ここから本文です。

不法投棄対策

ページ番号1000859  更新日 平成30年1月5日

印刷 大きな文字で印刷

不法投棄とは

  • 廃棄物不法投棄は,良好な生活環境を損ない,環境汚染等の原因となる悪質な犯罪です。
  • 廃棄物処理法では,違反者に対し5年以下の懲役若しくは一千万以下の罰金(法人には最高で三億円),またはこれの併科が科せられます。

つくば市の不法投棄対策

  • 重点監視区域への定期的巡回
  • 不法投棄巡回監視員による巡回監視活動
  • 市担当職員を県職員に併任することで,産業廃棄物不法投棄現場への立入権限の付与
  • 不法投棄禁止看板やポスターの無料配布(数に限りがあります)

皆様へのお願い

  • 不法投棄された廃棄物や疑わしい行為を見つけた場合は,市又は県,若しくは警察に通報願います。
    (例:重機で穴を掘っている,早朝や夜間にダンプが出入りしている)
  • 空き地などの土地を第三者に貸す場合は,不法投棄につながらないよう十分に注意して下さい。土地所有者が被害を受けることとなります。
  • 土地を荒らした状態にしておくと,不法投棄がされやすくなります。柵などで防護することをお願いします。

PDFファイルをご覧いただくには、「Adobe(R) Reader(R)」が必要です。お持ちでない方はアドビシステムズ社のサイト(新しいウィンドウ)からダウンロード(無料)してください。

このページに関するお問い合わせ

生活環境部廃棄物対策課
〒305-8555 つくば市研究学園一丁目1番地1
電話:029-883-1111(代表) ファクス:029-868-7592
お問い合わせは専用フォームをご利用ください。