ここから本文です。

スイスのホストタウン登録

このページの情報をツイッターでツイートできます
このページの情報をラインでシェアできます

ページ番号1006790  更新日 2019年3月13日

印刷 大きな文字で印刷

つくば市が東京2020オリンピック・パラリンピック競技大会におけるスイス連邦の「ホストタウン」に登録されました!

東京2020オリンピック・パラリンピック競技大会に向けて、2018年4月に、事前キャンプの実施について、スイスオリンピック協会・筑波大学・茨城県・つくば市の4者による基本合意書を締結しました。
今回の事前キャンプの誘致をきっかけに、スポーツを中心として、教育や音楽、食など幅広い分野での交流を進めていくため、スイスとのホストタウン登録に向けて、国に申請し、2019年2月28日に承認されました。(スイスとのホストタウンは、福島市、大山崎町、大分市、富士市に次ぐ、5番目。)

ホストタウンとは

ホストタウンとは東京2020オリンピック・パラリンピック競技大会開催に向け、スポーツ立国、グローバル化の推進、地域の活性化、観光振興等に資する観点から、参加国・地域との人的・経済的・文化的な相互交流を図る地方公共団体を「ホストタウン」として全国各地に広げる取り組みです。

2019年2月時点で、本市を含めて全国で380の自治体がホストタウンに登録されています。

ホストタウン相手国

スイス国旗

スイス連邦(英語表記:Swiss Confederation)

 

登録公表日

2019年2月28日(木曜日)

交流計画の概要

スイス大使と五十嵐市長
ジャン=フランソワ・パロ駐日スイス大使
と五十嵐市長

  つくば市では、スイスとのホストタウンの登録申請書の中で、次のような取組を計画し、大会前後を通じて交流していきます。

  • 大会に参加するために来日する選手等の筑波大学施設での練習の見学会やウェルカムイベントなどの実施
  • 大会参加国・地域の関係者・スイス大使館との協力によるイベントのブース出展、食・音楽などの文化、教育の紹介・交流
  • 日本人オリンピアン・パラリンピアン、筑波大学との協力による柔道・体操などの体験教室

PDFファイルをご覧いただくには、「Adobe(R) Reader(R)」が必要です。お持ちでない方はアドビシステムズ社のサイト(新しいウィンドウ)からダウンロード(無料)してください。

このページに関するお問い合わせ

政策イノベーション部 企画経営課
〒305-8555 つくば市研究学園一丁目1番地1
電話:029-883-1111(代表) ファクス:029-828-4708
お問い合わせは専用フォームをご利用ください。