ここから本文です。

学校給食への異物混入(原因及び再発防止策)【平成30年10月1日発生】

このページの情報をツイッターでツイートできます
このページの情報をラインでシェアできます

ページ番号1005540  更新日 2018年10月24日

印刷 大きな文字で印刷

平成30年10月1日に発生した、学校給食で提供したシチューの中にプラスチック片が混入していた件について、その原因と再発防止策を報告します。

日時
平成30年10月1日 月曜日 午後0時30分ごろ
場所
つくば市立並木小学校 (つくば市並木2丁目12)
内容
10月1日に並木小学校において給食の配膳の準備中、シチューの中に1.5センチメートルほどの水色のプラスチック片が入っていることを児童が発見しました。
この給食は、桜学校給食センターから、並木小学校を含めた5つの小学校と2つの中学校に提供されたものです(この日、幼稚園は運動会の代休のため休園でした)。
この破片の混入が確認できたのは並木小学校の1つだけで、他の学校からは異物混入の報告はありませんでしたが、子どもたちの安全を第一に考え、並木小学校はもとより、同じシチューを提供した全小中学校に、念のためにシチューを食べないよう連絡をしました。
しかし、連絡が間に合わず、学校や学級によっては配膳が済んでシチューを食べてしまった児童生徒もいました。
なお、当日から現在まで体調不良を訴えた児童はいません。
原因及び再発防止策
プラスチック片の混入原因については、10月2日に、給食センターで使用している食材カゴの一部が欠けて混入してしまった可能性が高いことをお知らせしましたが、回収したプラスチック片と食材カゴの素材を検査した結果、成分がほぼ一致していることが判明しました。
したがって、本件の原因は、食材カゴの一部が欠けて調理中に混入してしまったためであることを改めてご報告いたします。
これを受けて、全給食センターにおいて厨房機器や器具の再点検を行い、破損や亀裂の疑いのあるものは使用を中止するとともに新品に買い替えるよう指示し、二度とこのようなことが起こらないよう再発防止を図ります。
その他

10月16日付けで保護者に通知文を配付しました。

シチューに混入していたプラスチック片です。
シチューに混入していたプラスチック片

PDFファイルをご覧いただくには、「Adobe(R) Reader(R)」が必要です。お持ちでない方はアドビシステムズ社のサイト(新しいウィンドウ)からダウンロード(無料)してください。

このページに関するお問い合わせ

教育局 健康教育課
〒305-8555 つくば市研究学園一丁目1番地1
電話:029-883-1111(代表) ファクス:029-868-7613
お問い合わせは専用フォームをご利用ください。