ここから本文です。

119番通報はあわてずに

このページの情報をツイッターでツイートできます
このページの情報をフェイスブックでシェアできます
このページの情報をラインでシェアできます

ページ番号1000590  更新日 2018年1月5日

印刷 大きな文字で印刷

このページに関連するお知らせ

イラスト:119番通報はあわてずに

火災や救急等で119番へ通報するとき、慌てていては時間ばかりが過ぎて、大事なことが伝わらないものです。
119番だけに限ったことではありませんね。
119番通報で必要なこと、知っておきたい電話の種類などを列記しますので参考にして下さい。
この例を参考にして、119番通報をしていただけると通報時間が短縮でき、災害現場に向かう消防隊、救急隊の到着時間も短縮できます。
大きな災害を最小限にくい止める第一歩です。

通報するときは、次のことをあわてず、ゆっくりと

火災のとき

  • まず、火災であることを伝える。
  • 場所(住所)は、どこか。(目標物も)
  • 何が燃えているのか。(建物、林野、車両等)
  • 逃げ遅れている人、けがしている人はいるか。
  • 通報している方の名前と電話番号。

救急のとき

  • まず、救急であることを伝える。
  • 場所(住所)は、どこか。(目標も)
  • どうしたのか。(病気、けが、事故)
  • 傷病者の人数、状態。
  • 通報している方の名前と電話番号。

色々な電話からの119番通報と注意点

一般電話(加入電話・IP電話)

各家庭や事業所などの電話です。
119番をダイヤルすると直接つながり、発信地表示システムにより電話をしている場所がわかります。
近くにこの電話があるときは、極力この電話から通報してください。

公衆電話

沢山の種類の公衆電話がありますが、種類によっては直接119番出来ないものもあります。
公衆電話も発信地表示システムが使えますので、通報場所がわかります。

グレー、みどり、黄色の公衆電話は、前面に通報のためのボタンがあります。
これを押してからダイヤルしてください。

赤、ピンクの公衆電話は、119番をダイヤルしても通報者の声が聞こえません。
電話のかぎを回してもらってから、かけてください。
かぎを使わずに電話したときは、通報者の声が聞こえないために通信指令員が「電話を一旦お切りください」と言う場合があります。電話を切って逆信してから通常に通話ができるようになります。

携帯電話

つくば市内から携帯電話で119番をダイヤルすると、直接つくば市消防本部へつながります。
ただし、市町村の境界付近では、隣接の消防本部へつながることもあります。
その場合は、つくば市からの通報であることを伝えて転送してもらってください。
携帯電話からの通報は、正確な場所が特定できませんので、通報前に今いる場所を確認してから通報してください。
どうしても今いる場所がわからないときには、近くのお店や家の人に電話を借りましょう。
近くに何も無いときは、通ってきた道筋や近くに見える建物などを正確に伝えてください。

PHS

直接つくば市消防本部につながりますが、発信地表示システムは使えません。
携帯電話同様、今いる場所を確認して通報してください。

通報例

消防:「はい、消防です、火事ですか?救急ですか?」

通報者:「火事です」

消防:「火事ですね、何が燃えていますか?」

通報者:「家が燃えています」

消防:「場所(住所)はどこですか?」

通報者:「つくば市○○1234番地の南側で、△山さんの家です」

消防:「あなたのお名前は?」

通報者:「○川○子です」

消防:「電話番号は?」

通報者:「○○-○○○○です」

消防:「消防車、向かいます」 

このページに関するお問い合わせ

消防本部 消防指令課
〒305-0817 つくば市研究学園一丁目1番地1
電話:029-851-0119  ファクス:029-851-0138
お問い合わせは専用フォームをご利用ください。