ここから本文です。

ハンセン病をテーマとした人権劇「千の舞い〜ふるさとへ帰りたい〜」参加者募集!

このページの情報をツイッターでツイートできます
このページの情報をラインでシェアできます

ページ番号1008938  更新日 2019年12月3日

印刷 大きな文字で印刷

イベントカテゴリ: イベント

開催日

2019年12月21日(土曜日)

開催時間

午後2時 から 午後3時30分 まで

受付は午後1時30分からとなります。

開催場所

市民ホールとよさと
(つくば市高野1197番地20)

内容

阿波市市民劇団「千の舞い座」による人権劇「千の舞い〜ふるさとへ帰りたい〜」
※阿波市市民劇団「千の舞い座」は、徳島県内の小中学校や公民館を中心にハンセン病をテーマとした公演を100回以上行っており、東日本では初公演となります。

申込み

不要

当日会場へ直接お越しください。

参加費
無料
共催
つくば市、一般社団法人ハッピーライフサポート
後援
つくば市教育委員会、つくば市社会福祉協議会
問合せ

一般社団法人ハッピーライフサポート
メール info@hls.or.jp
電話 029-828-7020

あらすじ

中学生たちが山頂で出会ったおばあさんは、12 歳の時にハンセン病を発病し、両親と別れ療養所での生活を余儀なくされた。
世間の差別や偏見を恐れて、自分の命のようなかけがえのない娘を四国遍路に出すしかなかった父と母。
病気が治り、また故郷へ帰ってくることを夢見て家を出た娘。
療養所に来てから60 年余。故郷に帰りたくても帰れない日々。
そして、長い月日、ハンセン病回復者を苦しめてきた国の隔離政策が終わりを告げ....
「今もまだ遺されているものがあるんじゃ....」

イベント情報をGoogleカレンダーまたはiPhone・iPad端末のカレンダーに取り込めます。
カレンダーへの取り込みについて説明を読む

PDFファイルをご覧いただくには、「Adobe(R) Reader(R)」が必要です。お持ちでない方はアドビシステムズ社のサイト(新しいウィンドウ)からダウンロード(無料)してください。

このページに関するお問い合わせ

市民部 市民活動課
〒305-8555 つくば市研究学園一丁目1番地1
電話:029-883-1111(代表) ファクス:029-868-7542
お問い合わせは専用フォームをご利用ください。