ここから本文です。

がん検診補助事業(無料ク-ポン券の送付)の実施

このページの情報をツイッターでツイートできます
このページの情報をラインでシェアできます

ページ番号1001293  更新日 2020年4月30日

印刷 大きな文字で印刷

新型コロナウイルス感染症の市内でのまん延防止や安全確保の観点から、4月4日(土曜日)から5月17日(日曜日)までの「春の集団健診」については全日程が中止となりました。また、曜日・時間を問わず最小限の外出にとどめていただくようお願いしている時期は、医療機関での健康診査・各種検診についても、当面の間の受診は見合わせていただくようお願いいたします。

子宮頸がん、乳がんマンモグラフィ検診の無料クーポン券について

対象者の方へ

クーポン券事業は、国庫補助事業として、がん検診受診率向上のために、一定の年齢の方に『子宮頸部がん検診』『乳がんマンモグラフィ検診』の無料クーポン券を交付し、定期的な検診のきっかけづくりとなるように平成21年度から開始されました。クーポン券は下記の方に5月下旬(新型コロナウイルス感染症対策のため、6月上旬になる予定です。)に個人通知します。
クーポン券が届いた方は、指定期間内にぜひご受診ください。

年齢基準日

当該年度の4月1日

対象者及び対象検診項目

※年齢基準日における年齢でご覧ください。同学年の方となります。

  • 子宮頸部がん検診 20歳の方(全員)
  • 乳がんマンモグラフィ検診 40歳の方(全員)

対象者の受診券に「兼無料クーポン券」と記載されていま す。

住所要件

4月20日につくば市に住民登録をされている方

受診期間

6月1日から2月末日まで

※無料クーポン券の送付は5月下旬(新型コロナウイルス感染症対策のため、6月上旬になる予定です。)ですが、4・5月中に受診希望される当該年度の対象の方は、市役所・保健センター(桜・大穂・谷田部)で無料クーポン券と同様の「受診券」を交付いたします。
6月上旬に送付される「受診券兼無料クーポン券」は、各自破棄してください。

重複受診者には、2回目の検診にかかる費用(約1万円)が請求される場合がありますのでご注意願います。

医療機関の方へ

報告の際に使用する用紙を掲載いたしました。検診の際は、受診者が無料クーポン券と検診票を持参しますので、必要事項を記入し、毎月10日までに、「クーポン券を貼付した検診票」・「実施報告書」・「請求書」をつくば市まで提出願います。

【子宮・乳がん検診報告先】 ※つくば市医師会所属は除く

〒305-8555
つくば市研究学園一丁目1番地1
つくば市 健康増進課 成人保健係

無料クーポン券対象者以外の受診券について

5月下旬(新型コロナウイルス感染症対策のため、6月上旬になる予定です。)に冊子の「受診券」を対象者に送付します。受診希望者は各自予約をし、送付された受診券を持参し受診します。医療機関では、あらかじめ配布されている複写式の検診票の問診等を受診者に記載していただき検診を実施してください。 受診券を紛失された方の場合は、再交付をしますが、当初送付した冊子ではなく、あらかじめ医療機関に配布している複写式の検診票を再交付しています。 医療機関では、複写式(プリンタからの印字あり)の受診票も、「受診券」として取扱い願います。

プリンタからの印字が基本ですが、手書きの場合もあります。(転入・同日交付時) その場合も、受診券としてお取扱いください。

市への報告は無料クーポン対象者と同様です。(無料クーポン券ではないので受診券の貼付は不要)

毎年、3月に「検診マニュアル」を送付しております。(近隣の医療機関に送付)マニュアルには詳細が記載されていますのでご確認願ください。

このページに関するお問い合わせ

保健福祉部 健康増進課
〒305-8555 つくば市研究学園一丁目1番地1
電話:029-883-1111(代表) ファクス:029-868-7535
お問い合わせは専用フォームをご利用ください。