ここから本文です。

微小粒子状物質(PM2.5)に関する情報

ページ番号1000962  更新日 平成30年1月5日

印刷 大きな文字で印刷

微小粒子状物質(PM2.5)とは

大気中に浮遊している2.5マイクロメートル(1マイクロメートルは1ミリメートルの千分の1)以下の小さな粒子のことで,非常に小さいため(髪の毛の太さの30分の1程度),肺の奥深くまで入りやすく,呼吸系への影響に加え,循環器系への影響が心配されています。

県内におけるPM2.5の状況について(茨城県)

茨城県では県内の17カ所でPM2.5の常時監視を行い,測定結果を公開しています。 下のリンクからご参照ください。

PM2.5・光化学スモッグ情報配信について

茨城県では電子メールによりPM2.5注意換気,光化学スモッグ注意報等の情報配信を行ってます。メール配信登録は随時可能ですので,登録して活用されることをお勧めいたします。なお,登録方法等については,下のリンク,登録方法をご参照ください。

注意喚起が発令されたときは

屋外での長時間の激しい運動や外出をできるだけ控えましょう。
屋内においても,換気や窓の開閉を必要最小限にしましょう。
特に,呼吸器系や循環器系に疾病のある方,小児,高齢者の方は,体調に応じて,より慎重に行動しましょう。

[参考]つくば市におけるPM2.5の状況について(国立環境研究所)

国立環境研究所(つくば市小野川)では,PM2.5等の常時監視を行い,測定結果を公開しています。 下のリンクからご参照ください。なお,本測定は茨城県が行っている上記常時監視及び情報配信とは無関係であり,測定結果はあくまで速報値ですので参考として御覧ください。

PDFファイルをご覧いただくには、「Adobe(R) Reader(R)」が必要です。お持ちでない方はアドビシステムズ社のサイト(新しいウィンドウ)からダウンロード(無料)してください。

このページに関するお問い合わせ

生活環境部環境課
〒305-8555 つくば市研究学園一丁目1番地1
電話:029-883-1111(代表) ファクス:029-868-7591
お問い合わせは専用フォームをご利用ください。