ここから本文です。

つくば市自殺対策計画

このページの情報をツイッターでツイートできます
このページの情報をラインでシェアできます

ページ番号1008146  更新日 2019年8月30日

印刷 大きな文字で印刷

つくば市自殺対策計画

自殺の現状

自殺死亡率と自殺者数の推移(平成21年から29年)
自殺死亡率と自殺者数の推移(平成21年から29年)
【出典】自殺総合対策推進センター「地域自殺実態プロファイル(2018)」

策定の趣旨(基本理念)

「生きることへの包括的支援」として自殺対策を更に推進していく必要があると考え、一人ひとりが「命」を大切にし、「誰も自殺に追い込まれることのない社会の実現」を目指す。

位置づけ及び期間

自殺対策基本法第13条第2項の規定による市町村計画に位置付けられ、計画期間は、令和元年度(2019年度)から令和7年度(2025年度)までである。

数値目標

自殺者ゼロを目指す中での当面の目標として、令和7年(2025年)までに自殺死亡率(人口10万対)を11.8以下(年間自殺者数26人以下)に減少させることを目指す。

基本施策と評価指標

基本施策

項目

評価指標

目標値

1

地域におけるネットワークの強化

自殺対策に関する有識者会議

必要に応じて開催する体制をとる

2

自殺対策を支える人材育成

一般市民向けゲートキーパー研修受講者数

延べ1,000人

3

住民への啓発と周知

相談先があることを知っている人の割合(健康つくば21アンケート「相談先一覧チラシ」認知度)

15%以上

4

生きることへの促進要因への支援

1年以内に自殺を考えたことのある人の割合(健康つくば21アンケート)

5%以下

5

児童・生徒の「SOSの出し方に関する教育」

公立小中学校・義務教育学校において「SOSの出し方教育」の授業を実施している学校

100%

 

重点施策

本市の自殺ハイリスク群である「高齢者」「生活困窮者」「若者」に重点を絞った取組

1 高齢者の自殺対策の推進

 1)高齢者への「生きるための支援」の充実と啓発、連携体制の充実

 2)高齢者の健康づくり、社会参加及び居場所づくりの促進

 3)高齢者支援に携わる人材の養成

2 生活困窮者の自殺対策の推進

 1)生活困窮者自立支援事業との連携

 2)生活困窮者に対する生きる支援の推進と連携の強化

3 若者向け自殺対策の推進

 1)若年層が相談しやすい相談窓口の周知

 2)妊産婦・子育てをしている保護者への支援の充実

 3)若者が利用しやすい就労相談窓口の周知

PDFファイルをご覧いただくには、「Adobe(R) Reader(R)」が必要です。お持ちでない方はアドビシステムズ社のサイト(新しいウィンドウ)からダウンロード(無料)してください。

このページに関するお問い合わせ

保健福祉部 健康増進課
〒305-8555 つくば市研究学園一丁目1番地1
電話:029-883-1111(代表) ファクス:029-868-7535
お問い合わせは専用フォームをご利用ください。