ここから本文です。

【交流サロン】発達性読み書き障害・評価から支援まで

このページの情報をツイッターでツイートできます
このページの情報をラインでシェアできます

ページ番号1009624  更新日 2020年2月26日

印刷 大きな文字で印刷

2020年3月8日

イベントカテゴリ: イベント 講座・教室

このイベントは終了しました。

2020年3月8日(日曜日)の「発達性読み書き障害・評価から支援まで」は開催中止になりました。

開催日

2020年3月8日(日曜日)

開催時間

午前10時30分 から 午後0時30分 まで

開催場所

つくば総合インフォメーションセンター(BiViつくば内)

内容

これまであまり知られてこなかった、発達障害のひとつである「発達性読み書き障害」についての基本的な知識と、早期発見早期介入の重要性についてご紹介します。発達障害のなかでは、実は最も出現率が高い (約8%) 障害であり、周囲の気づきやサポートが必要です。年長児から小学生、中学生といった時期ごとの気づきのポイントについてもご紹介します。

申込み

不要

募集人数
40名程度
講師
筑波大学大学院人間総合科学研究科 感性認知脳科学専攻 山中敏正研究室 言語聴覚士 澁谷文恵
主催
筑波大学大学院 山中敏正研究室

イベント情報をGoogleカレンダーまたはiPhone・iPad端末のカレンダーに取り込めます。
カレンダーへの取り込みについて説明を読む

このページに関するお問い合わせ

市長公室 広報戦略課
〒305-8555 つくば市研究学園一丁目1番地1
電話:029-883-1111(代表) ファクス:029-868-7628
お問い合わせは専用フォームをご利用ください。