ここから本文です。

新型コロナウイルスワクチン接種証明書(ワクチンパスポート)について【海外利用対象】

このページの情報をツイッターでツイートできます
このページの情報をラインでシェアできます

ページ番号1015384  更新日 2021年7月29日

印刷 大きな文字で印刷

新型コロナウイルスワクチン接種証明書(ワクチンパスポート)について

「新型コロナウイルスワクチン接種証明書(ワクチンパスポート)」は、新型コロナウイルスのワクチン接種を受けたことを証明するもので、当面は、諸外国への入国時の防疫措置の緩和等のため、諸外国にワクチン接種証明書の提示を求められた場合に提示するものとしての利用を想定しています。そのため、発行対象者は、海外渡航予定のある方といたします。

また、つくば市で接種証明書(ワクチンパスポート)を発行可能な方は、
・つくば市が発行した接種券で接種を受けた方
・つくば市で発行した接種券付き予診票で接種を受けた方

になります。
例えば、引っ越しなどで1回目と2回目で接種した市区町村が異なる場合は、それぞれの市区町村に対して申請をする必要がございます。

※ワクチン接種後に「新型コロナワクチン接種記録書」又は接種券に付属する「新型コロナウイルスワクチン接種済証(臨時)」を紛失された方で、接種履歴の確認を目的とする方、日本国内で利用するために市町村が発行する接種済証が必要な方は、以下の「新型コロナウイルスワクチン接種済証について【国内利用対象】」のページをご覧いただき、そちらをご申請ください。

申請方法

令和3年7月26日(月曜日)から申請を受け付けいたします。申請方法は、郵送申請又は窓口申請の2通りです。

(1) 郵送申請

「新型コロナウイルスワクチン接種証明書 交付申請書」を記入し、必要書類と一緒に郵送してください 。記載内容等を確認し、接種証明書を後日郵送にて交付いたします。

【郵送先】
〒305-8555
つくば市研究学園一丁目1番地1
つくば市役所 保健部 新型コロナウイルスワクチン接種対策室 宛て

(2) 窓口申請

「新型コロナウイルスワクチン接種証明書 交付申請書」を記入し、必要書類と一緒に窓口へ提出してください。記載内容等を確認し、 接種証明書を後日郵送にて交付いたします。

【窓口】
つくば市研究学園一丁目1番地1
つくば市役所 コミュニティ棟 1階 新型コロナウイルスワクチン接種対策室
月曜日から金曜日まで(祝日を除く) 午前8時30分から午後5時15分まで

申請書等様式

必要書類

予診のみ部分

【必須の書類】

(1)申請書(様式は、上記の申請書様式等からダウンロードできます。)
(2)海外渡航時に有効な旅券(被接種者<証明を受ける方>のもの)
  ※郵送の場合は顔写真のページの写しを送付してください。
(3)接種券のうち「予診のみ」部分と予防接種済証(臨時)
   (紛失した場合はマイナンバーが確認できる書類または接種を受けた際の住所が記載された本人確認書類)
 例 マイナンバーカード、マイナンバー通知カード、マイナンバー入りの住民票等の公的書類

 


↓以下書類については必要に応じ

(4)接種記録書(医療従事者)
(5)旧姓・別姓・別名が確認できる本人確認書類(旅券に旧姓・別姓・別名(英字)の記載がある方)               例 旧姓併記のされたマイナンバーカード、運転免許証、住民票の写し等

【代理で申請する場合に追加で必要なもの】

(6)委任状(同居の方以外が代理で申請の場合、必要になります。)
   様式は、上記の申請書様式等からダウンロードできます。

※同一住所に住んでいても世帯を分離して住所登録をしている場合は、委任状が必要になります。

(7)代理人の本人確認書類
 代理人が申請をする場合は、代理人の本人確認書類が必要になります。
  例 運転免許証、マイナンバーカード、健康保険証等

 

※旅券の有効期限が切れている場合は、接種証明書の発行ができませんのでご注意ください。
接種証明書を取得した後に旅券が更新され、旅券番号が変わった場合には、接種証明書を改めて取得する必要があります。旅券発給申請中の方は、旅券が交付された後に接種証明書の申請を開始してください。また、外国籍の方等、外国政府の発行する旅券でも申請は可能です。
※申請者が保護者である場合は、申請者と被接種者の関係がわかるものが必要です。
 戸籍の謄抄本、母子健康手帳をお持ちください。
※郵送で申請される場合は、(2)から(7)までの書類をすべて写しでのご提出をお願いいたします。

注意事項

(1)新型コロナウイルスワクチン接種証明書(ワクチンパスポート)は、申請を受付・受理してから1週間程度で、後日郵送にて交付いたします。必要書類等がない場合は、さらにお時間をいただく場合がございます。

(2) 接種証明書の発行手数料はかかりません。

(3)書類に不備等があった場合に、申請者へ連絡する場合があります。必ず申請書に連絡先を記載してください。

よくある質問(国のQ&Aより引用)

証明書に有効期限はありますか
ワクチン接種証明書については、あくまで接種を受けた本人の接種の事実を証明するものであることから、それ自体に有効期限を設けるものではありません。記載事項をどのように評価し活用するかは、一義的には証明書の提示を受ける側(相手国等)が判断することです。
発行する証明書は、どの国でどのような緩和措置が認められますか
現在、我が国が発行する接種証明書を受入れ、防疫措置等を緩和してもらうべく、各国の接種証明書及び制限緩和措置に関する情報収集等を行っているところです。我が国が発行する証明書を所持することによる具体的な緩和措置は、最終的には各国の判断によることとなりますが、一般論でいえば、入国時の隔離期間の短縮又は免除や出発前PCR検査陰性証明の提出および到着時のPCR検査の免除といった措置が考えられます。具体的に利用が可能となる対象国・地域及びその緩和措置については、適時情報提供することとなります。(具体的に利用が可能となる対象国・地域及びその緩和措置については、外務省のWebページにおいて適時情報提供予定です。)
申請部数に制限はありますか
1度の申請に付き原則1部を発行とします。
申請の毎に1部発行。申請回数の制限は設けません。

PDFファイルをご覧いただくには、「Adobe(R) Reader(R)」が必要です。お持ちでない方はアドビシステムズ社のサイト(新しいウィンドウ)からダウンロード(無料)してください。

このページに関するお問い合わせ

保健部 新型コロナウイルスワクチン接種対策室
〒305-8555 つくば市研究学園一丁目1番地1
電話:029-883-1391
お問い合わせは専用フォームをご利用ください。