ここから本文です。

学校給食に一部変色した干し芋を提供(原因及び再発防止策)

このページの情報をツイッターでツイートできます
このページの情報をラインでシェアできます

ページ番号1006387  更新日 2019年3月20日

印刷 大きな文字で印刷

平成31年(2019年)1月28日、九重小学校の給食に、一部緑色に変色した干し芋が発見されました。調査の結果、変色部分はカビであることが判明しました。その種類及び人体への影響、並びに発生原因及び改善策についてお知らせします。

日時
平成31年1月28日月曜日 午後0時45分
場所
つくば市立九重小学校(つくば市上ノ室2126)
概要

12時45分 給食メニューの干し芋の中に一部が緑色に変色しているものを児童が発見しました。
12時48分 学校の判断により、干し芋の喫食を停止するよう校内放送し、干し芋を回収しました。

  • 干し芋は、「いばらきをたべよう」の特別メニューで、桜学校給食センター管内のAブロック(4つの小学校、1つの中学校、4つの幼稚園)に、合計3,002個(教職員分を含みます。)を個包装で提供しました。
  • 当日登校した児童185人のうち89人が、干し芋の一部又は全部を食べました。
  • 干し芋の納入業者は、公益財団法人 茨城県学校給食会です。桜学校給食センター内で、干し芋の賞味期限が平成31年5月6日であることを、学校及び幼稚園への配送前に全て確認していました。
  • 九重小学校から回収された未開封の干し芋にも、緑色の変色がみられるものを十数個確認しました。
  • 九重小学校では、1月28日夕方から1月29日朝にかけて、干し芋を食べた児童のうち7人が体調不良を訴えました。それらの体調不良と干し芋との因果関係は不明ですが、1月29日はそのうち6人が登校し、1人はおう吐及び下痢の症状で、1月30日まで欠席しました。欠席した児童は、胃腸炎の可能性が高いとのことでした。
  • 干し芋を提供したAブロック内の九重小学校以外の学校及び幼稚園からは体調不良等の連絡はありませんでした。
その他対応状況等
  • 干し芋を提供した全ての学校及び幼稚園の保護者宛てに、1月28日は、事案発生の情報提供と子供の健康状態の確認を緊急メールにてお知らせし、1月29日は、教育長名の謝罪文を文書にて配付しました。
  • この干し芋は、1月29日に、桜学校給食センター管内のBブロックの5つの小学校、2つの中学校、2つの幼稚園にも提供される予定でしたが、子供たちの安全を最優先し、提供停止を決定しました。そのため、1月28日に、Bブロックの保護者宛てに、メニューを変更する旨の通知文を緊急メールにてお知らせしました。
  • 桜学校給食センターから、茨城県学校給食会に対し、事情聴取を行うとともに、変色部分の成分及びその成分から推察される健康被害について早急に調査するよう依頼しました。市としても、変色部分の検査を専門機関に依頼することとしました。
  • 茨城県つくば保健所及び茨城県保健体育課に事案を報告しました。
  • 今回提供した干し芋は、小さな通気孔があるビニールで個包装され、さらに10個ずつ脱酸素剤入りのビニール袋に密閉されています。九重小学校から回収された干し芋の中には、個包装されているかどうかに関わらず、時間の経過とともに一部が緑色に変色するものがありました。そのため、つくば保健所の要請により、干し芋を提供した全学校及び全幼稚園に、それぞれの施設内における、干し芋の納品から配膳までの保管状況について調査しましたが、開封後は冷蔵庫で保管するなど全て適切に管理されていました。
  • 2月6日に、変色部分がカビの一種であったこととその発生原因について、3月19日には、カビの種類の特定とそれによる人体への影響や今後の改善策について、保護者及び関係者に報告しました。
変色部分と人体への影響
  • 干し芋の変色部分は、詳細な検査の結果、ユーロチウム(Eurotium)属のカビ菌であることが判明しました。
  • このカビが人体に及ぼす影響については、NPO法人カビ相談センターに確認したところ、「大量摂取をしない限り直接的な健康被害は無いと考えられる。給食で提供されたという点では、精神的な影響により健康被害を誘発する可能性もあるので、再発防止を含めて対応に十分注意してほしい。」とのコメントをいただきました。
原因と解決策
  • 原因については、製造業者によると、干し芋の個包装が10個入った袋に、製造工程における封入不良又は配送経路において小さな穴が生じ、脱酸素剤の効果が無くなったためカビが発生したのではないかと推察されるとのことでした。この報告を受けて、製品の製造から納入までの管理を徹底するよう依頼しました。
  • 製造業者による改善策としては、10個入り袋を封入する際の熱圧着のスピードを遅くしてより確実に密閉する、箱詰めの際は箱の内側全体に緩衝材を敷き、配送業者にも注意喚起して破れなどを防ぐといった対応をするとのことです。
  • つくば市教育局としては、関係者の皆様にお詫び申し上げるとともに、学校給食関係者が一丸となって、安心安全な給食の提供に努めていきます。
一部緑色に変色した干し芋
一部緑色に変色した干し芋のサンプルです。大きさは約3.5センチメートル×約5センチメートルです。

PDFファイルをご覧いただくには、「Adobe(R) Reader(R)」が必要です。お持ちでない方はアドビシステムズ社のサイト(新しいウィンドウ)からダウンロード(無料)してください。

このページに関するお問い合わせ

教育局 健康教育課
〒305-8555 つくば市研究学園一丁目1番地1
電話:029-883-1111(代表) ファクス:029-868-7613
お問い合わせは専用フォームをご利用ください。