ここから本文です。

小中一貫教育評価懇談会

このページの情報をツイッターでツイートできます
このページの情報をラインでシェアできます

ページ番号1005445  更新日 2018年9月28日

印刷 大きな文字で印刷

つくば市教育評価懇談会の概要


つくば市で平成24年4月から実施してきた小中一貫教育の成果や課題について、大学教授ら6名の委員で構成される「つくば市教育評価懇談会」を発足し、平成29年11月から第三者的立場からの検証を行ってきた。

委員の選出について

つくば市教育評価懇談会は、平成29年11月27日に、つくば市教育委員会・門脇厚司教育長により招集され、次のメンバーが委員として委嘱された)。
筑波大学名誉教授 宮寺晃夫(委員長)
和光大学教授 山本由美
筑波大学准教授 岡本智周(2018年4月より早稲田大学教授)
光輝学園つくば市立手代木中学校校長 土田十司作
紫峰学園つくば市立筑波東中学校教頭 谷池真彦(2018年3月まで)
つくば市立学園の森義務教育学校教頭 永井英夫(2018年4月より)

懇談会について


懇談会では、関係者のヒヤリング、児童・生徒、保護者及び教員へのアンケート調査、学校の視察、つくば市市議会及びつくば市教育委員会の議事録閲覧、定例教育評価懇談会の開催(9回開催)などにより課題を明確にしていった。

「つくば市の小中一貫教育の成果と課題」調査報告書

PDFファイルをご覧いただくには、「Adobe(R) Reader(R)」が必要です。お持ちでない方はアドビシステムズ社のサイト(新しいウィンドウ)からダウンロード(無料)してください。

このページに関するお問い合わせ

教育局 総合教育研究所
〒300-4221 つくば市大形1333番地1
電話:029-867-1080 ファクス:029-867-2184
お問い合わせは専用フォームをご利用ください。