ここから本文です。

石綿による疾病の労災補償制度等

ページ番号1000968  更新日 平成30年1月5日

印刷 大きな文字で印刷

石綿による疾病の労災補償制度をご存知ですか?

石綿健康被害救済制度

下記のようなお仕事に従事していて(従事していた),何か自覚症状のある方はいらっしゃいますか?
または家族の中で,下記の仕事に従事していて肺がんや中皮腫などで亡くなられた方はいませんか?

  1. 石綿鉱山またはその付属施設において行う石綿を含有する鉱石または岩山の採掘,搬出または粉砕その他石綿の精製に関する作業
  2. 倉庫内などにおける石綿材料の袋詰めまたは運搬作業
  3. 石綿製品の製造工程における作業
  4. 石綿の吹付け作業
  5. 耐熱性の石綿製品を用いて行う断熱もしくは保温のための被覆またはその補修作業
  6. 石綿製品の切断などの加工作業
  7. 石綿製品が被覆財または建材として用いられている建物,その付属施設などの補修または解体作業
  8. 石綿製品が用いられている船舶または車両の補修または解体作業
  9. 石綿を不純物として含有する鉱物(タルク(滑石)など)などの取り扱い作業

※これらのほか,上記作業と同程度以上に石綿粉じんのばく露を受ける作業や上記作業の周辺などにおいて,間接的なばく露を受ける作業も該当します。
石綿による疾病は,長い年月を経て発症することが大きな特徴です。石綿に関わるお仕事をされていた方,またはもしかしたらあの作業は,石綿だったのかな?と心当たりのある方(ご家族の方)は,下記のパンフレットをご覧ください。

石綿による疾病として認定された場合,各種給付を受けられる制度があります。

PDFファイルをご覧いただくには、「Adobe(R) Reader(R)」が必要です。お持ちでない方はアドビシステムズ社のサイト(新しいウィンドウ)からダウンロード(無料)してください。

このページに関するお問い合わせ

保健福祉部 健康増進課
〒305-8555 つくば市研究学園一丁目1番地1
電話:029-883-1111(代表) ファクス:029-868-7535
お問い合わせは専用フォームをご利用ください。