ここから本文です。

クリーンセンターにおける焼却灰の放射能濃度測定結果

このページの情報をツイッターでツイートできます
このページの情報をフェイスブックでシェアできます
このページの情報をラインでシェアできます

ページ番号1000864  更新日 平成30年1月5日

印刷 大きな文字で印刷

クリーンセンターにおける焼却灰(主灰及び飛灰)の放射性濃度の測定結果は次のとおりです。
 
これまでの測定結果により、放射性濃度が安定した減少傾向にあることから、測定頻度を減らし、測定を引き続き実施していきます。

1 採取場所

つくば市水守2339番地
つくば市クリーンセンター(焼却施設)

2 測定結果

主灰と飛灰の2種類の灰を測定しています。
主灰・飛灰ともに埋め立て可能な放射性濃度であり、問題ありません。

  • 主灰:焼却炉の炉底に残存した灰分。
  • 飛灰:排ガス中に浮遊する灰分等を集じん装置で捕集し、薬剤処理したもの。

PDFファイルをご覧いただくには、「Adobe(R) Reader(R)」が必要です。お持ちでない方はアドビシステムズ社のサイト(新しいウィンドウ)からダウンロード(無料)してください。

このページに関するお問い合わせ

生活環境部 クリーンセンター
〒300-4245 つくば市水守2339番地
電話:029-867-1379 ファクス:029-867-2484
お問い合わせは専用フォームをご利用ください。