ここから本文です。

新型コロナウイルス感染症患者の市内発生について

このページの情報をツイッターでツイートできます
このページの情報をラインでシェアできます

ページ番号1009853  更新日 2020年4月6日

印刷 大きな文字で印刷

県内発生の状況について(随時更新)

新型コロナウイルス感染症患者の県内の発生状況は、以下の茨城県ホームページに掲載されています。
正しい情報に基づいて、落ち着いて対応ください。

県内68、69例目の陽性結果について五十嵐市長コメント(2020年4月6日)

本日午後20時半より茨城県の木庭保健福祉部長が会見し、アレーテル・つくばの施設職員及び入所者のPCR検査結果について発表があり、2名の陽性(県内68、69例目)が確認されました。

陽性発表の内訳については、施設職員1名(40歳代女性、居住地土浦市内)、入所者1名(90歳代女性・居住地つくば市内)となっています。2名とも軽症とのことです。

なお、新型コロナウイルスの対応については、今後も長期化することが予想されます。市内感染者発表に関する市長コメントについては、これまで、当日の発表を行ってきましたが、感染者の状況把握やホームページアップの作業など、深夜に及ぶ業務が続いています。今後は、県の発表を直接御覧頂けるように変更し、特に重要な局面では市長コメントと英文を発表する対応に変更させて頂きます。

県内59例目の濃厚接触者の検査結果等について五十嵐市長コメント(2020年4月5日)

4月5日、茨城県から県内59例目の患者(30歳代男性、つくば市在住)の濃厚接触者4名に対し、PCR検査を実施し4名とも陰性との発表がありました。県では、濃厚接触者に対する健康観察を、患者との最終接触日から2週間実施するとのことです。

また、合わせて、4月4日、県内2例目の患者(20歳代男性、つくば市在住)について、国の定める「退院に関する基準」に基づく2回のPCR検査を実施した結果、陰性が確認されたことから退院されたと発表がありました。

県内59例目の陽性結果について五十嵐市長コメント(2020年4月4日)English below

本日(4月4日)茨城県から県内59例目の陽性例が発表され、つくば市在住ということが確認されました。

県からの情報共有によると、30歳男性、都内へ通勤する会社員、最近の海外渡航歴はなしとのことです。

当該患者は医療機関に入院予定であり、病状は安定しており(軽症)、濃厚接触者については現在調査中ですが、把握した濃厚接触者(家族等)についてはPCR検査及び健康観察を実施していくということです。

今後も県と密に情報を共有していきます。

 

COVID-19 updates (As of April 4) Confirmed Cases in Tsukuba

[Provisional translation]

Profile of case #59 in Ibaraki

Age: 30s
Gender: Male
Nationality: Japanese
Resident of: Tsukuba
Work place: Office worker (Tokyo)
Recent travel history to abroad: None

Behavior Tracking

- 22 to 25 March: Fever around 38C
- 26 to 28 March: No symptoms
- 29 to 31 March: Fever around 38C, nasal discharged and throat pain.
- 3 April: Contacted the Returnee and Contact Consultation Center.
and his samples was collected for PCR testing.
- 4 April: PCR test came out Positive. at the Institute of Public Health facility.

Other

* Condition of case #59 is stable and scheduled to be hospitalized.
* Contact investigation is being conducted for close contacts, and PCR tests and health monitoring are being conducted for identified close contacts.

県内50、51、52例目(県内16例目の濃厚接触者)の陽性結果について五十嵐市長コメント(2020年4月3日)English below

本日午後20時半より茨城県の木庭保健福祉部長が会見し、アレーテル・つくばでの県内16例目の陽性患者の濃厚接触者等114名のPCR検査結果について発表があり、3名の陽性(県内50、51、52例目)が確認されました。現在、無症状とのことです。

陽性発表の内訳については、施設入所者3名(90歳代女性・居住地つくば市内、90歳代女性・居住地つくば市内、80歳代女性・居住地つくば市内)となっています。

県は引き続き患者の濃厚接触者については、PCR検査及び健康観察を実施していくとのことですので、県と情報を共有し、みなさまにお知らせします。

また、4月2日、大井川知事がつくば市を含む県南地区の自治体を中心に、外出自粛要請を出したことを受け、市では、ホームページ、SNS以外にも、広報車両、消防車両、区会、消防団、緊急メール、ケーブルテレビ、コミュニティFM等で周知を行うとともに、一部を除く市有施設等の休館やイベント等の中止を決定し周知をしました。

さらに、市内大型ショッピングセンター等も営業規模を縮小するなどの対応をしていただいており、市域全体で感染予防への意識を高めていただいていることを感じます。

みなさまのご協力に感謝するとともに、あらためて重要な週末の2日間の自宅待機をよろしくお願いいたします。

なお、本日、日本財団が記者会見を行い、今後の新型コロナウイルスの感染拡大に向けて患者を受け入れる合計1万床を用意するため、東京お台場にある船の科学館の敷地に4月末、つくば市内にある日本財団の研究所跡地に7月末に受け入れ施設を整備する計画を発表しました。つくば市には事前の連絡や調整は一切なく、記者会見によると東京都や厚労省にも事前の情報提供はなかったようです。つくば市にとっては極めて大きな影響のある発表内容であり、日本財団からの情報収集を進めていきます。

 

COVID-19 updates (As of April 3) Cases in Tsukuba

[Provisional translation]

-Today (April 3), PCR tests were conducted to 114 persons who had close contact with people who had been confirmed positive at the seniors home Arehteru-Tsukuba, and 3 cases are newly found to be positive among them.

- All of the 3 cases (#50, #51, #52 in Ibaraki) are residents of the seniors home Arehteru-Tsukuba, and further PCR testing for people who had close contact is going to be conducted.

Profile of confirmed cases

Case #50
- Age: 90s
- Gender: female
- Resident of Tsukuba
- No symptoms

Case #51
- Age: 90s
- Gender: female
- Resident of Tsukuba
- No symptoms

Case #52
- Age: 80s
- Gender: female
- Resident of Tsukuba
- No symptoms

Results of PCR tests for close contacts

- 68 residents of seniors home ... 3 positive and 65 negative
- 20 ambulatory residents of seniors home ... 20 negative
- 26 staffs of seniors home ... 26 negative

* Close contacts of case #50, #51, #52 are now being identified.
* PCR test and health monitoring are being conducted for identified
close contacts.

県内33、34、35、36、37例目(県内16例目の濃厚接触者)の陽性結果について五十嵐市長コメント(2020年4月1日)English below

本日午後10時より茨城県の木庭保健福祉部長が会見し、アレーテル・つくばでの県内16例目の陽性患者の濃厚接触者等30名に本日PCR検査を行ったところ5名の陽性(県内33、34、35、36、37例目)が確認されたと発表がありました。あわせて県内2名の死亡等についても説明がありました。

亡くなられた方に心からお悔やみを申し上げます。

アレーテル・つくば関連の陽性発表の内訳については、施設入所者5名(90歳代男性・居住地つくば市内、90歳代女性・居住地つくば市内、80歳代女性・居住地桜川市内、80歳代女性・居住地つくば市内、90歳代男性・居住地つくば市内)となっています。

県は引き続き濃厚接触者とそれ以外の関係者含めPCR検査を実施していく予定です。 会見では県保健福祉部長が当該施設について厚生労働省クラスター対策班の派遣を本日要請したと述べています。

本日は国の専門家会議の会見もあり、市内での感染状況等を踏まえ、あらゆる事態に備えて今後のつくば市での学校再開に関する検討を行っているところです。学校再開に関する方針は4月3日(金曜日)に保護者への緊急メール及び市のホームページでお知らせしたいと思います。

Coronavirus disease: cases in Tsukuba and Ibaraki Prefecture Latest timeline of the confirmed cases (as of 1 April 2020)

[Provisional translation]
Today PCR tests were conducted to 30 persons who have had close contact with the existing positive cases at the seniors home Arehteru-Tsukuba, and 5 cases are newly found to be positive among them.

Profile of the newly confirmed cases:

Case #33:
- Gender: male
- Age: 90s
- Resident of Tsukuba

Case #34
- Gender: female
- Age: 90s
- Resident of Tsukuba

Case #35
- Gender: female
- Age: 80s
- Resident of Sakuragawa-city

Case #36
- Gender: female
- Age: 80s
- Resident of Tsukuba

Case #37
- Gender: male
- Age: 90s
- Resident of Tsukuba

*All of the 5 cases (#33, #34, #35, #36, #37) are residents of the seniors home Arehteru-Tsukuba, and investigations for their close contact are being conducted.

県内22、23、24例目(県内16例目の濃厚接触者)の陽性結果について五十嵐市長コメント(2020年3月31日)English below

本日20時30分より、茨城県の木庭保健福祉部長が会見し、県内で4名の陽性が確認されたと発表がありました。
そのうち3名の県内22、23、24例目については、県内16例目の患者が働く施設(アレーテル・つくば)の入所者2名(80歳代男性・居住地つくば市内、70歳代男性・居住地桜川市)と施設職員(20歳代女性・居住地つくば市内)でした。

県は引き続き濃厚接触者とそれ以外の関係者含め、幅広く約170名についてPCR検査を実施していく予定です。

会見で県保健福祉部長から当該施設についてクラスター発生の可能性が高いということも述べられています。
感染者の拡大を防ぐため、県と対応を進めて行きます。

 

Coronavirus Disease: Cases in Tsukuba and Ibaraki Prefecture
Newest timeline of the confirmed cases. (As of March 31 2020, Ibaraki)

[Provisional translation]

-Today (March 31), PCR tests were conducted to 30 persons who had close contact with case #16 (a staff of seniors home Arehteru-Tsukuba) .
- Three of them (2 residents and 1 staff of the seniors home) were found to be Positive: case #22, #23, #24 in Ibaraki.
-An active epidemiological investigation, including identification of their close contacts, is being conducted.

Profile of confirmed cases

Case #22 (a resident of seniors home Arehteru-Tsukuba)

Age: 80s
Gender: male
Nationality: Japanese
Resident of: Tsukuba
Work place: none
Recent travel history to overseas: None

Behavior Tracking

March 29: Fever around 38C
March 31: PCR test was conducted by Institute of Public Health Ibaraki and the result was Positive.
- He is scheduled to be hospitalized.

Case #23 (a resident of seniors home Arehteru-Tsukuba)

Age: 70s
Gender: male
Nationality: Japanese
Resident of: Sakuragawa, Ibaraki
Work place: none
Recent travel history to overseas: None

Behavior Tracking

March 30: Fever around 38C
March 31: PCR test was conducted by Institute of Public Health Ibaraki and the result was Positive.
- He is scheduled to be hospitalized.

Case #24 (a staff of seniors home Arehteru-Tsukuba)

Age: 20s
Gender: female
Nationality: Foreign national
Resident of: Tsukuba, Ibaraki
Work place: staff of the seniors home
Recent travel history to overseas: None

Behavior Tracking

March 29: Coughing at night
March 31: PCR test was conducted by Institute of Public Health Ibaraki and the result was Positive.
- She is scheduled to be hospitalized.

Results of PCR tests for close contacts of case #16

8 Residents of seniors home ... 2 positive and 6 negative
22 Staffs of seniors home ... 1 positive and 21 negative

* Close contacts of case #22, #23, #24 are now being identified.
* PCR test and health monitoring are being conducted for identified close contacts of case #16.

県内17例目(県内16例目の濃厚接触者)の陽性結果について五十嵐市長コメント(2020年3月30日)English below

本日21時に、県から3月28日に発表された16例目の40代女性(施設職員)の濃厚接触者6名の検査結果が発表されそのうち1名の陽性が確認されました。

90歳代の女性、16例目の患者が勤務する施設入所者で、現在症状は安定しています。その他の患者家族2名、施設入所者2名、施設職員1名については陰性でしたが、県ではこの患者の濃厚接触者の調査をするとともに、施設内ということもあり引き続き16例目の患者の濃厚接触者についてPCR検査と健康観察を実施していきます。

引き続き県と情報を共有し、みなさまにお知らせします。

 

Coronavirus Disease: Cases in Tsukuba and Ibaraki Prefecture
Newest timeline of the confirmed cases. (As of March 30 2020, Ibaraki)

[Provisional translation]

-Today (March 30), PCR tests were conducted to six persons who had close contact with case #16.
- One of them (a resident of seniors home Arehteru-Tsukuba) was found to be Positive: case #17 in Ibaraki.
-An active epidemiological investigation, including identification of her close contacts, is being conducted.

Profile of case #17 (a resident of seniors home Arehteru-Tsukuba)

Age: 90s
Gender: Female
Nationality: Japanese
Resident of: Tsukuba
Work place: none
Recent travel history to overseas: None

Behavior Tracking

March 28: Fever around 38C
March 30: Institute of Public Health Ibaraki collected her samples were collected for PCR test, and it came out Positive.
* Condition of case #17 is now stable and she is scheduled to be hospitalized.

Results of PCR tests for close contacts of case #16

 - Family of case #16 patient ... two people, both are negative, no symptoms
 - Residents of seniors home ... three people, one positive and twonegative, all have a fever
 - Staff of seniors home ... one person, negative, have a fever

Other

 - Close contacts of case #17 are now being identified.
 - PCR test and health monitoring are being conducted for identified close contacts of case #16.

県内16例目の陽性例の続報について五十嵐市長コメント(2020年3月29日)

県から昨日発表された16例目の40代女性についての続報が発表されました。

施設職員(医療法人社団恵仁会 介護老人保健施設アレーテル・つくば、つくば市北条)で現在は入院中、症状は安定。当該施設は新規受入を中止し消毒実施済みで、3/21からショートステイの利用はなく、28日から中止、3/27から通所リハビリテーションも中止、訪問介護も中止予定です。濃厚接触者については引き続き調査中です。

今後も続報が入り次第みなさまにお知らせします。

県内16例目の陽性結果について五十嵐市長コメント(2020年3月28日)

本日茨城県より県内16例目の陽性例が発表され、つくば市在住者であることが確認されました。40代女性、濃厚接触者や行動履歴は現在調査中とのことです。

引き続き情報が入り次第迅速にみなさまにお知らせします。

県内11例目(県内9例目の濃厚接触者)の陽性結果について五十嵐市長コメント(2020年3月27日)English below

本日17時より茨城県の木庭保健福祉部長が会見し、県内9例目(ダンス講師)の濃厚接触者の検査結果で陽性が1名確認されたと発表されました。つくば市内在住の50歳代の女性で団体職員、ダンス教室で生徒としてソロレッスンを受けていました。症状は軽症で現在入院調整中で、県による濃厚接触者の調査が行われていきます。

9例目の濃厚接触者や教室の通所者の調査について、県は濃厚接触者に限らず幅広く調査を考え、国立感染症研究所の協力を得ることも示されました。なお、教室の通所者につくば市役所の職員が1名含まれており、現在県の指導のもと自宅待機中です。当該職員と会議で同席した市民2名については特定できており、市役所から連絡を取り対応しています。当該職員本人、市民2名ともに無症状の状態です。先程も木庭部長と直接電話して方針等について確認したところですが、今後も県と密に情報を共有しみなさまにお伝えしていきます。

また、県知事からあらためて「都市部への不要不急の移動についての自粛」が要請されました。みなさまのご協力をよろしくお願いいたします。

 

Summary updates of COVID-19: Tsukuba and Ibaraki Prefecture (as of 27 March 2020 5 PM)

Announcement from Ibaraki Prefectural Government

[Provisional translation]

- PCR test was conducted to the close contact of case #9 (Male dance teacher in his 40s) and the test turned out to be positive.

- Epidemiological survey is being conducted including identifying close contacts of case #11.

-The Governor requested again people of Ibaraki to refrain from non-essential trips to urban area.

Profile of case #11 in Ibaraki

・A female in her 50s who lives in Tsukuba. She is an employee of an association. Close contact of case #9.

Symptoms, follow-up and behavior tracking

・March 7 and 14: Private lesson at the dance studio
・March 18: High body temperature (37 degrees) with malaise and left work early
・March 19 to 23: High body temperature (36 to 37 degrees) , malaise and cough.
・March 24: Periodical health check-up.
・March 26: Close contact of case #9, after symptoms of coughing, Tsukuba Health Office introduced Returnee and Contact Consultation Center and collected her sample.
・March 27: PCR test was conducted at Ibaraki Institute of Public Health. The test turned out to be positive.

Others

・Medical treatment at home from March 19
・Symptom is mild. Scheduled to be hospitalized
・Close contacts are under investigation
・One of the dance school student was included a Tsukuba city hall staff, who is now staying at home (self-quarantine) under instruction of the Ibaraki prefectural government. Two citizens who had meeting with this city hall staff are identified. Those three above have been no symptoms

Further schedule

・After identification of close contacts of case #11, PCR test and Behavioral Survey will be conducted.
・The Prefectural Government requested the staff of National Institute of Infectious Disease to investigate close contact of case #9.

県内9例目の濃厚接触者の検査結果について五十嵐市長コメント(2020年3月26日) English below

3月24日に県から発表された県内9例目の陽性患者であるダンス講師について、濃厚接触者2名(職場同僚とその家族)の検査結果が陰性と本日判明したことが県から情報提供ありました。引き続き県では調査を進めて頂いています。

茨城県では大井川知事がすでに3月25日に都市部など感染が拡大している地域への移動について慎重な判断をするよう県民に要請を出しており、私からも市民の皆様にご協力をお願いさせて頂いています。

つくば市内や茨城県内の陽性例はこれまでのところ感染経路がほぼ追跡できていますが、都内ではこれまでも感染経路の明らかでないケースが多くあり連日陽性例も増えています。

改めて皆様のご協力をよろしくお願いします。

 

Updates of COVID-19: Tsukuba and Ibaraki Prefecture (as of 26 March 2020)

[Provisional translation]

-As for case #9 (Male dance teacher in his 40s), PCR tests were conducted to two people (his colleague and family) who had close contact with case #9 came out negative.

-Other infection route through case #9 is still under investigation.

-The Governor requested that traveling to urban area or where the infection is now spreading must be judged carefully. Thank you for your cooperation.

- We are still able to track infection routes for Tsukuba and Ibaraki prefecture, but in Tokyo metropolitan area, positive cases are increasing day by day, and some of those infection routes are unidentified.

 

濃厚接触者の検査結果の続報について五十嵐市長コメント(2020年3月25日)English below

本日10時半より大井川知事が記者会見を行い、県内5例目の筑波記念病院の陽性患者の濃厚接触者27名及び入院患者4名、退院予定者4名の計35名にPCR検査を実施したところ、既に昨日陽性が発表された患者の家族2名・家政婦1名の計3名を除いて医療従事者や2名の家政婦、同一入院病棟の入院患者、退院予定者を含む全員の陰性が確認されたことが発表されました。

今回のPCR検査は濃厚接触者と想定される範囲よりも幅広く検査を行っており、県としては院内感染の疑いは無くなったと判断しており、感染経路についてはダンス講師の可能性を調査しているとのことです。

なお、本件については当初より公益性の観点から筑波記念病院が病院名の公表に同意しているものであり、そのことによって多くの必要な対応を迅速に行うことが可能になっています。くれぐれも今後、病院関係者や陽性患者等への差別的な対応がなきようご配慮いただきますようお願いします。

知事会見では、これまでの茨城県内の感染源としては海外からのものが4例であることを踏まえ、帰国された方は引き続き2週間の自宅待機と「帰国者・接触者相談センター」への連絡をお願いしたいとの発言がありました。
また、県内で発症している土浦と牛久の患者は2名とも都内への行き来があり、土浦の患者については勤務先の都内病院(台東区・永寿総合病院)で院内感染が発生しているとのことでした。

現時点では県内では基本的に感染ルートが追えており、クラスターが発生している状況ではないことを踏まえ、知事から都市部などの感染拡大地域への移動については慎重に判断をお願いしたいこと、在宅勤務やフレックスタイムに協力をお願いしたいということが表明されました。

引き続き市民の皆様のご協力をよろしくお願いいたします。

Cases in Tsukuba and Ibaraki Prefecture : Newest timeline of the confirmed cases (as of 25 March 2020)

[Provisional translation]

-PCR test was conducted to 35 people (including the 27 close contacts of case #5, four hospitalized patients, and four patients that were scheduled to be discharged).

-PCR test came out negative for other than those three patients (case #6, #7 and #8) who were announced positive yesterday.

-The Governor considered that there are no possibility of the infection incurred while hospitalized at the Tsukuba Memorial Hospital.

-Infection route through case #9 (Male dance teacher in his 40s) is under investigation.

-Both two patients (case #4 who lives in Tsuchiura city, case #10 who lives in Ushiku city) were confirmed that they had been traveling to Tokyo.

-For case #4 in Ibaraki, it was confirmed that the infection incurred while hospitalized at Eiju General Hospital located in Taito Ward of Tokyo where case #4 was working.

- Since the infection route is still able to track, cluster infection is not happening at present.

-The Governor asked that traveling to urban area or where the infection is now spreading must be judged carefully and also requested cooperation to adopt remote work and flex time work.

-The Governor asked those who have returned from overseas to stay at home (self-quarantine for two weeks from the date you arrived) and contact Returnee and Contact Consultation Center.

濃厚接触者の検査結果についての五十嵐市長コメント(2020年3月24日)English below

本日20時より茨城県の木庭保健福祉部長が会見をしました。
昨日陽性が判明した記念病院の入院患者の濃厚接触者について、妻・娘・家政婦が陽性、看護にあたった看護師2名が陰性、残りの濃厚接触者の医療従事者については検査の結果を待っているということでした。

また、市内在住の別の男性の陽性も発表されました。40代の男性でダンス講師、1/20~2/1にイタリア渡航歴が有ります。そして、このダンス講師の男性が、記念病院の陽性となった5例目の患者と妻にダンスレッスンを行っていたことがわかっています。今後、残りの医療従事者の濃厚接触者の結果とともに、ダンス講師の男性の濃厚接触者についての調査が進められます。そして、その濃厚接触者が陽性であれば、さらにその濃厚接触者を、という形で調査を進めていくことになります。

陽性者が増えてきていてご不安の方も多いと思いますが、現段階では市内では感染経路がある程度わかっています。また、世界各国の事例を見ても8割が軽症者という症例であり、重要なことは患者の重篤化を防ぐことにあります。そのためには、爆発的な感染拡大を起こさずに重症者が治療されるよう医療環境を守る必要があります。1カ月前に行った学校休校期間中の学校での受け入れ判断も医療環境を守ることを目的の一つとしていました。

今後も国の専門家会議で示されているように「密閉され、密集していて、発声がある」の3条件の重なりを起こさないことをあらためてお願いし、みなさまには引き続き落ち着いて、感染拡大防止へのご協力をお願いいたします。

 

Mayor Igarashi’s comment on the test results of the close contacts of a COVID-19 patient (following Mar 24th announcement from the prefecture)

Tonight at 8 p.m, Dr. Koba, Director of the Health and Welfare Department of the Ibaraki Prefectural government held a conference.

As for the close contacts of the hospitalized patients who were found positive yesterday, his wife, daughter and their housekeeper were confirmed positive. Two nurses who were nursing him were found negative, and test results for the remaining close contacts (medical workers) are being awaited.

In addition, another positive case of a man living in Tsukuba was also announced. He is a dance teacher in his forties and has traveled to Italy from January 20th to February 1st. And it was found that this instructor gave dance lessons to the fifth patient (in the prefecture) who were later found positive while in bed at the Tsukuba Memorial Hospital, as well as to his wife. While awaiting the results of the remaining medical professionals (close contacts of the fifth patient), the next step is to conduct a survey on the dance teacher's close contacts. If any of the aforementioned close contacts is tested positive, further investigation will take place to identify their close contacts and test those identified.

I believe many people are feeling anxious as the number of positive cases has been on the rise, yet at this stage we still know, to some extent, the infection route within the city. Furthermore, 80% of infected cases all over the world are mild, and the important thing is to prevent patients from becoming more severe. To do so, we need to protect our medical environment so that severely ill persons can receive a treatment without causing an explosive spread of the disease. One of the objectives of the city's decision last month to accept students during the school shutdown was precisely to secure such environment.

As indicated by the country's expert panel on the Coronavirus disease control, I once again urge people to refrain from joining, or creating a situation where three conditions of "confined, dense, and utterance" happen at the same time, to continue to maintain calm and to cooperate us in preventing the disease from spreading.

 

市内2例目の陽性について五十嵐市長コメント(2020年3月23日)English below

市内2例目の陽性が確認され大井川知事から発表されました。

80代男性で3月11日から肺炎と診断され筑波記念病院に入院していた方で、その時点では新型コロナウイルスとは判断されていなかったのですが昨日検査が実施され、本日陽性が判明しました。

知事から、本人は自宅・病院・病院付属のリハビリ施設のみを行き来していたので濃厚接触者は限定的であり、また外来患者が来る場所へは行っていないと説明がありましたが、現在県で行動履歴、感染経路、濃厚接触者等の確認を進めており、今後数日間で感染ルートを絞れるかによって二、三日後に県として市内の集会等の活動の自粛要請等を出す可能性もあります。

記者会見前に大井川知事から電話があり直接話し情報を共有していますが、今後も県と密に情報を共有し対応を検討し随時皆様にお知らせします。

なお、市では早急に筑波記念病院にマスク3,000枚を届けました。市内病院での感染等が発生した場合に大量のマスクが必要になることを想定してマスクを備蓄していました。

感染等のご不安のある方は下記の連絡先にご連絡をお願いします。皆様に安心していただき、市民生活を守るため、市としてもできる限りのことを行います。引き続きご協力をよろしくお願いいたします。

 

The 2nd confirmed case of a Tsukuba resident's COVID-19 infection(Mar 23)

Comment from Mayor Igarashi about another confirmed case of COVID-19 in Tsukuba

Governor Oigawa of Ibaraki pref. announced the second positive case of COVID-19 in Tsukuba.

A man whose age in his 80s has been hospitalized due to pneumonia since March 11th.  Initially, he was not diagnosed with the new coronavirus disease.

A PCR test was conducted yesterday (March 22nd) and today the result turned out to be positive.

Governor Oigawa explained that people who had close contact with the patient in the hospital is limited since the patient only traveled between home, the hospital and the rehabilitation facility of the hospital.

Ibaraki prefecture is now conducting his behavior tracking, investigating infection route and those who have been in close contact with the patient. The prefecture may request self-restraint for any activities such as meetings or gatherings depending on whether infection route is identified in the next few days.

Before the press conference, I had a phone conversation with Governor Oigawa to exchange information about this confirmed case. Any updates or changes made will be announced as needed with maintain close communication with the prefecture.

The City of Tsukuba immediat ely delivered 3,000 masks to the Tsukuba Memorial Hospital from our stockpile of masks in case of infection occurring in a hospital within Tsukuba.

If you feel anxious about the infection or anything else, please contact Tsukuba Health Office or Ibaraki Prefectural Office.

We take appropriate measures as much as possible to protect our citizens and provide people in Tsukuba a peace of mind.

We ask for your kind understanding and cooperation.

 

つくば市内における新型コロナウイルス感染症患者発生についての五十嵐市長コメント(2020年3月19日)

昨日(3月18日)大井川知事から発表された県内2例目の陽性確認について、本日(3月19日)朝9時半より再び知事の記者会見が行われました。当初、地域などの公表は本人の希望により差し控えるとのことでしたが、公表に本人が同意し、つくば市在住であることが発表されました。

県からの情報共有によると、本人は旅行中から発熱が有り、保健所に連絡した上で帰宅、自宅待機をし、現在は入院中です。まだ調査中ではありますが、保健所の指導により空港から自宅へも家族の車で移動し、その後は本人も両親も自宅にとどまったとのことで、現段階では県内・市内における濃厚接触者は同居の両親と旅行に同行した1名が想定されています。濃厚接触者3名のPCR検査が本日行われるとともに、行動調査が行われますので、今後も県と密に情報を共有していきます。

みなさまにおかれましては感染予防に努めながら引き続き落ち着いて行動をしていただくことをあらためてお願いすると同時に、県知事からの要請に基づき、3月4日以降に海外から帰国された方は「帰国日から14日間」※自宅待機の上、帰国者・接触者相談センターへご連絡いただきますようよろしくお願いします。
(※3月21日「」部分追記しました)

 

Confirmed case of a Tsukuba resident's COVID-19 infection(Mar 19)

Another press conference by the Governor Oigawa was held at nine thirty a.m. today to provide additional information to the yesterday's announcement regarding the confirmation of the second positive test in the prefecture.

Initially, information of the patient such as the area of residency was withheld at the request of the person, but he agreed it to be disclosed and it was announced that he is a resident of the City of Tsukuba.

According to the information provided by the prefecture, the patient had a high body temperature while on travel, and t elephoned the public health center before going home where remained upon return.

Currently, he is being hospitalized. The case is still under investigation, and what is known at the moment is that he moved from the airport to his home by his family's car following the guidance of the health center, and both himself and his parents stayed at home.

His parents and one person accompanied his trip are considered to have been in close contact with him. A PCR test of the above three persons who had a close contact with the patient will be conducted today along with a behavioral survey, and we will continue to be in close communication with the prefecture.

I would like to ask everyone to continue to maintain calm while striving to prevent infection, and ask those who have returned from overseas on March 4th onward to remain at home (self-quarantine for 14 days from the date you arrived)* and contact the Returnee and Contact Consultation Center.
(* added on Mar.21)

 


新型コロナウイルス感染症電話相談窓口・帰国者・接触者相談センター

● つくば保健所:029-851-9287
 【平日 午前9時~午後5時】

※茨城県内滞在の外国人向け英語専用相談窓口
● つくば保健所:029-859-5000
 【平日 午前9時から午後5時】(ただし正午~午後1時を除く)

●茨城県庁:029-301-3200
【24時間対応(土日・祝祭日を含む)】

Returnee and Contact Consultation Center for New Coronavirus Infections

English Consultation Center for recent arrivals and people who have been exposed to a person with confirmed COVID-19.

If you cannot speak Japanese, please call or send an E Mail below

● Tsukuba Health Center
 : 029-859-5000 (for English speakers)
 Weekdays, 9 AM to 5 PM (except from noon ~1 PM)

● Ibaraki Prefectural Office (E mail)
 : yobo@pref.ibaraki.lg.jp (Only available in English)
  (recommended information for E mail on arrival from overseas)
  -Name
  -Nationality
  -Address in Japan (especially in Ibaraki Pref.)
  -Visited country and schedule
  -Health condition
  -Whether you remain at home or not

If you speak Japanese, please call

● Tsukuba Health Center
 : 029-851-9287 (Only available in Japanese)
[Weekdays, 9 AM to 5 PM]

or

● Ibaraki Prefecture Returnee and Contact Consultation Center
 : 029-301-3200 (Only available in Japanese)
[24/7 including weekends and holidays]

PDFファイルをご覧いただくには、「Adobe(R) Reader(R)」が必要です。お持ちでない方はアドビシステムズ社のサイト(新しいウィンドウ)からダウンロード(無料)してください。

このページに関するお問い合わせ

保健福祉部 健康増進課
〒305-8555 つくば市研究学園一丁目1番地1
電話:029-883-1111(代表) ファクス:029-868-7535
お問い合わせは専用フォームをご利用ください。