 五十嵐 立青

Comment from the Mayor of Tsukuba regarding today's lifting of the state of emergency(as of May 25)

[Provisional Translation]

Today, Prime Minister Abe reported that the state of emergency has been lifted from the remaining five prefectures (Tokyo, Saitama, Chiba, Kanagawa, Hokkaido). I would like to thank everyone for their efforts in trying to prevent the spread of the coronavirus.

The state of emergency has been lifted, but the national government announced today that we should continue to refrain from traveling into other prefectures until the end of May, and that we should not travel to the Greater Tokyo Area or Hokkaido until after June 18. Governor Oigawa originally reported on May 22 that restrictions on travel to other prefectures would be eased; however, the prefecture has changed its stance to say that we should not travel to other prefectures before the end of May, and that travel to the Greater Tokyo Area and Hokkaido will be reintroduced gradually in June. Therefore, Tsukuba residents should also follow these guidelines and continue to refrain from traveling outside of Ibaraki.

Also, as we announced on May 22, Ibaraki Prefecture is now in Stage 2 as of today. Though you can now go out freely, even at night, I would like to ask you to keep practicing social distancing, wear a mask, and wash your hands thoroughly.  Elderly people and those with medical conditions that make them vulnerable to infection should continue to refrain from going out as much as possible.

In line with the parameters of Stage 2 as defined by Ibaraki Prefecture, it is now technically possible to hold large events such as indoor events with fewer than 100 people and outdoor events with fewer than 200 people. However, since many people travel between Tsukuba and the Greater Tokyo Area, we need to make a decision about this carefully to prevent the spread of infection. Therefore, we are requesting that people refrain from holding events that include a large number of unknown people, or events that include people from outside Ibaraki, as much as possible.

Thank you for your continued cooperation.

本日の県知事発表を受けての市長コメント(2020年5月22日)

本日(5月22日)、大井川知事から社会経済活動再開に向けた対策の段階的緩和について発表がありました。茨城県は4段階の出口戦略のうち、5月25日から対策を現在のステージ3からステージ2へ緩和します。これに伴い、茨城県では5月25日から夜間も含め外出自粛が緩和となり(高齢者等の重症化リスクの高い方は引き続き外出自粛が要請されています)、休業要請についてもスポーツクラブ等が解除となり、濃厚接触を避けにくいライブハウス、カラオケボックス等の業種に限定されました。また、イベントについては屋外は200名以下、屋内は100名以下の場合は一定の条件の下で開催自粛要請を緩和しています。ただし、東京等の緊急事態宣言対象地域への移動については、県は自粛要請を維持しています。

こうした県の発表を踏まえ、つくば市ではこれまでお願いして来た以下の3項目について、下記の方針とさせて頂きます。

  1. 5月31日までつくばでの外出は最小限にして頂くようお願いして来ましたが、県のステージ2への移行に合わせ、外出を最小限にして頂く要請は5月24日までとします。ただし、高齢者等の重症化リスクの高い方については、引き続き外出を最小限として頂きますようお願いします。
  2. 東京都市圏への移動はできる限り控えるようお願いして来ましたが、移動の自粛要請は東京都市圏の緊急事態宣言が解除されるまでとします。
  3. 日常生活については、身体的距離の確保、必要な場面でのマスク着用、手洗いの徹底を引き続きお願いします。

一方、つくば市は普段つくばエクスプレスで一日およそ3万5千人の乗車人数があり東京都市圏との往来が多いため、茨城県の出口戦略を踏まえて上記の方針としながらも、感染防止の視点からより慎重に緩和を判断していく必要があります。そのため、県外からも参加者が見込まれたり、参加者が不特定多数となるような大規模なイベントは、県の基準によらず引き続き開催自粛をお願いさせて頂きます。大規模なイベントが開催可能な市の公共施設については、当初の予定通りの方針とし、市民ホールとふれあいプラザは6月から予約を再開し、カピオ、アルスホール、ノバホールは6月中旬から順次再開していきたいと思います。

これまでも繰り返しお伝えしているように、新型コロナウイルスのリスクは完全にゼロとはならず、地域の特性に応じて対策を取りながら、段階的に社会経済活動を再開していく必要があります。今後も、市民の皆様にはご不便をお掛けしますが、引き続きご理解とご協力を宜しくお願いします。

つくば市長 五十嵐 立青

Mayor’s comment following today’s announcement of governor (as of May 22)

[Provisional Translation]

Today (May 22nd), Governor Oigawa announced that the prefecture will gradually ease the regulation aiming to reactivate social activities.
Under the prefectural four-stage system of exit strategy, the state of emergency will be eased from stage 3 to stage 2 from May 25th. It means we won’t need to refrain from going out even at night from May 25th (Those who have high risk of getting serious symptom such as the elderly are still requested not to go out unnecessarily). The request for temporal closure of business will be limited to some business types such as live house and karaoke which close contact is difficult to avoid and the other business including gym will be reopened.

Also, outdoor events with less than 200 people and indoor events with less than 100 people are allowed to hold under a given condition.
However, the request to refrain from going to the area under the state of emergency including Tokyo hasn’t been eased by the prefecture.

Regarding the announcement of Ibaraki pref. above, we will amend 3 of our regulation as follows:

  1. We have been asking to limit the outings in Tsukuba to a minimum till May 31st, but since the prefecture has eased to stage2, limiting the outings will be kept in till May 24. For elderly and those who may become easily severe, please continue to stay home and limit your outings.
  2. Request to refrain from traveling to the Greater Tokyo Area will be released, if the Greater Tokyo area’s state of emergency is eased.
  3. Maintain physical distance from other people, wear a mask when going out and wash your hands frequently.

However, since 35,000 passengers per day move to the Greater Tokyo Area by the Tsukuba Express Line, we need to make a decision carefully to prevent the spread of infection while following the Ibaraki prefectural exit strategy. Therefore, we request to voluntarily refrain from holding the large events which participants are coming from the outside of Ibaraki and/or unspecified persons.

Regarding the schedule of reopening the public facilities, we will start accepting reservations for Civic Hall and Fureai Plaza from June and Tsukuba Capio, ARS Hall and Nova Hall are from middle of June as scheduled.

As we  announced you repeatedly, we cannot get rid of the COVID-19 infection risk completely. But we believe it’s necessary to reactivate social economic activities gradually under the countermeasures based on our regional characteristics. I apologize for the inconvenience and greatly appreciate for your understanding and cooperation.

緊急事態宣言解除後のつくばの社会経済活動の再開について市長コメント(2020年5月15日)

昨日、安倍総理大臣から緊急事態宣言の解除が発表され、本日、大井川知事から県の対応方針の発表もありました。県としては、4段階の出口戦略のうち5月18日から対策を現在のステージ4からステージ3に緩和する予定です。

茨城県は緊急事態宣言が解除されましたが、依然としてつくばからの行き来が多い千葉県・埼玉県・東京都は宣言区域内のままです。茨城県内の指標はステージ1のレベルとなっていますが、つくばに大きく影響する指標の一つである「東京都の経路不明感染者数」については、知事は現在もステージ2のレベルと言及しています。平時はつくばエクスプレスで一日およそ3万5千人の乗車人数があることを考えれば、茨城県の出口戦略を踏まえながらも、感染防止の視点からより慎重に判断をする必要があります。

そこで、つくば市では5月31日まで:

  1. つくばでの外出は最小限に
  2. 東京都市圏への移動はできる限り控えて
  3. 日常生活では、身体的距離の確保、必要な場面でのマスクの着用、手洗いの徹底

をお願いします。

そのため、学校の再開は新たに作成したガイドラインをもとに分散登校などを実施しながら徐々に行なっていきます。
(ガイドラインと感染者等が判明した場合の判断基準→
https://www.city.tsukuba.lg.jp/1012084/1012088/1012295.html
幼稚園も休園を維持します。児童クラブや保育所についても、引き続き5月末までの利用自粛をお願いいたします。

市の施設等は感染防止策をとりながら、屋外のものから徐々に解除していく予定です。(詳細はリンクをご確認ください→
https://www.city.tsukuba.lg.jp/1012084/1012091/1012092/1012297.html)

筑波山観光駐車場は、県の駐車場の開放と合わせて感染対策をとりながら、18日から開放していく予定です。ただし、東京等からの県境をまたいでのご来訪は総理会見にもあるように自粛を強くお願いしていきます。

なお、県はステージ3でもナイトクラブやカラオケボックス等の一部の業種について休業要請を行なっています。飲食店等についての営業時間短縮要請は解除となりましたが、市民の皆様におかれましては、くれぐれも感染防止に配慮いただき3密にならないよう、今月中はできるかぎりのご協力をお願いいたします。

市では新型コロナウイルスで大きな影響を受けた市民や事業者のため、生活支援や経済支援を進めています。国の特別定額給付金については、マイナンバーカードによる申請について12日から入金を開始し、郵送申請についても最短で25日から振り込み予定です。また、市の独自支援策を順次実施していますので、詳しくはホームページや広報つくば(決定したものは6月号に掲載)などでご確認ください。

現在、5月末の臨時議会の開催も市議会にお願いし、更なる支援策もご審議いただく予定です。詳細については近く発表をします。

また、多くの市民からマスクや消毒液の寄贈をいただき、お陰様で市内の医療機関や老人介護施設、保育所・児童施設・学校等へ配布させていただくことができました。市内研究者やスタートアップ企業にも協力いただき、医療用フェイスシールドを急遽製作していただき、医療機関へ提供するなど、つくばらしい取り組みも進んでおり、市民を始め関係者の心温まる支援に本当に感謝しているところです。

市内の社会・経済活動については一刻も早く再開させたい強い気持ちがありますが、他自治体や他国のように一気に緩むことで、再びすぐに感染が大きく拡がったりクラスターを発生させるリスクがあります。

一方で、リスクを完全にゼロにすることができないこともご理解ください。例えば文科省が学校再開について「学校で完全にリスクをゼロにすることを求めたらずっと再開できない」という趣旨のことを示しています。リスクゼロを求めればあらゆる経済活動も、そして社会活動もストップさせるしかありませんが、それは不可能なことであり、感染以上に致命的な影響を社会全体に与えてしまいます。

だからこそ、命を守るために感染抑止策を徹底しながら、ワクチンが開発されるまでの少なくとも1年〜2年程度は、ウイルスとの共生をしていくしかありません。対策を取りながら少しずつ段階的に再開し、感染が始まればまた引き締める、ということを繰り返す必要があります。

市でも、このウイルスとの共生の期間において、新しい生活様式を進めていくための努力を含めて、引き続き全力で取組を行っていきます。みなさまのご理解とご協力をよろしくお願いいたします。

つくば市長 五十嵐 立青

Ideas for Reopening Society and Economic Activities in Tsukuba after Lifting the State of Emergency (as of May 15)

[Provisional Translation]

Following Prime Minister Abe’s announcement to lift the state of emergency yesterday, Governor Oigawa announced prefectural countermeasures today. Under Ibaraki’s four-stage system of exit strategy, the state of emergency will be gradually lifted from stage 4 to stage 3 from May 18th.
(cf. "Corona Next for Ibaraki" attached pictures)

Although the State of Emergency was lifted for Ibaraki, it remains in place for neighboring prefectures such as Chiba, Saitama and Tokyo. Based on 35,000 passengers per day on the Tsukuba Express Line, we need to make a decision carefully to prevent the spread of infection. Given the situations above, we ask the following of citizens until May 31st:

  1. Please keep your outings within the city to minimum;
  2. Refrain from traveling to the Greater Tokyo Area;
  3. Maintain physical distance from other people, wear a mask when going out and wash your hands frequently.

Following a new guidelines, schools will restart in phases.
(Guidelines and criteria for the infection:
https://www.city.tsukuba.lg.jp/1012084/1012088/1012295.html

Kindergarten will remain closed. We ask parents and guardians to voluntarily refrain from using Children’s Clubs and day-care centers.

Regarding public facilities, we will gradually reopen them while preventing further spread of infection, starting from outdoor facilities.

Mount Tsukuba pubic car park will be opened from May 18th while preventing further spread of infection. However, we will continue to decline visitors from outside of Ibaraki, as stated by the Prime Minister.

Furthermore, Ibaraki has requested nightclubs and Karaoke boxes to suspend their business. Although the request for restaurants to shorten business hours is lifted, we ask citizens to cooperate in avoiding “3 C’s” – confined spaces, crowded places and close contact - to prevent the further spread of infection.

Tsukuba City has been providing livelihood and economical support for its citizens and companies affected by COVID-19. Regarding the Special Cash Payment from the Japanese Government, payment for applications by My Number Card started on May 12th and payment for the applications by post will start on May 25th at the earliest. Also, we are launching our own support measures in stages. Please refer to our website for details.

We are going to ask the City Council to hold an extraordinary session at the end of May to approve further support measures. We will announce the details soon.

We have received donations including masks and disinfection solutions from many citizens which we have distributed to medical institutions, nursing homes for the elderly, daycare centers, nurseries and schools.Also, some researchers and start-up companies contributed by making medical face shields for medical institutions and it became a very unique project drawing on the strengths of Tsukuba. I sincerely appreciate this genuine support from everybody.

I strongly wish to reactivate social and economic activities as soon as possible. However, if we relax our guard too suddenly as has been the case in other cities and countries, we will face the risk of another infection spread and cluster.

On the other hand, please understand that it is not possible to completely eliminate the risk. For instance, the Ministry of Education has pointed out that eliminating the risk completely would mean that we would never be able to reopen schools. To ensure absolutely zero risk, we would need to stop all economic and social activities. This is unrealistic and would result in major damage to the whole of society.

This is why we will need to live with the virus for at least a few years, until a vaccine is developed, while doing everything possible to prevent further infection. We will need to resume controlling the infection and ask citizens to exercise self-restraint again when the infection re-emerges, and repeat this procedure where necessary.

Tsukuba City will continue to redouble its efforts to support the daily lives and livelihoods of citizens, while the virus remains a threat.

We thank you for your ongoing patience and cooperation.

緊急事態宣言の期間延長に伴う市長コメント(2020年5月4日)

本日安倍総理大臣が緊急事態宣言を全国で5月31日まで延長すると発表しました。
総理の発表を踏まえ、大井川知事からは外出自粛要請、休業要請、その他の措置について今月5月17日まで維持することが発表されました。茨城県は新規感染者が抑制されていること等から、5月14日の政府専門家会議において特別警戒都道府県から外れることも見据えているそうです。県は7日に出口戦略について方針を出すとのことですので、つくば市としても引き続き現在の対応を維持し、7日の県の発表を踏まえ、今後の対応について再度お知らせしたいと考えます。

なお、つくば市内においては、これまで医療従事者をはじめ市民、事業者の皆様のご理解とご協力のもと自粛や感染防止の取組を続けていただいたことにより、4月23日以降新たな感染者は発生していません。東京都市圏との移動が多いつくばの都市特性を考えればこれは特筆に値すべきことであり、紛れもなくみなさまのこの期間のご協力のおかげです。心からお礼を申し上げます。

もちろん、今後も発生を完全にゼロにすることは難しいです。しかし、ここで気を緩めずにもう少しの努力を続けることで感染を抑止することが、社会活動や経済活動の再開を早めることにつながります。どうか、大切な人を守る思いをあらたにしていただき、引き続き外出自粛へのご協力や東京都市圏等への移動を控えて頂きますようよろしくお願いします。

市では事業者や市民生活の維持のために、国の特別定額給付金の他、テイクアウト推進支援給付事業、緊急支援給付事業、市内事業者応援チケット事業、市内宿泊事業者支援給付事業、税・保険料・上下水道の支払い猶予、様々な寄附受付等を実施しています。詳細については、つくば市ホームページでご確認ください。
つくば市ホームページ: https://www.city.tsukuba.lg.jp/1012084/index.html

つくば市は、今後もできる限りの対策と支援を実施し、市民の命と生活を守るために全力で努力していきます。この困難をともに乗り越えましょう。


つくば市長 五十嵐 立青

Comment of Mayor of Tsukuba on Extension of State of Emergency (as of May 4th)

[Provisional Translation]

Today Prime Minister Abe announced to extend state of emergency till May 31st. According to this, Governor Oigawa is set to extend the request to stay home, business suspension and other measures. Since the daily number of new infections is on a downward in Ibaraki, Ibaraki might no longer be a “special alert prefecture” on May 14th after the meeting of the Government Expert Panel. Ibaraki Prefectural Government will make an announcement again on May 7th with a new measure. Based on this announcement, the City will also give out next step.

We appreciate healthcare staffs and the citizens of limited activities that we have not had new coronavirus cases since April 23rd, which is remarkable if we consider Tsukuba’s characteristics of numbers of access to Tokyo Metropolitan Area. We truly appreciate your cooperation.

Making zero outbreak is very difficult. If we can keep our hard work and do what he have been doing, it will speed up the reopening of social and economic activities.

Please remind yourself again for who you have been doing all these hard work for, keep up your good work on staying home and refrain from traveling to the Tokyo Metropolitan Areas. We very much appreciate your cooperation and support.

In addition to the Special Cash Payment by Japanese government, City of Tsukuba offers following supports in order to protect businesses and maintain citizens livelihoods,;
- Support for promoting take-out meals for restaurants
- Emergency business support
- Support for restaurants using advance ticket scheme
- Support for hotel operators
- extension on payment of tax, national health insurance and water bills
- accepting other donations

Please see the details on the City web page as follows (only available in Japanese);https://www.city.tsukuba.lg.jp/1012084/index.html
(Special Cash Payment : https://www.soumu.go.jp/main_content/000685956.pdf )

In order to protect citizen's lives and livelihoods, the city of Tsukuba will make efforts to continue support and take measures to deal with this difficult situations as possible as we can. Let's get over this difficulties together!

緊急事態宣言拡大に伴う市長コメント(4月16日)

緊急事態宣言の区域が全国に拡大され、茨城県も対象になりました。つくば市では都市特性を踏まえ、これまでも指定区域に準ずると考えて、すでに警戒レベルを高めてあります。そのため、今回の措置によって市の対応を大きく変更することはありませんが、市民のみなさまにはあらためて:
(1)つくばでの外出は最小限に
(2)東京都市圏(他の大都市圏も)への移動は控えて
(3)やむを得ず都市圏から帰省する場合は2週間の自宅待機
の3点を強くお願いします。

今、つくばで感染爆発を防げるかどうかは、都市圏からの持ち込み阻止に掛かっていると考えます。どうかみなさまのご協力をよろしくお願いします。

また、今回区域に指定されることによって、茨城県が法律に基づく休業要請を行えるようになります。大井川知事の記者会見によると、休業要請や補償についてはこれから検討とのことでした。非常に重要な点ですので、今後も県と密に情報共有をしていきます。

つくば市長 五十嵐 立青

Expansion of the Emergency Declaration(as of April 16)

[provisional translation]

The area of declared emergency has been expanded to the whole country,including Ibaraki Prefecture.

Considering Tsukuba City's characteristics, we have already raised the alert level to that of the designated area.

Although there are no major changes or new requests to citizens as a result of this measure, we strongly ask you to keep the following again:

(1) Please keep your outings within city to minimum.
(2) Please refrain from traveling to the Greater Tokyo Area.
(3) Please quarantine yourself at home for 2 weeks, if you have no choice but to return home to Tsukuba from the Greater Tokyo Area or other urban area.

I believe that prevention of the virus from the Greater Tokyo Area is the key to curb an explosive spread of infection in Tsukuba.

I again ask for your understanding and cooperation.

Under the state of emergency, the government of Ibaraki prefecture will be able to request business closures based on the law. In the press conference of Ibaraki prefecture today, Governor Oigawa referred that plans of request to business closures and compensation will be discussed.

This is very important situation to stop the explosion of infection, we will continue to communicate closely with the prefecture.

緊急事態宣言発令に伴う市民のみなさまへのお願い(4月7日)

本日、安倍総理大臣による緊急事態宣言の発令がされました。つくば市役所ではこれまで31回の対策会議を重ね、対応を続けながら宣言の発令に万全の体制で備えてきました。関東の対象区域は東京・神奈川・埼玉・千葉で、茨城は入りませんでしたが、広い茨城の中でも県南地区は都心部への行き来が日常的に多数有ります。 そのため、つくば市ではリスクレベルは対象地域と同等に高いと判断し、県知事による外出自粛要請時よりも一段階上げた体制に直ちに移行します。

この一ヶ月は、つくば市にとっても、日本にとっても極めて重要な期間です。感染拡大を抑止できるか、それとも海外のような医療崩壊が起こり多くの死者を出してしまうのかの分岐点です。

まず、市内での外出は、必要な買い物や用事、一人でジョギングをしたり家族で公園に出かけたりすることをのぞいて、曜日や時間を問わず最小限にしてください。すでに外出自粛要請の段階で行ったほぼすべての休館等の対応に加え、つくば市立中央図書館や子育て支援センター等の施設も明日から5月6日まで休館します。施設休館等の詳細は市のホームページをご覧ください。

そして何より、5月6日まではどうか東京都市圏への移動は極力お控えください。現在のつくばにとって最大の感染リスクは、新規陽性者ルートが追跡できなくなっている都内からの持ち込みだと考えています。

東京に行けば、気づかないうちに感染する高いリスクがあります。学校は都内も休校になりました。会社がすべて休みになることはなくても、テレワークを可能なかぎり実施していただき、移動を最大限控えていただきたいと思います。

みなさまには、これまで多くのご協力をいただいていることを心強く思っています。みんなで協力するよ、大変だけどがんばるよ、といった声をたくさんいただきました。そのような中でさらなるご負担をお掛けすることを心苦しく思いますが、市役所としても 市民生活の対策、経済対策についても独自のものを準備しています。これまで以上にあらゆる想定をしながら、市民一人ひとりの生活への影響を全市で注視し、問題に対して可能なことから迅速に対応をします。

そして、この期間は感染拡大に徹底的に取り組むと同時に、新しいものを生み出す時間にもなり得ると思っています。すでに、従来は難しいと言われていたテレワークやオンライン診療が動き出し、市内でも身近なお店のテイクアウトを紹介する「旨がっぺTSUKUBA」というグループが立ち上がって新しいつながりが生まれたりしています。

首長の間でも連携を深めるきっかけとなりました。県南の複数の首長に電話し、このような事態なので近隣自治体はできるかぎり情報共有し、結果はすべては揃わなくても一緒に考えましょう、と話したところみなさん同じ考えでした。早速つくばみらい市の小田川市長がラインでグループを作ってくれ、お互いの自治体で出す文書の共有などが始まっています。

この困難な時期こそ、一人ひとりが力を発揮する場面です。大人が動じなければ、そばにいるこどもたちも安心します。できるだけ移動を控えて、手洗いを徹底すれば感染リスクは大きく減ります。私はつくばには、自分が率先して対策を取って、こどもたちや不安に思っているまわりの人に「大丈夫だよ」と声を掛けられる大人がたくさんいることを知っています。それを見てこどもたちや不安に思っている人も、大きく安心すると思います。

5月7日の朝をみなさんと笑顔で迎えられることを確信しています。ともに乗り越えましょう。

 

Request to all the citizens on the State of Emergency (as of April 7)

[Provisional translation]

Prime Minister Abe declared a state of emergency today. Tsukuba City has held countermeasure meetings 31 times and taken our own measures to prepare for this state. In Kanto area, this state will be conducted in Tokyo, Kanagawa, Saitama, Chiba but Ibaraki is NOT included. However, Ibaraki is a large prefecture and the south area has a feature that many people come and go from/to the Tokyo metropolitan area.

For that reason, we consider that Tsukuba is under the same level of transmission risk with the target area and have decided to move on to one stage higher level of control right away.

This month will be very important not only for Tsukuba but also for Japan. It is the crossroad to determine whether to stop spreading infection or to make many people die as a result of explosive patient surge or medical collapse like abroad.

Please keep your outing within Tsukuba to a minimum, regardless of the time of day, or day of the week. Going out for appropriate purpose such as essential shopping or business, jogging by yourself, and playing in a park with your family can be accepted.

Some public facilities such as the Tsukuba Public Library and the Childcare Support Center will be closed from tomorrow until May 6th as well as the facilities which have been closed already. Please find more information on the website of Tsukuba City.

Above all, I sincerely ask you to refrain from traveling to the Greater Tokyo Are until May 6th unless it is absolute ly necessary. I think that the current biggest transmission risk for Tsukuba is from Tokyo where it is getting difficult to track the routes of the newly infected people.

If we go to Tokyo, there is a high risk to be infected unknowingly. The schools in Tokyo are closed, too. Though it is not possible that all companies would be closed, please consider constructing te lework system to refrain from traveling.

I feel reassured by all your cooperation. I have received much encouragement saying “We do what we can do” or “It is a hard time but we fight”. I feel pain to put more burdens on you but we are preparing our own support systems for the civic life and the economy.

We respond rapidly to the problem anticipating all possibility and paying close attention on any effect on the life of each citizen. In addition, I promise to work on stop spreading infection thoroughly during this term.

At the same time, I believe that it will be the time to produce something new. te lework, which has been considered to be difficult, or online medical care have started and new connection has been produced by a group called “Umagappe Tsukuba” to introduce takeaway shops inside the city.

It also triggered to work together among mayors. I called to sevral mayors of southern part of Ibaraki prefecture and confirm to share information and to think together as long as possible considering this emergency even though it is difficult to create the same result. All mayors I talked have had the same idea. Mr. Odagawa, mayor of Tsukubamirai, has made our LINE group to share documents in each local government.

It is time for each person to show his/her own potential because we have faced difficulties. If adults stay calm, children around them will be relieved. The infection risk will significantly decrease if you refrain from traveling as much as possible and you wash your hands complete ly. I know there are so many adults in Tsukuba to take the initiative measures and to say it is all right to children or those who are very anxious. I believe that it will make them comfortable.

I strongly believe that I can greet the morning with smile on May 7th with everyone. Let's get over together!

県知事による平日夜間・今週末の外出自粛要請へのつくば市の対応について市長コメント(2020年4月2日)

大井川知事が先程記者会見を行い、感染が拡大しているつくば市を含む県南地区の自治体を中心に、今日から4月10日までの平日夜間、そして今週末4月4日、4月5日の外出自粛要請を出しました。つくば市では以前からこの状況を想定し備えて来ましたので直ちに対応を切り替えます。

具体的には交流センター、カピオ、ノバホール、図書館、体育施設等、市の施設は基本的に明日4月3日以降の平日夜間と今週末は休館します。各施設の休館詳細については後ほど市のホームページに掲載しますのでご確認ください。市役所での土日の市民窓口については緊急で必要なケースがありますので開庁はしますが、転入届等は通常の14日以内の手続きを延長していますので、どうしても必要な方のみお越し頂くようお願いします。なお、多くの証明書はマイナンバーカードがあればいつでもコンビニのプリンターで取得可能です。学校についてはお伝えしている通り明日保護者に緊急メールで詳細にお伝えしますが、前回のメールで書いた通り登校ができない事態を想定して備えをお願いできれば幸いです。

そして、市民のみなさまもこの外出自粛要請へのご協力をどうかお願いします。都市部ではコロナ疲れとも言われた3月の3連休に多くの人出があり感染が広まってしまった可能性が高いとも指摘されています。医療現場は危機的な状況に近づいています。特に都内や海外との行き来が多いつくば市の都市特性を考えれば感染リスクは一定度以上あります。例えば、つくばエクスプレスのつくば市内4駅の乗車人数は一日平均約3万5000人もいます。

桜も見頃、出かけるにも本当にいい気候になってきているタイミングですが、ここはどうか家に留まってください。桜は来年も咲きます。出かけることは事態が落ち着けばいつでもできます。でも、もし感染をして重症化してしまったら、もし自分がすでに感染をしていて大切な人を感染させてしまったら、来年は来ないかもしれません。観光産業や飲食店の皆様を始め苦境に陥っている方も多くいらっしゃいますが、落ち着いた時点で3月補正で予算を確保した経済対策を実施する準備を整えています。そして市議会からもさらに大きな対策をというご意見をいただいていますので、それらも準備を進めているところです。

もちろん、買い溜め等は不要です。自粛要請は現在のところ平日夜間と今週末限定ですし、市中には食料や飲み物は十二分にありますのでご安心ください。こういう時こそ落ち着いた大人の行動を、次の世代を担うこどもたちに見せられればと思います。

だからどうか、どうしても変更できない予定でないかぎり、まず10日までの平日の夜と今週末は家に留まってください。あなたとあなたの大切な人を守るために、どうかご協力をよろしくお願いいたします。

 

Request to Tsukuba Residents from the Governor of Ibaraki Prefecture (as of April 2)

Dear English speaking residents,

Today(April 2), the governor of Ibaraki Prefecture has formally
requested to the cities and town* residents in Ibaraki to remain at
home this coming weekend all day (April 4 and 5) and all weekday
nights (April 2 to 10).

*Tsukuba, Tsukuba-Mirai, Moriya, Tsuchiura, Ami, Ushiku, Ryugasaki,
Toride and Kamisu

Closed City Facilities

In accordance with this request, all City facilities* will be closed.
- Weekday night : April 3, April 6 to 10 (after 5pm-)
- Weekend: April 4 and 5(all day)
*community centers, Tsukuba CapiO, Nova Hall, Public Library and sport
facilities.

Public Services

- Weekend consultations at the City Hall will be available for those
who are in an emergency.
- Submission of the moving-in, moving-out and change-of-address
notification will not be available on the weekends. Submission
deadlines are now being extended.
- If you have “My Number Card”, you can apply for resident certificate
and some other certificates at convenience stores.

Request to stay at home

- In line with the governor’s request, please do not go to urban areas
during this weekend.

Please do not panic-buy

- If you buy more than you need, people cannot get what they need,
despite a sufficient food supply. Please don’t panic-buy or over-stock
up on food and daily essentials at supermarkets or convenience stores.

Once again, we strongly request that you stay home weekday nights
(April 2 to 10) and this weekend all day (April 4 and 5), unless you
can’t make any changes to your schedule.

We need your help and cooperation to protect you and your loved ones.

PDFファイルをご覧いただくには、「Adobe(R) Reader(R)」が必要です。お持ちでない方はアドビシステムズ社のサイト(新しいウィンドウ)からダウンロード(無料)してください。

このページに関するお問い合わせ

つくば市役所
〒305-8555 つくば市研究学園一丁目1番地1
電話:029-883-1111(代表)