ここから本文です。

生活支援体制整備事業

このページの情報をツイッターでツイートできます
このページの情報をラインでシェアできます

ページ番号1007723  更新日 2021年12月16日

印刷 大きな文字で印刷

生活支援体制整備事業とは

支え合い

「生活支援体制整備事業」とは?

平成27年(2015年)の介護保険法改正で、生活支援体制整備事業という新しい事業が始まりました。

「高齢者の地域における自立した日常生活の支援及び要介護状態となることの予防又は要介護状態等の軽減若しくは悪化の防止に係る体制の整備、その他のこれらを促進する事業」(介護保険法第115条の45第2項第5号)

つまり・・・

高齢者の方々が地域で生き生きと暮らせるようにするために、地域の支え合いの体制をつくっていくこと

です。

現在、全国的の市区町村で、地域の支え合いを話し合う場「協議体」を設けて、来る超高齢化社会に向けて「どのような支え合いのあるまちにしていくか」を話し合っています。

つくば市でも、市全体及び市内各日常生活圏域で話し合いが始まっています。

市全体の取組(第1層協議体)

presen
2021.3.27開催 フォーラムの様子

つくば市では、平成28年度(2016年度)から、生活支援体制整備での市全域を考える話合いの場を第1層協議体として設置しています。

話合いの場を「つくば市生活支援体制整備推進会議」と称し、現在(平成30年(2018年)7月1日から令和2年(2020年)6月30日まで)の会議員(委員)は20名で、医療・法律・学識経験・住民団体・介護・福祉等の関係者及び市民委員で構成されています。

※この会議は、「つくば市地域ケア会議」と併催されています。

これまで以下の会議等が開催されています。

平成28年度

 第1回会議 平成28年(2016年)7月28日

 第2回会議 平成28年(2016年)11月2日

 「地域の支えあいフォーラムinつくば」開催  平成29年(2017年)1月21日

 -さわやか福祉財団理事長による基調講演、講演者と福祉有償運送・区会住民・集いの場の各代表者による

 -パネルディスカッション(福祉有償運送、区会住民、集いの場各代表者)

 社会資源調査 平成29年(2017年)1月から3月まで

平成29年度

 第1回会議 平成29年(2017年)5月17日

 -フォーラム及び社会資源調査実施報告、29年度事業計画 について

 第2回会議 平成29年(2017年)12月15日

 -サービス利用者アンケート実施、茎崎圏域第2層協議体設置 について

平成30年度

 第1回会議 平成30年(2018年)4月27日

 -29年度事業報告、30年度事業計画 について

 第2回会議 平成30年(2018年)7月19日

 -委員改選による委員長選出及び副委員長指名、事業説明 について

 第3回会議 平成31年(2019年)1月17日

 -事業説明「各地域のこれまでの取組」、今後の予定 について

令和元年度

 第1回会議 令和元年(2019年)5月16日

 -平成30年度事業報告、令和元年度事業計画、フォーラムの開催 について

 第2回会議 令和元年(2019年)9月26日

 -事業進捗状況、フォーラムの開催 について

 第3回会議 令和2年(2020年)1月23日

 -事業進捗状況、生活支援コーディネーターの委託、フォーラムの開催 について

 ※ 第4回会議 令和2年(2020年)3月30日

 --新型コロナウイルスの影響により中止

令和2年度

 第1回会議 令和2年(2020年)8月17日

 -委員改選による委員長選出及び副委員長指名、事業説明、つくば市における取組(事業報告・予定)、

 -フォーラム について

 第2回会議 令和2年(2020年)12月2日

 -事業進捗状況報告、フォーラムの開催 について

 第3回会議 令和3年(2021年)3月18日

 -事業進捗状況報告、フォーラムの開催 について

 フォーラム「みんなで創ろう! 支えあえるまち つくば」開催 令和3年(2021年)3月27日

 -厚労省老健局老人保健課課長補佐による基調講演、市の取組、桜ニュータウン・真瀬地区の事例発表、

 -出席者とのディスカッション

各地区(日常生活圏域)での取組(第2層協議体)

話し合い

つくば市では、日常生活圏域における支え合いを考える、話し合いの場(第2層協議体)の設置を進めています。

区割りは、合併前の町村を基に筑波・大穂・豊里・谷田部西・谷田部東・桜・茎崎の7つの圏域で行っています。(谷田部は、高齢者数が多いため2つの圏域に分けています。)

圏域ごとに、説明会→準備会議→協議体設置・支え合いの会議という流れで行っており、平成29年度(2017年度)に茎崎圏域で協議体が設立されたのを皮切りに、令和元年度中に上記7圏域すべてで設置されました。「我々の住む地区(圏域)は、こんなまちにしたい」という各協議体参加者の思いから作られたキャッチコピーのもと、話し合いがスタートしています。

メンバーは、特に固定されていません。説明会の時に市から各圏域の区長、民生委員児童委員、シルバークラブ代表、ふれあい相談員、サロン活動、ボランティア等の方々に声をかけ、そこから有志の方々が出席されています。興味をお持ちの方は、地域包括支援課へご連絡ください。

令和2年度から、市内全7圏域の生活支援コーディネーター業務をつくば市社会福祉協議会に委託しました。第2層協議体の会議を「地域支えあい会議」と称し、会議運営、地域資源の整理、集いの場をはじめとした地域住民主体の支えあい活動の創出支援などが行われています。

茎崎圏域 第2層協議体 -あなたの力 あなたの心 支え合う街 くきざき-

map作成中
社会資源マップ作成中の様子です

第1回会議 平成30年(2018年)5月17日 17名参加(地域包括支援課職員除く。以下同じ)

第2層協議体の組織体制について、今後の取組について

第2回会議 平成30年(2018年)6月18日 32名参加 

ワークショップ「社会資源マップの作成」 

第3回会議 平成30年(2018年)7月23日 26名参加

ワークショップ「生活支援(居場所)について」、事例紹介(宝陽台・森の里)

第4回会議 平成30年(2018年)9月26日 21名参加

ワークショップ「「居場所」を広げるための工夫について」、事例紹介(桜が丘) 

第5回会議 平成30年(2018年)11月6日 25名参加

ワークショップ「「見守り」の現状と広げるための工夫について」 ・事例紹介(社協の見守り)

第6回会議 平成30年(2018年)12月10日 18名参加

ワークショップ「見守りの種類ごとの課題」(パトロール、集い型、訪問型)

第7回会議 平成31年(2019年)2月6日 21名参加

茎崎地区の生活支援のモデルについて協議

第8回会議 平成31年(2019年)3月29日 23名参加

これまでのまとめ、ワークショップ「今後の取組・やりたいこと」、事業紹介(高齢福祉課)

第9回会議 令和元年(2019年)7月2日 39名参加

「やりたいこと」の進捗状況確認、介護支援専門員との意見交換

第10回会議 令和元年(2019年)10月10日 17名参加

「やりたいこと」の進捗状況確認、介護支援専門員との意見交換

第11回会議 令和元年(2019年)12月25日 20名参加

「やりたいこと」の進捗状況確認、介護支援専門員との意見交換

※ 第12回会議 令和2年(2020年)3月25日 新型コロナウイルスの影響により延期

11
話し合いの様子です

豊里圏域 第2層協議体 -目配り 気配り 支え合い 心豊かに なごむ里-

第1回会議 平成30年(2018年)11月21日 21名参加

協議体設置までの振り返り、ワークショップ「かかりつけ医について考える」

第2回会議 平成31年(2019年)2月4日 25名参加

NPO法人代表による移送サービスについての説明、ワークショップ「移動について考える」

第3回会議 令和元年(2019年)6月21日 29名参加

ワークショップ「見守り活動の良さと課題について」、

地域包括支援課から第2層コーディネーターの配置について説明

第4回会議 令和元年(2019年)10月29日 22名参加

地域の「ごみ問題」の課題について協議、ワークショップ「地域資源の確認と把握」

第5回会議 令和2年(2020年)2月4日 16名参加

介護支援専門員が困っている「ごみ問題」について協議、

ワークショップ「地域資源の追加と社会資源マップづくり」

 

筑波圏域 第2層協議体 -みんなの親切 地域愛 絆深まるまち 筑波-

第1回会議 令和元年(2019年)5月31日 40名参加

協議体設置までの振り返り、ワークショップ「社会資源の確認」

第2回会議 令和元年(2019年)10月2日 46名参加

ワークショップ「社会資源マップづくり」

第3回会議 令和元年(2019年)12月18日 35名参加

地域包括支援課から社会参加の重要性について説明、

ワークショップ「地域でやりたいことを「やりたいことシート」に記入」

※ 第4回会議 令和2年(2020年)3月11日 新型コロナウイルスの影響により延期

大穂圏域 第2層協議体 -みんなで いきいき 支え合う 輝やけるまち 大穂-

第1回会議 令和元年(2019年)5月29日 15名参加

協議体設置までの振り返り、ワークショップ「社会資源の確認」、

つくば市社会福祉協議会から「地域見守りネットワーク事業」の報告

第2回会議 令和元年(2019年)9月27日 16名参加

ワークショップ「社会資源マップづくり」

第3回会議 令和元年(2019年)12月26日 18名参加

介護支援専門員が困っている「ごみ問題」について協議、

ワークショップ「地域でやりたいことを「やりたいことシート」に記入」

※ 第4回会議 令和2年(2020年)3月18日 新型コロナウイルスの影響により延期

谷田部西圏域 第2層協議体 -みんなの笑顔が創るまち 歴史と共に輝く未来ー

第1回会議 令和元年(2019年)11月8日 30人参加

協議体設置までの振り返り、ワークショップ「居場所について(広げるための工夫)」

第2回会議 令和2年(2020年)2月3日 42人参加

介護支援専門員が困っている「ごみ問題」について協議、

ワークショップ「居場所について(私たちができること)」

谷田部東圏域 第2層協議体 -みんなの笑顔が創るまち 歴史と共に輝く未来ー

第1回会議 令和元年(2019年)11月8日 30人参加

協議体設置までの振り返り、ワークショップ「居場所について(広げるための工夫)」

第2回会議 令和2年(2020年)2月18日 26人参加

介護支援専門員が困っている「ごみ問題」について協議、

ワークショップ「居場所について(私たちができること)」

桜圏域 第2層協議体 「支えあう地域愛 つくり出すみんなの笑顔」ー私たちのまち 桜ー

第1回会議 令和元年(2019年)12月20日 34人参加

協議体設置までの振り返り、ワークショップ「居場所について(広げるための工夫)」

※ 第2回会議 令和2年(2020年)3月10日 新型コロナウイルスの影響により延期

 

このページに関するお問い合わせ

福祉部 地域包括支援課
〒305-8555 つくば市研究学園一丁目1番地1
電話:029-883-1111(代表) ファクス:029-868-7638
お問い合わせは専用フォームをご利用ください。