ここから本文です。

新都市中央通り線(面野井工区)の供用開始

このページの情報をツイッターでツイートできます
このページの情報をラインでシェアできます

ページ番号1008253  更新日 2019年8月29日

印刷 大きな文字で印刷

都市計画道路 新都市中央通り線(面野井工区)の供用開始について

都市計画道路 新都市中央通り線は、つくば市中心部を起点に、つくばエクスプレス沿線の各開発地区を結び、常磐自動車道谷田部IC付近に至る計画延長13.6kmの幹線道路であり、新たなまちづくりの促進、さらには県南地域の連携強化に資する重要な路線です。
路線を整備する茨城県では、これまでに約11.0kmを供用しており、残る整備区間のうち、面野井工区につきましては、つくば市内の葛城地区から県道土浦坂東線までの1,130mを事業区間として、平成18年度から事業に着手しておりました。
平成25年度には葛城地区から面野井台交差点までの260mが供用され、その後の整備により、この度、残る870mが供用開始されることとなりましたのでお知らせします。

1.供用開始日時:令和元年8月29日(木曜日)午後3時から
2.供用開始区間:都市計画道路 新都市中央通り線(つくば市面野井から島名まで)

このページに関するお問い合わせ

建設部 道路計画課
〒305-8555 つくば市研究学園一丁目1番地1
電話:029-883-1111(代表) ファクス:029-868-7588
お問い合わせは専用フォームをご利用ください。