ここから本文です。

第117回つくば人間学講座「建築家が夢みたユートピアTSUKUBA」令和元年7月6日

このページの情報をツイッターでツイートできます
このページの情報をラインでシェアできます

ページ番号1007538  更新日 2019年8月7日

印刷 大きな文字で印刷

イベントカテゴリ: イベント 講座・教室 文化・芸術

このイベントは終了しました。

建築家が夢みたユートピアTSUKUBA 無料 申込不要 先着100名

永井氏による講演

建築家の思いが築いた建物の画像を紹介しながらの話

 

 

〈アンケートより〉

つくばに有名な建築家の関わりやこだわりがあり感激!

建築づくりの面白みや見どころを学んだ。

時代に合った建築や歴史を知ることができよかった。

建築中の裏話が面白かった。

講演終了後の施設見学(つくばセンター広場、オークラフロンティアホテル、南3駐車場、つくばカピオ)

つくばカピオ

 

 

〈アンケートより〉

建築を知らない人もその面白さを感じる内容で、とても興味深かった。

身近な建築物の中に深い意味があることを知り興味深かった。

カピオのこだわりの話新たな発見、面白かった。

開催日

2019年7月6日(土曜日)

開催時間

午後2時 から 午後4時 まで

(見学を希望する方は17時頃まで)
開場 午後1時30分

開催場所

つくばイノベーションプラザ 3階大会議室
つくばイノベーションプラザ

内容

2019年3月、「つくばセンタービル」を設計された磯崎新氏が「建築界のノーベル賞」とも言われる「プリツカ―賞」を受賞されました。つくばには、ニューヨーク近代美術館設計者谷口吉生氏によるカピオ、京都駅設計者原広司氏による竹園西小学校、やはりプリツカ―賞受賞者伊東豊雄氏による南3駐車場など、日本を代表する建築家による建物や公園などが数多くあります。まさに建築博物館都市TSUKUBAと言えます。
その斬新なデザイン、驚くべき仕掛けには、建築家たちのどんな思いが込められているのでしょうか?そして建築家たちはつくばにどんな夢を見たのでしょうか?
日頃、何気なく眺めている建築物に改めてスポットライトを当てます。
なお、講座終了後には、つくばセンター広場・オークラホテル・南3駐車場・カピオを見学します。(自由参加)

申込み

不要

先着100名(満席の場合は入場をお断りします。ご了承ください。)

費用
無料
会場には駐車場がありませんので、各自でお近くの有料駐車場をご利用ください。
講師

永井 正毅(ながい まさたけ)氏

特定非営利活動法人つくば建築研究会副理事長
独)UR都市機構東日本賃貸住宅本部
再開発工事事務所長

 

1965年茨城県日立市生まれ
1992年千葉大学大学院建築学専攻修了
同年住宅・都市整備公団(現UR都市機構入社
1994年つくば開発局都市整備部建築課勤務
つくばカピオ(谷口吉生)、
ひたち野リフレ(妹島和世)を担当
2011年宮城震災復興支援事務所
支援調整第2チームリーダー等を経て
2019年より現職54歳

その他
当日は、研究学園都市コミュニティケーブルサービス(ACCS)の取材が入る予定です。
主催
つくば人間学講座実行委員会、つくば市
問い合わせ
つくば市教育局生涯学習推進課

イベント情報をGoogleカレンダーまたはiPhone・iPad端末のカレンダーに取り込めます。
カレンダーへの取り込みについて説明を読む

PDFファイルをご覧いただくには、「Adobe(R) Reader(R)」が必要です。お持ちでない方はアドビシステムズ社のサイト(新しいウィンドウ)からダウンロード(無料)してください。

このページに関するお問い合わせ

教育局 生涯学習推進課
〒305-8555 つくば市研究学園一丁目1番地1
電話:029-883-1111(代表) ファクス:029-868-7533
お問い合わせは専用フォームをご利用ください。