ここから本文です。

第118回つくば人間学講座「ひとりぼっちをつくらない。本当の居場所とは?」令和元年9月28日

このページの情報をツイッターでツイートできます
このページの情報をラインでシェアできます

ページ番号1008074  更新日 2019年10月25日

印刷 大きな文字で印刷

イベントカテゴリ: イベント 講座・教室 文化・芸術

このイベントは終了しました。

ひとりぼっちをつくらない。本当の居場所とは? 無料 申込不要 先着100名

第119回公演様子

開催日

2019年9月28日(土曜日)

開催時間

午後2時 から 午後4時 まで

(講演終了後フリートークあり)
開場 午後1時30分

開催場所

つくばイノベーションプラザ 3階大会議室
つくばイノベーションプラザ

内容

118回目となる今回は「ひとりぼっちを作らない本当の居場所づくり」を目指し、シェアハウスとボードゲームバーを運営する、NPO「いろり」代表の木本一颯氏を講師としてお招きしました。木本さんの活動を支援している方々にもご参加いただき、講演後には場所を移し、木本さんを囲んでじっくりとお話する時間もありました。

 

講演では、学生時代にはサークルのリーダーであったこと、一年間ピースボートで世界一周するような活発な学生生活を送ったこと、卒業後の就職での挫折など、ご自身の経験をお話いただきました。そして、一年間勤務する中で精神不調となり退職し、大変つらい時を過ごした経験を踏まえ、今度は自分がつらい思いをしている人の“居場所づくり”をしたいと考えたことが、現在の活動につながっていると伺いました。

 

現在の日本での引きこもりの多さとその深刻さについて話され、「何とかしなければ」という想いが伝わってきました。また、同時に自分ひとりでできることには限界があるので、講演に来られた方一人ひとりにご理解いただき、お知り合いに伝えていただくことで社会全体の理解が進んでいき、少しずつ社会を変えていくきっかけとしたいという思いの強さを感じました。

 

「今、多くの人が社会でつまづいたり生きづらさを抱えています。そんな人たちに、つらい思いをしているあなたは何も悪くないと伝えたいです。そして、そのような人のために安心していられる居場所をつくりたいです。居場所は“場所”ではなく“人”であり、あなたが居場所になれることもあります」と木本さんは、会場の皆さんに熱く語りかけていました。

 

 

【アンケート抜粋】

  • ひきこもりは普通にあちこちで聞かれますが、その実態や原因について知りたくて参加しました。詳細についてお話いただきありがとうございました。
  • せわしなく余裕のない社会で、基本的な安心できるくらしとして衣食住そして心の回復:まずは本当の気持ちを話せる居場所づくりの取り組みを応援したいと思います。(心より)自分のできることから。
  • 他の個性を認めることさえすれば、相手の気持ちを理解でき、それが居場所となることがわかった。
  • ぜひ、学校で講座をしていただきたい。
申込み

不要

先着100名(満席の場合は入場をお断りします。ご了承ください。)

費用
無料
会場には駐車場がありませんので、各自でお近くの有料駐車場をご利用ください。
講師

木本 一颯(きもと かずさ) 氏

1992年 生まれ。千葉県出身
2016年 筑波大学哲学科卒業
銀座でコンサルタントを勤めるも精神的不調で退職
友人に電話すると、坂東市の実家に誘ってくれ2週間ほどのんびりと過ごす。

環境が変わったことや、友人の家族や近所の人のやさしさもあり世界が広がる。

悩める人を救うため、坂東市で友人とともにシェアハウスを共同経営。
リバ邸茨城の立ち上げに携わる。
2018年 リバ邸を独立。つくばで「いろり」を立ち上げる。

 

※講師の読み仮名を誤ってご案内してしまいました。木本様及び関係者の皆様には、ご迷惑をおかけして申し訳ありませんでした。お詫びして訂正いたします。

主催
つくば人間学講座実行委員会、つくば市
問い合わせ
つくば市教育局生涯学習推進課

イベント情報をGoogleカレンダーまたはiPhone・iPad端末のカレンダーに取り込めます。
カレンダーへの取り込みについて説明を読む

PDFファイルをご覧いただくには、「Adobe(R) Reader(R)」が必要です。お持ちでない方はアドビシステムズ社のサイト(新しいウィンドウ)からダウンロード(無料)してください。

このページに関するお問い合わせ

教育局 生涯学習推進課
〒305-8555 つくば市研究学園一丁目1番地1
電話:029-883-1111(代表) ファクス:029-868-7533
お問い合わせは専用フォームをご利用ください。