ここから本文です。

携帯電話等からの発信位置情報通知システムの導入

このページの情報をツイッターでツイートできます
このページの情報をフェイスブックでシェアできます
このページの情報をラインでシェアできます

ページ番号1000576  更新日 2018年1月5日

印刷 大きな文字で印刷

つくば市消防本部においては、2007年10月1日から携帯電話とIP電話等から119番を発信された場合、発信された場所に関する情報を自動的に通知されるシステム「発信位置情報通知システム」を導入しますので、お知らせいたします。

イラスト:発信位置情報通知システム 文字表示画面と地図表示画面

1.対象となる電話

  1. 第3世代の携帯電話(高速データ通信が可能な携帯電話)
  2. IP電話及び直収電話(050で電話番号が始まる電話サービスを除く)

2.位置情報の内容

  1. 携帯電話の場合
    緊急通報を受信した基地局所在地等から算出された位置情報が通知されますが、GPS測位方式対応機種については、より精度の高いGPS測位情報が通知されます。
  2. IP電話等の場合
    契約者情報(住所及び氏名)が通知されます。

3.注意事項

携帯電話の位置情報の精度については、携帯電話の機能、その他の条件により誤差が生じますので、従来どおり、質問に答えるかたちで住所や目標物等をお伝え下さい。
対象となる電話からの通報であっても、「184」を付加して119番緊急通報を行った場合、発信番号非通知と同様に位置情報は非通知となります。
ただし、消防本部等において緊急に位置情報を必要であると判断した場合、位置情報を取得することがあります。

このページに関するお問い合わせ

消防本部 消防指令課
〒305-0817 つくば市研究学園一丁目1番地1
電話:029-851-0119  ファクス:029-851-0138
お問い合わせは専用フォームをご利用ください。