ここから本文です。

つくば市内の水素ステーション

このページの情報をツイッターでツイートできます
このページの情報をフェイスブックでシェアできます
このページの情報をラインでシェアできます

ページ番号1001897  更新日 2018年1月15日

印刷 大きな文字で印刷

水素ステーションの設置

つくば環境スタイル"SMILe"(つくば市環境モデル都市行動計画)では、モビリティ・交通(Mobility Traffic)の取組の一つとして、EV・FCV(燃料電池自動車)等の低炭素車の普及促進を位置づけるとともに、最先端技術(Innovation&Technology)の取組の一つとして水素エネルギーの活用にも位置づけ、水素関連の各種施策を進めています。

この度つくば市は、G7茨城・つくば科学技術大臣会合の開催を契機に、茨城県及びJXエネルギー株式会社等と連携して、つくば市内につくば春日水素ステーション(移動式)を設置しました。

水素ステーションの開設により、低炭素車であるFCVの普及促進に寄与するとともに、水素社会づくりに貢献していきます。

つくば春日水素ステーション(移動式)の概要

営業開始日:平成28年3月25日(金曜日)
営業日時水曜日金曜日正午午後2時
事業者:JXエネルギー株式会社、株式会社ENEOS水素サプライ&サービス
場所:つくば市春日一丁目9番地(旧中央消防署跡地)
概要

  • 燃料電池自動車へ水素燃料を供給するための最低限の設備を搭載した大型トラックがやってきます。
  • 燃料電池自動車1台あたり約3分で満充填可能
  • 燃料電池自動車3台分を満充填できる容量を積載

写真:つくば春日水素ステーションイメージ

つくば春日水素ステーション位置図

地図:水素ステーション位置図(旧中央消防署跡地)(つくば市春日一丁目9番地))

このページに関するお問い合わせ

生活環境部 環境政策課
〒305-8555 つくば市研究学園一丁目1番地1
電話:029-883-1111(代表) ファクス:029-868-7591
お問い合わせは専用フォームをご利用ください。