ここから本文です。

外国籍児童生徒の就学手続き

このページの情報をツイッターでツイートできます
このページの情報をラインでシェアできます

ページ番号1004996  更新日 2018年7月5日

印刷 大きな文字で印刷

日本では、小学校6年間・中学校3年間が義務教育です。

外国籍の児童・生徒の保護者にこの義務は適用されませんが、日本の学校への就学を希望する場合には、教育局学務課にご相談ください。

つくば市に住民票を登録している児童生徒が対象です。

小学校・中学校・義務教育学校への入学

新たに小学校・中学校・義務教育学校へ入学する児童・生徒の保護者に、11月下旬に就学通知書を送付します。

なお、次のような理由で指定校以外の学校を希望する場合は、教育局学務課で手続きをお願いします。

  1. つくば市外または海外に転出予定
  2. つくば市内の他の学校区に転居予定
  3. 私立、国立の学校または特別支援学校(視覚・聴覚・知的・肢体不自由・病弱)に入学予定
  4. 指定学校変更、区域外就学申請予定
  5. 病気、その他の理由で入学を遅らせたいとき
  6. その他、指定の学校に入学できないとき

他の市町村からつくば市に転入される場合

  1. 現在在籍している学校にて「在学証明書」及び「教科書給与証明書」を発行してもらいます。
  2. つくば市に引っ越し後、つくば市役所市民窓口課にて住民異動届を行ってください。その後、学務課にある*「外国人の就学許可願」に記入をお願いします。
  3. 「外国人の就学許可願」の2枚目は学校控え分となっておりますので、これを「在学証明書」及び「教科書給与証明書」と一緒に就学先の学校に提出してください。 (学校に提出する際には、事前に学校に連絡を入れておくことをお勧めします。)

 *「外国人の就学許可願」は2枚複写となっておりますので、1枚目を窓口に提出してください。

つくば市から他の市町村に転出される場合

  1. 現在在籍している学校にて「在学証明書」及び「教科書給与証明書」を発行してもらいます。
  2. 他の市町村に引っ越し後の手続きについては、各市町村によって異なりますので、事前に転出先の市町村教育委員会にご確認願います。

つくば市内の転居の場合

  1. 現在在籍している学校にて「在学証明書」を発行してもらいます。(市内の学校では同じ教科書を使用しているため、「教科書給与証明書」は必要ありません。)
  2. 引っ越し後、つくば市役所市民窓口課にて住民異動届を行ってください。その後、学務課にある*「外国人の就学許可願」に記入をお願いします。
  3. 「外国人の就学許可願」の2枚目は学校控え分となっておりますので、これを「在学証明書」と一緒に就学先の学校に提出してください。(学校に提出する際には、事前に学校に連絡を入れておくことをお勧めします。)

*「外国人の就学許可願」は2枚複写となっておりますので、1枚目を窓口に提出してください。

【ご注意】

学校の通学区域は教育委員会が指定しており、住民票の住所をもとに学校が決められています。

学校の転出入は、住民票の異動により発生しますので、住所の異動をせずに通学区域外への学校へ就学したり、住所の異動前の学校に引き続き就学するような場合は、教育委員会の協議及び許可が必要となります。

このような場合は、必ず教育局学務課にご相談ください。

《外国人児童生徒のための就学ガイドブックの概要》

このページに関するお問い合わせ

教育局 学務課
〒305-8555 つくば市研究学園一丁目1番地1
電話:029-883-1111(代表) ファクス:029-868-7611
お問い合わせは専用フォームをご利用ください。