ここから本文です。

アレチウリにご注意を!

このページの情報をツイッターでツイートできます
このページの情報をフェイスブックでシェアできます
このページの情報をラインでシェアできます

ページ番号1004362  更新日 平成30年7月27日

印刷 大きな文字で印刷

アレチウリ(特定外来生物)の繁殖を防ぎましょう!

写真:アレチウリ

アレチウリをご存じでしょうか?

 侵略的外来植物であるアレチウリは、その旺盛な繁茂により在来の生態系を破壊し、動植物に悪影響を及ぼすとして、平成18年2月に「特定外来生物」に指定されています。

アレチウリの駆除方法は?
 もっとも原始的ですが、“抜き取り”の方法が効果的かつ環境への影響が小さいと考えられています。

・できるだけ小さいうちに抜き取る
  アレチウリのツルは長いものは10m以上に成長しますので、 小さいうちに抜き取ることが効率的です。

・種をつける前に抜き取る(9月上旬まで)
  1株あたり400個以上の種をつけ、発芽率は約7割と言われています。

・1年に数回抜き取る
  アレチウリの芽生えは5月から10月頃まで続きます。成長する前に、こまめに駆除することが効果的です。(例:6月中旬、7月下旬、9月上旬)

・数年間継続して抜き取る
 アレチウリの種は2年から3年後に発芽する事例も確認されており、継続的な駆除が必要です。

 ご注意ください、外来生物法により、生きたままのアレチウリを運ぶことは、禁止されています。

 

『アレチウリ』とは

  特定外来生物に指定されているアレチウリは、つる性で成長が速いため、畜産飼料畑で甚大な被害をもたらしているだけでなく、河川敷などに侵入し固有の生態系を攪乱するなど生物多様性への悪影響も大きいと言われている。
  

 外来生物法の詳細については(環境省 自然環境局)をご確認ください。

このページに関するお問い合わせ

生活環境部 環境保全課
〒305-8555 つくば市研究学園一丁目1番地1
電話:029-883-1111(代表) ファクス:029-868-7643
お問い合わせは専用フォームをご利用ください。