ここから本文です。

つくば市 国体花いっぱい運動  

このページの情報をツイッターでツイートできます
このページの情報をラインでシェアできます

ページ番号1007459  更新日 2019年7月3日

印刷 大きな文字で印刷

花いっぱい運動のサポーター募集

花いっぱい運動 花苗・花の種 無料配布

つくば市を花いっぱいの美しいまちにして全国から訪れる選手や皆さんをお迎えしましょう。

 

花いっぱい運動プランター栽培に御協力いただいた皆様、ありがとうございます!

栽培アドバイス等を随時発信していきますので、是非御覧ください。

 

また、現在、市内各地で花の種(キバナコスモス)の配布を行っております。

どなたでも御参加できる企画となっております!

一丸となって、国体を盛り上げていきましょう!

花いっぱい運動

種の配布について(事前申込不要)

キバナコスモスの種配布

今回配布するキバナコスモス(サニー混合)は、草丈20~30センチの矮性種なので倒伏の心配がなく、
花壇やプランターにも向いています。
セミダブルで花付が良く、花の色は、レッド・イエロー・オレンジの3色混合です。
1袋当たり16粒程度の種子が入っています。
発芽率(70%以上)で換算すると苗の本数10本程度になります。
1列植栽で2~3メートル、2列植栽の場合1~2メートル程度のスペース分になります。

  • 配布数 総数20,000袋
  • 配布品種 キバナコスモス(サニー混合)(タキイ種苗)
  • 種まき適期 6月中旬から7月中旬
  • 配布場所 以下一覧

<つくば市役所>
1階窓口、総合案内/5階国体推進課
コミュニティー棟1階

<筑波地区>
筑波窓口センター
筑波交流センター
ウェルネスパーク

<大穂地区>
大穂窓口センター
大穂交流センター
吉沼交流センター

<豊里地区>
豊里窓口センター
豊里交流センター

<谷田部地区>
谷田部窓口センター
谷田部交流センター
松代交流センター
二の宮交流センター
春日交流センター
島名交流センター
小野川交流センター

<桜地区>
桜窓口センター
桜交流センター
栗原交流センター
竹園交流センター
並木交流センター
広岡交流センター
吾妻交流センター
つくばカピオ
ノバホール

<茎崎地区>
茎崎窓口センター
茎崎交流センター
ふれあいプラザ
茎崎運動公園

<その他施設>
常陽銀行各支店
筑波銀行各支店
茨城県信用組合各支店
水戸信用金庫各支店
結城信用金庫豊里支店
JAつくば各本支店
JA谷田部各本支店
郵便局市内各局
つくば市商工会
つくば市観光コンベンション協会
つくば市社会福祉協議会

カンナの種配布

  • 配布時期 6月3日から
  • 配布数 30袋
  • 配布場所 つくば市役所5階 国体推進課窓口
  • 配布品種 カンナF1サウスパシフィックスカーレット(タキイ種苗)
  • 種まき適期 6月中旬から6月下旬

1袋当たり10粒の種子が入っています。

マリーゴールド・日日草のプランター栽培のポイント

「摘心、切り戻し、花がら摘み」こそが重要ポイント!

 

  1. 設置箇所
    日当たりと風通しのよい場所で管理します。
    真夏の暑さで花が弱ってしまう場合は、建物の東側など午前中に日が当たり、午後に日陰になるような(西日のあたらない)場所で管理しましょう。
    ※平成29年度、平成30年度には真夏の暑さで花が弱ってしまう事例が多発しています。午後日陰になるようなところで栽培してください。
  2. 摘心(てきしん)
    ボリュームのある姿にするため、芽を出して花数を増やします。
    本葉が7~8枚出始めた頃、先端の芽を摘み取ります。
    次の芽が出たら、同じようにして形を整えます。
    ※実施時期:花を咲かせずに、できれば7月中旬まで実施しましょう。
  3. 切り戻し
    株の半分ぐらいの高さで葉や芽が残るようにハサミで「切り戻し」をすることで、しばらくすると新芽が伸び、再び開花します。
    ※実施時期:8月上旬に実施しましょう。
  4. 花がらつみ
    咲き終わった花は、花茎の付け根で摘み取ることで、病気の発生を減らし、新しいつぼみの発生を促すことにつながります。手で摘みにくい場合は、ハサミで切り取ります。
    この時、痛んだ葉や枯葉も同時に取り除きましょう。
  5. 肥料
    定期的に肥料を与えます。(頻度や量は、推奨花の育て方に記載)。
    定植後の施肥は、1週間から10日後に、緩効性肥料(IB化成等)を1プランターに15粒程度追肥します。
    ※花サポーターの方は、最初に緩効性肥料を土と混ぜて栽培しますので追肥の必要はありません。
  6. 水やり
    土の表面が乾いたら、作物にかからないよう土に水をたっぷり与えます。
    夏の暑い時期は、朝と夕方の2回水やりをします。日中の水やりは、草花が蒸れるので避けましょう。
    特に、プランターや鉢植えの場合は、水切れしやすいので注意しましょう。
    また、ホース内に残っている温水をかけないようにしましょう。
    ※水のやりすぎにより根腐れし、枯れてしまう場合がありますので、表面が乾燥しているとき、水やりを行ってください。

キバナコスモス(サニー混合)栽培のポイント

  1. タネまき
    トレー・ポット等で種が隠れる程度の土をかけ、10~12日で発芽します。
    発芽から生育書記は、土の表面を乾かさないように水をかけます。直まきもできます。
    種をまいてから60日程度で開花を始めます。
  2. 育て方
    本葉4~6枚で株間20~25センチ間隔で植えて下さい。
    日当たりと水はけが良ければ土質を選ばず、やせ地でも育ちます。
    花がらをこまめに摘みます。咲き終わった株を切り戻してやるともう一度楽しむことができます。

花育てガイド

栽培マニュアル

PDFファイルをご覧いただくには、「Adobe(R) Reader(R)」が必要です。お持ちでない方はアドビシステムズ社のサイト(新しいウィンドウ)からダウンロード(無料)してください。

このページに関するお問い合わせ

市民部 国体推進課
〒305-8555 つくば市研究学園一丁目1番地1
電話:029-883-1111(代表) ファクス:029-828-4966
お問い合わせは専用フォームをご利用ください。