ここから本文です。

野生のきのこ類に対する出荷自粛について

このページの情報をツイッターでツイートできます
このページの情報をラインでシェアできます

ページ番号1013542  更新日 2020年11月6日

印刷 大きな文字で印刷

令和2年11月5日付で、茨城県知事から、市内で採取された野生のきのこ類について基準値を超える放射性セシウムが検出されたため、市内全域を対象に出荷自粛の要請がありました。このため、安全性が確認されるまでの間、出荷をしないようにお願いいたします。

 

品名

採取場所

放射能濃度(Bq/kg)

アカモミタケ

つくば市国松地内

  119.34Bq/kg

  (セシウム134:4.34Bq/kg)

  (セシウム137:115Bq/kg)

 

※一般食品中の放射性物質に関する基準値については、放射性セシウム基準値100(Bq/kg)と厚生労働省の医薬食品局食品安全部で定められております。

このページに関するお問い合わせ

経済部 鳥獣対策・森林保全室
〒305-8555 つくば市研究学園一丁目1番地1
電話:029-883-1111(代表)
お問い合わせは専用フォームをご利用ください。