ここから本文です。

指定管理者制度概要

このページの情報をツイッターでツイートできます
このページの情報をラインでシェアできます

ページ番号1001812  更新日 2022年4月15日

印刷 大きな文字で印刷

指定管理者制度は、公の施設(公園、文化・体育施設、福祉施設等)の管理について、多様化する住民ニーズに、より効果的、効率的に対応するため、民間の能力を活用しつつ、住民サービスの向上や経費の節減等を図ることを目的に、平成15年6月の地方自治法改正により創設されたものです。
これにより、地方公共団体が指定する公の施設は、議会の議決を経て企業やNPO法人等の民間事業者が地方公共団体に代わって管理を行うことができるようになりました。
つくば市では、平成17年度から当該制度を導入しております。

2022年4月現在、指定管理者制度を導入している施設は次のとおりです。

指定管理者制度導入施設
施設名 指定管理者名 所管課
ふれあいプラザ 常陸興業株式会社 文化芸術課
ノバホール 公益財団法人つくば文化振興財団 文化芸術課
つくばカピオ 公益財団法人つくば文化振興財団 文化芸術課
大曽根児童館 NPO茨城YMCA こども育成課
市民研修センター 社会福祉法人つくば市社会福祉協議会 生涯学習推進課
つくばウェルネスパーク

ライフテックつくば

(代表:NPOつくばアクアライフ研究所)

スポーツ施設整備室
子育て総合支援センター シダックス大新東ヒューマンサービス株式会社 こども政策課

これまでの指定管理者制度導入施設一覧

これまでの指定管理者制度導入施設一覧は次のとおりです。

指定管理者導入施設の評価結果

指定管理者による管理運営状況についての評価結果を公表しています。

PDFファイルをご覧いただくには、「Adobe(R) Reader(R)」が必要です。お持ちでない方はアドビシステムズ社のサイト(新しいウィンドウ)からダウンロード(無料)してください。

このページに関するお問い合わせ

政策イノベーション部 企画経営課
〒305-8555 つくば市研究学園一丁目1番地1
電話:029-883-1111(代表) ファクス:029-828-4708
お問い合わせは専用フォームをご利用ください。