ここから本文です。

水道管の凍結防止

このページの情報をツイッターでツイートできます
このページの情報をラインでシェアできます

ページ番号1000902  更新日 2019年1月23日

印刷 大きな文字で印刷

寒さは水道管の大敵です。水道管が凍結しないように、防寒対策をしましょう。

特に凍結しやすい場所

  • 風当たりが強い戸外にある水道管
  • 北向きで、日陰にある水道管
  • むき出しになっている水道管

防寒のしかた

水道管に保温材を巻きます。じゃ口が破裂しやすいので上部まで完全に包んでください。保温材は身近なものとして毛布や布があります。保温材の上からビニールなどを巻いて、保温材がぬれないようにしましょう。

水道管が凍ってしまったら

自然に解けるのを待つか、タオルや布をかぶせて、その上からぬるま湯をまんべんなくかけながら、ゆっくり、気長にとかしてください。急に熱湯をかけると、水道管やじゃ口が破裂します。

水道管が破裂したら

宅地内の止水栓を締め、指定工事業者に修理を依頼してください。宅地内の止水栓の場所が分からない場合には、破裂した部分にタオルやビニールテープなどを巻きつけ、応急手当をして、指定工事業者に修理を依頼してください。なお、工事費用はお客様の負担になります。

このページに関するお問い合わせ

生活環境部 水道業務課
〒305-8555 つくば市研究学園一丁目1番地1
電話:029-883-1111(代表) ファクス:029-868-7541
お問い合わせは専用フォームをご利用ください。