ここから本文です。

接種証明書をコンビニで取得できるようになりました

このページの情報をツイッターでツイートできます
このページの情報をラインでシェアできます

ページ番号1018217  更新日 2022年11月21日

印刷 大きな文字で印刷

接種証明書をコンビニで取得できるようになりました

概要

・「日本国内用」と「日本国内用及び海外用」※の2種類が取得可能

・毎日6:30~23:00で取得可能

・お近くのコンビニ等の端末で取得可能

・マイナンバーカードがあればどなたでも取得可能

※海外用の接種証明書を取得するためには、令和4年7月21日以降に自治体窓口かアプリで海外用の接種証明書を取得していることが条件です。

発行可能店舗・開始日

店舗 時間 発行可能時期 
株式会社セイコーマート 6時30分から23時00分 令和4年7月26日
株式会社セブンイレブン 6時30分から23時00分

令和4年8月17日

株式会社ミニストップ 6時30分から23時00分 令和4年10月19日
株式会社カスミ

6時30分から23時00分(店舗営業時間に準じる)

令和4年10月19日
ウエルシア薬局株式会社 6時30分から23時00分(店舗営業時間に準じる) 令和4年10月19日
株式会社ローソン 6時30分から23時00分

令和4年11月18日

東京都内のみで開始

令和4年12月15日

全国店舗で開始

※上記リストは、全国展開しているコンビニや関東圏内の代表的な店舗のみ記載しています。下記の「コンビニ交付情報サイト」より最新状況を確認いただけます。
※キオスク端末(マルチコピー機)がある店舗に限ります。
※一部店舗によっては、キオスク端末が未対応の場合がございます。


事前に準備いただくもの

マイナンバーカード+券面事項入力補助APの4桁の暗証番号

接種証明書発行手数料(1部につき120円)

※「日本国内用」、「日本国内用及び海外用」いずれも発行手数料は1部につき120円です。
※転居等により接種時毎に、異なる市町村の接種券を使用して接種した場合は、接種時点であるそれぞれの市町村へ申請いただきます。該当する方は、1部ずつの発行が必要です。


事前に確認いただく必要があること

以下の両方が接種証明のコンビニ交付サービスに対応していることをご確認ください。
1.   申請先の(接種時に住民票のあった)市区町村
2.   行こうとしているコンビニ等の店舗


注意事項

・住民票の写しなどのコンビニ交付サービスと、利用可能な市区町村やコンビニ等の店舗が異なる可能性があります。詳しくは、厚生労働省WEBサイト「新型コロナウイルス感染症予防接種証明書(接種証明書)について」において、「参加市町村」、「利用できるコンビニエンスストア等店舗」を確認してください。
・印刷不良の場合を除き、発行後の返金には対応できません。
・コンビニ等の端末により、発行前にご自身で内容を確認していただくことになりますので、適宜、接種時に交付された接種済証などの接種事実が確認できる書類等をお持ちいただくと、内容の確認をスムーズに行うことができます。

PDFファイルをご覧いただくには、「Adobe(R) Reader(R)」が必要です。お持ちでない方はアドビシステムズ社のサイト(新しいウィンドウ)からダウンロード(無料)してください。

このページに関するお問い合わせ

保健部 新型コロナウイルスワクチン接種対策室
〒305-8555 つくば市研究学園一丁目1番地1
電話:029-883-1391
お問い合わせは専用フォームをご利用ください。