ここから本文です。

【10月26日開催】Hack My Tsukuba 2019(第2回)【課題解決型ワークショップ】

このページの情報をツイッターでツイートできます
このページの情報をラインでシェアできます

ページ番号1004682  更新日 2019年9月13日

印刷 大きな文字で印刷

イベントカテゴリ: イベント 健康・福祉

Hack My Tsukubaとは?

Hack My Tsukubaロゴ

Hack My Tsukubaは、市民の市民による市民のための問題解決を目指している、オープンでフラットなディスカッションと解決策提案の機会です。地域の問題を「自分ごと」として考え、取り組んでみたいと思っている市民の皆さん、つくば市に通学・通勤する皆さん、ご自分のアイデアや技術を試してみたいと思う皆さん、いろいろな人と交流して、地域社会に役立つ解決策を一緒に考えてみませんか?

参加申込み

参加を希望される方は、以下のサイトから申込みをお願いします。

開催概要

開催日

2019年10月26日(土曜日)

開催時間

午前10時30分 から 午後5時 まで

(受付開始 午前10時00分 から)

開催場所

つくば市役所 2階 会議室201
※駐車場無料(お客様駐車場を御利用ください。)

内容

ワークショップ形式で、参加者自身が地域課題の解決策を考える取組みです。第2回では、実際につくば市が保有するデータを活用して、テーマに関する地域課題の解決策を考えます。

申込み締め切り日

2019年10月25日(金曜日)

申込み

必要

上記申込みページから申込みをお願いします。

※託児を御希望の方は、10月10日(木曜日)までに、その旨お書き添えの上、お申し込みください。

費用

無料

(イベント終了後の懇親会に参加の場合、別途1,000円)

参加資格
どなたでも参加可能です。
テーマ

「誰もが取り残されず、自分らしく生きるまち」

 

次の2点の未来像を見据え、主に高齢者福祉に係る課題の解決に取り組みます。

【2030年の未来像】

  • 様々なコミュニティによる支え合いの中で、充実した医療や介護、必要な目配りや支援などの頼れる福祉が地域に行き届いています。
  • 一人ひとりが健康を大事にしながら、様々な場面で社会に参画し、生涯現役で活躍しています。
プログラム

テーマ説明

データに関する説明

昼食休憩

グループディスカッション

発表

※最後まで参加された方々に、協賛各社からの賞品を用意しています。

共催

筑波大学、つくば市

問い合わせ

筑波大学公共イノベーション研究室

hkawashima.lab*gmail.com(*を@に変えてください)


令和元年度第1回開催時の様子1

令和元年度第1回開催時の様子2

イベント情報をGoogleカレンダーまたはiPhone・iPad端末のカレンダーに取り込めます。
カレンダーへの取り込みについて説明を読む

PDFファイルをご覧いただくには、「Adobe(R) Reader(R)」が必要です。お持ちでない方はアドビシステムズ社のサイト(新しいウィンドウ)からダウンロード(無料)してください。

このページに関するお問い合わせ

政策イノベーション部 情報政策課
〒305-8555 つくば市研究学園一丁目1番地1
電話:029-883-1111(代表) ファクス:029-868-7631
お問い合わせは専用フォームをご利用ください。