ここから本文です。

学校施設の耐震化の推進

このページの情報をツイッターでツイートできます
このページの情報をラインでシェアできます

ページ番号1001171  更新日 2018年1月5日

印刷 大きな文字で印刷

学校施設の耐震化の推進

平成18年4月1日付けで「義務教育諸学校等の施設費の国庫負担等に関する法律」が一部改正され、学校施設の耐震化の推進や老朽化した施設整備の促進などを目的として「安全・安心な学校づくり交付金」制度が創設されました。その後、平成23年4月に学校耐震化等を推進するため「安全・安心な学校づくり交付金」を廃止し、「学校施設環境改善交付金」が創設されました。

つくば市では、平成18年度に、国で定める「学校施設耐震化推進指針」に基づき、耐震診断実施の順位付けを行う「学校施設耐震化優先度調査」を実施しました。また、「つくば市耐震改修促進計画」により平成27年度までに学校内の特定建築物(※)について耐震化率100%を目標に耐震化を進めてきました。
(※)学校内の特定建築物…2階建以上で、かつ、1,000平方メートル以上の建物

PDFファイルをご覧いただくには、「Adobe(R) Reader(R)」が必要です。お持ちでない方はアドビシステムズ社のサイト(新しいウィンドウ)からダウンロード(無料)してください。

このページに関するお問い合わせ

教育局 教育施設課
〒305-8555 つくば市研究学園一丁目1番地1
電話:029-883-1111(代表) ファクス:029-868-7612
お問い合わせは専用フォームをご利用ください。