ここから本文です。

スイスオリンピック協会事前キャンプ

このページの情報をツイッターでツイートできます
このページの情報をラインでシェアできます

ページ番号1005250  更新日 2019年5月29日

印刷 大きな文字で印刷

スイスオリンピック協会と事前キャンプ基本合意書を締結しました

つくば市は、茨城県、筑波大学と共にスイスオリンピック協会(SOA)と東京2020オリンピック競技大会の事前トレーニングキャンプについて合意し、平成30年4月11日(水曜日)スイス・ローザンヌで基本合意書を締結しました。

スイスオリンピックチームは、筑波大学を拠点に、陸上や柔道、体操競技について事前トレーニングキャンプを実施する予定です。(事前キャンプの詳細については、今後決定されます。)

つくばを訪れた選手がオリンピックの舞台で活躍できるよう、ぜひみんなで応援しましょう!

SOA覚書締結式の写真
締結式の様子(左からつくば市五十嵐市長,筑波大学永田学長,SOAシュトックリー氏,茨城県大井川知事)

スイス・女子リレーチーム事前合宿実施

2019年5月3日から9日まで

サザコーヒーにて

2019年5月11日と12日に開催された「IAAF世界リレー2019横浜大会(IAAF World Relays YOKOHAMA 2019)」に出場するため、スイスの女子代表選手6名とコーチ2名が来日し、筑波大学の陸上競技場で事前合宿を行いました。

5月7日の公開練習では、観客に注目される中でも終始リラックスした雰囲気の中バトンパスの練習などを行いました。チームリーダーでコーチのピーター・ハースさんは「つくば市と筑波大学にとても感謝している。特に筑波大学体育学系栄養学のみなさんが代表チームのために考えてつくってくださった食事は最高でした。2020年の東京オリンピックに備えて、来年、陸上、その他の競技種目の選手もつくばで準備を進めていきたい」と語り、今回の事前合宿に満足と感謝の意を表しました。

7月末からはトライアスロンの事前合宿が予定されています。つくば市HP等でお知らせしますのでお楽しみに!

世界リレー2019横浜大会 4×400m結果7位(ドーハ2019世界陸上競技選手権大会への出場権獲得!)

2019年5月7日公開練習写真

走順:予選

  1. レア・シュプランガー
  2. ベロニカ・バンカルド
  3. ファネッテ・フメール
  4. ヤスミン・ギガー

走順:決勝

  1. レア・シュプランガー
  2. ファネッテ・フメール
  3. ベロニカ・バンカルド
  4. ヤスミン・ギガー

【世界陸上競技選手権大会への出場権】
ドーハ2019 世界陸上競技選手権大会への出場権は、横浜大会の上位12 カ国に与えられます。また、ドーハ2019 世界陸上競技選手権大会の上位8ヵ国は2020 年東京オリンピックの出場権を獲得することができます。

【ドーハ2019 世界陸上競技選手権大会】
2019 年9 月27 日から10 月6 日まで
女子リレー4×400m は10 月5 日(予選)、10 月6 日(決勝)を予定
女子リレー4×100m は10 月4 日(予選)、10 月5 日(決勝)を予定

このページに関するお問い合わせ

政策イノベーション部 企画経営課
〒305-8555 つくば市研究学園一丁目1番地1
電話:029-883-1111(代表) ファクス:029-828-4708
お問い合わせは専用フォームをご利用ください。