ここから本文です。

「つくばチャレンジ2018」難コースに全国の移動ロボットが挑戦!

このページの情報をツイッターでツイートできます
このページの情報をラインでシェアできます

ページ番号1005708  更新日 2018年11月19日

印刷 大きな文字で印刷

今年はTX研究学園エリアで開催!

 平成30年11月11日 (日曜日) 、ロボットの自律走行チャレンジである「つくばチャレンジ2018」が開催され、全国各地の企業や大学から未来の移動ロボット技術を支える多くの技術者とロボットが集まりました。

市役所
今年はつくば市役所前からスタートしました
スタート
 ロボットが続々とスタートします

 

 

 

 

 

 


 2007年から始まり、昨年度までTXつくば駅エリアで実施されていた本チャレンジは、本年度からつくば市役所を含めたTX研究学園駅エリアの全く新しいコースに場所を移しました。

横断歩道
横断歩道を渡るロボット
公園
公園内を走行するロボット
探索
探索対象を探すロボット
ゴール
ロボットがゴールした瞬間(写真は千葉工業大学様)

 

 

 

 

 


 
 

 

 


 

 

 

今年の課題

  • (新)選択課題A:交差点で青信号認識後に自律走行を開始して横断歩道を通過
  • (新)選択課題B:前日に指定された公園内チェックポイントをすべて通過
  • 選択課題C :指定の恰好をした探索対象をすべて発見

 

交差点や公園内の分岐した遊歩道の自律走行など、昨年まではなかった課題に対して、見事6台のロボットが完走!

うち、あかつき2018[千葉大学知能機械システム研究室]・Mercury(FullCustomModel) [群馬大学リバストチーム](出走順)2台が複数の選択課題を達成し、市長賞を受賞しました。
受賞チームの皆さまおめでとうございます。

千葉大学
市長賞を受賞した
千葉大学知能機械システム研究室の皆さま
群馬大学
市長賞を受賞した
群馬大学リバストチームの皆さま

 

 

市長賞(出走順)

  • あかつき2018 [千葉大学知能機械システム研究室]
  • Mercury(FullCustomModel) [群馬大学リバストチーム]

 

完走(出走順)

  • Puffin [千葉工業大学 fuRo アウトドア部]
  • Noruno [おうち未来プロジェクト]
  • あかつき2018 [千葉大学知能機械システム研究室]
  • ロージー [てぃあふぉー]
  • Mercury(TsukubaModel) [群馬大学リバストチーム]
  • Mercury(FullCustomModel) [群馬大学リバストチーム]

 

 つくば市では、これからも「つくばチャレンジ」を通して、歩道や屋内など「人々が暮らしている現実の世界でキチンと働く」ロボットの開発と、人間とロボットが共存する社会の実現に向けての取組を推進していきます。

このページに関するお問い合わせ

政策イノベーション部 科学技術振興課
〒305-8555 つくば市研究学園一丁目1番地1
電話:029-883-1111(代表) ファクス:029-868-7640
お問い合わせは専用フォームをご利用ください。